集団の意味

 昨日のブログで紹介した山極さんの話は、人類はどのように進化してきたかを考える上でとても示唆に富むものでした。では、私たちはどのような保育をすればいいのでしょうか?それは、彼のそのあとに続く掲載記事による指摘を見る必要があります。私は、よく話をしますが、私たちは何も保育をただ変えようとしているわけではありません。子どもたちの環境によって、人類の進化から見た子どもたちへの継承が断たれてしまうのを危惧するからです。では、彼は現状をどのように捉えているのでしょうか?

 “現代はどうでしょう。集団とのつながりを断ち、集団に属することで生じるしがらみや息苦しさを軽減する。個人として存在しやすいように技術は進み、経済成長を実現してきました。次々にマンションが建ち、個人は快適で安全な環境を得ましたが、地域社会の人のつながりはどんどん薄れた。

 直近では、人々はソーシャルメディアを使い、対面不要な仮想コミュニティーを生み出しました。人間の歴史の中にない集団のつくり方です。思考や時間に応じ、出入り自由なサイバー空間で「いいね!」と言い合い、安心し合う。現実世界であまりにもコミュニティーときり話された不安を心理的に補う補償作用として、自己表現しているのかもしれません。でも、その集団は、150人の信頼空間よりおおかたは小さく、いつ雲散霧消するかわからない。若者はますます、不安になっています。

 クリスマスを一人で過ごす若者の中に「一生懸命働いた自分へのご褒美」に、自分に高級レストランを予約する人もいると聞いて考え込んでしまいます。人間は他人から規定される存在です。褒められることで安心するのであって、自分で自分を褒めるという精神構造をずっと持たなかった。それがいま、少なからぬ人々の共感を呼んでいる。やはり人間関係が基礎部分から崩れていると感じます。

 土地とも人とも切り離され、社会の中で個人が孤立している時代です。人類はどうやって安心を得たのか、生身の体に戻って確かめるために、霊長類学が必要とされているのでしょう。”

 ここに、私たちが子どもたちに伝えなければいけないことが見えてきます。というのは、繰り返し主張しますが、このような集団を乳児の頃から持っているのが、保育施設であるからです。私たちは、集団という言葉を使うのは慎重になります。それは、集団教育が、子どもたちを間違った方向に導いてしまった経験があるからです。それもあって、「一人一人に」「個々に」という言葉が多く使われるようになりました。しかし、それが一人一人をバラバラに切り離してしまったのです。この指摘は、私はずいぶん前からしてきました。山極さんは、「思い合うことが信頼や安心をもたらしてくれる」と言います。それは、人間は、一人ではどうにも生きられない存在だからなのです。そして、最後にこう結論します。

 「グローバル化で社会が均一化すると、逆に人々の価値観は多様化する方向へ向かいます。個人が複数の価値観を備え、自分が属する複数の集団でそれぞれのアイデンティティーを持つようになります。そうした時代には、5感をフル出動させた人間関係のつくり方がさらに重要になるでしょう。」

集団の意味” への13件のコメント

  1. 「私たちは何も保育をただ変えようとしているわけではありません。子どもたちの環境によって、人類の進化から見た子どもたちへの継承が断たれてしまうのを危惧するからです」という言葉からは藤森先生が保育をそして、人間を広い視点で、先を見据えて見ておられることのすごさを感じます。私たち人類がこれからも安心して暮らしていけるために何が必要なのか、何を変えてはいけないのかということを理解することが大切なのですね。それはここほんのここ最近で、人類が長い歴史の中で、繋いできたものが薄れてしまっているのではないかという危機感があるからでもありますね。「人々はソーシャルメディアを使い、対面不要な仮想コミュニティーを生み出しました」とありましたが、私たちはどんどん人と関わらないような進み方をしているのかもしれません。ずっと家から出なくても命をつなぐことはできてしまっています。人と関わらないことでストレスがない生活にも思えますが、果たして本当にそれが幸せな生活なのでしょうか。「思い合うことが信頼や安心をもたらしてくれる」とありましたが、そのような生活からはこういった経験はできないように思います。藤森先生の話に幸せは人との関係性の中にあるというお話がありますが、まさにそういった人類の本質的な幸福のためにも保育、教育をどう変えていくのかということを考えなければいけないのかもしれませんね。

  2.  赤ちゃんが寝返りをうったり、ハイハイをしたり、つかまり立ちをして、立ち上がって、という過程の中で、それをストレスという尺度から見た時、その過程におけるそれはとてもつもないものがあるように思ったりします。自転車に乗れるようになる過程もそうですが、何かをできるようになるまでにおけるストレスというのは、大人になればなる程腰が重くなり、そして、どうにも避けてしまいたいものになります。ですが、赤ちゃんは無邪気に、真摯に、そしてとても楽しそうに自分の体を動かしますね。ストレスというものへの恐れなど微塵も感じさせません。ストレスというものがもしかしたら人間を成長させる上で改めてとても大切なものなのではないかと思うと同時に、それを避けようとする傾向は、人間の成長、進化を避けようとすること、大きく見れば、遅れさせようとする試みに近いのかもわかりません
     〝そうした時代には、5感をフル出動させた人間関係のつくり方がさらに重要になるでしょう。〟最後の段落はとても印象深いです。五感をフル出動させることにおける身体、心への荷重をストレスと呼ぶのなら、それを甘んじて受け入れ、むしろ成長の実感として受け止めてみるのはどうでしょうか。成長のセンサーとも呼べるべきストレス、圧に耐えうる心を持ち合わせようと努める先に得られるもの、それは実は人と関わることを恐れていた自分を克服できた時の喜びと、それを味あわせてくれたのは他でもない、関わってくださった人がいるからなのだという感謝の気持ちに辿り着いた時、人間は本当の意味で不安から解放されるように思います。

  3. 冷静に考えてみると「土地とも人とも切り離され、社会の中で個人が孤立している時代」とは何とも不気味です。さらに、「「一人一人に」「個々に」という言葉が多く使われるようになりました。しかし、それが一人一人をバラバラに切り離してしまったのです」との藤森先生による指摘。自尊感情とか自己肯定感などなどと掲げた結果が「バラバラに切り離してしまった」ことに繋がってしまったのか。20世紀に台頭した個人主義はSNS等々の登場によってバラバラ主義に変化して今に至っているような気がしないでもない。不易な人類生存原理に基づいた実践を私たちが展開していくためには、自分が属する集団ということをもう一度意識しなおすことが重要になってくるのでしょう。しかも「5感をフル出動させ」て。他者の気持ちを察しながら、己の言動や行動を表出していくことが良き集団の形成と人類の生存への貢献に結びついていくことを信じて日一日を歩み続けたいと思うのです。

  4. 集団とのつながりを望まなかったり、それでもなんとなく生きていくことができてしまう社会、個人としての価値を重要視する傾向や技術、負担の少ない快適な空間を得たことによるコミュニティというリアル体験の希薄などがあげられており、ストレスに対抗できない、対処できない社会環境になっていることが想像できます。そのため、実集団から離れる一方ではあるものの、入室退室自由自在なバーチャル空間によるコミュニティの場が出来上がっているということに、黄色信号のような光が灯っているのは、藤森先生が報告される世界の保育内容を見ていても感じることができます。人類がどのように生き抜いて、どのような環境と関わり、集団とどのように付き合って自分を表現してきたのかを理解しながら、それを意図的に乳幼児教育の世界に再構築させてあげることが、「人間は、一人ではどうにも生きられない存在」であることを支える環境となっていくことが理解できました。

  5. 山極氏の記事を読んでいると、最近の人間が作り上げてきた便利なものというのは、「人と関わりを持つ」ということへのストレスを軽減するものというよりも逃げてきたもの、であったのではないかと思いました。
    SMSやネットショッピング、さらにはドライブスルーや自動販売機、タッチパネルで注文するなどなど…色んなものが山極氏の記事の例に上がりますが、厄介なものから避けてきた、という視点でみれば指摘通りということになります。
    初めての人と会うことや未知なものを向き合うということにストレスを感じることがありますが、赤ちゃんは発達していく過程で初めて、未知なことを大人よりも多く体験していくと思います。その中であっても楽しんでそれに向き合っていき、発達を遂げていく過程に大人たちは学ばなければならないものがあるということを感じました。
    〝人間は、一人ではどうにも生きられない存在〟であるということから、保育園という子ども集団がある貴重な環境で、そのことから学ぶことを大切にしていかなければならない、と改めて思いました。

  6. 「人々はソーシャルメディアを使い、対面不要な仮想コミュニティーを生み出しました。人間の歴史の中にない集団のつくり方です。」とありましたが、最近はさらにソーシャルメディアの浸潤を感じてしまいます。同じ空間を共有していなくても共感できるのは魅力的に思えますが、それは人類がどうやって安心を得てきたのかというルーツには当てはまらないように思えます。そして山極さんは、「思い合うことが信頼や安心をもたらしてくれる」とありました。ここからもソーシャルメディアを介してではない、同じ空間を共有している対人関係でこそ安心が得られることを示してくれてると感じます。また「集団教育が、子どもたちを間違った方向に導いてしまった経験がある」とありましたが、集団という人類の生存戦略上で欠けては成立しなかったいろんな意味合いでの大きな力は、やはりしっかりとした土台があってこそでないと間違った方向にも行きかねないことが伝わってきます。土台とは理念であり、保育スタンスで、私はそれが見守る保育であるべきだと改めて思えた内容でした。

  7. 人類が社会の高度経済成長をピークと呼べるほど、時代は、機械化され、人工知能問題と言われることが人類が継承してきた生き方を崩壊させていっていることに私たちはどれだけ危機感を抱いているのだろう、そして、人が人をどれだけ求め、どれだけの人が共存することが安全な空間を生み、安心できる人間関係を築いていくことができることを考えているのだろうかと思います。より良い暮らしを求める一方で日本らしさ、日本家屋から学ぶ、序列であったり、木造建築から感じるわびしさやはかなさ、そして、隣とのかべのない近所付き合い、地域との関わりなど、様々なものを犠牲にし発展してきたことで、継承されないまま人は変わり、日本文化だけが取り残されたような気がします。゛褒められることで安心するのであって、自分で自分を褒めるという精神構造をずっと持たなかった。゛この事を考えるだけでも、集団という社会のなかで一人一人が共に助け合い、協力し、相手との関係を築いていくことの経験を人格形成の基礎となる時期、乳幼時期に重要視する必要性を感じます。

  8. 「土地とも人とも切り離され、社会の中で個人が孤立している時代 」というのはなんとも恐ろしさと寂しさを感じます。それは「 人類の進化から見た子どもたちへの継承が断たれてしまうのを危惧 」するということに繋がることがよくわかります。また 「「一人一人に」「個々に」という言葉が多く使われるようになりました。しかし、それが一人一人をバラバラに切り離してしまったのです。 」とあるように集団の方向性を間違え更にはそこで修正を行った結果なのですね。人類の根底にある「協力」というものがなくしてしまう結果がここに出ていることがわかります。グローバル化されている現代に対して「 5感をフル出動させた人間関係」作りが大切とあるようにまずは自らを省みながら自分の集団に対して5感をフル出動させる必要がありますね。

  9. 「集団の意味」というブログのタイトルですが、見守る保育において集団というのは重要なポイントで、大前提です。理由としては色々とあるのですが、今回のブログを読んで改めて「集団」というモノの役割を考えました。SNSによって架空の集団でやりとりをし、あたかも自分は集団に加わっているという錯覚を起こしてしまっている気がします。前回のブログで安心、安全を得るために集団が作られたと書いてありました。テレビでスマホや携帯がないと不安になる、若者がインタビューを答えているのを見ました。それはいざという時に連絡が取れなくなる不安と言うよりも、SNSでの架空の集団に入れない不安が大きい印象です。今、子ども達が大人になる頃には技術がもっと進んでいて、どうなっているのか分かりません。だからこそ集団の意味、5感をフルに活用した人間関係の作り方が重要になり、伝えていかなければいけないはずです。それこそ藤森先生が言われるように、ただ保育を変えるのでなく、人類の進化から見た子どもたちへの継承が断たれてしまうのを危惧するのを守る為に保育を変えるのです。

  10. 日本は戦争時代に集団教育を間違った方向に向かわせたがゆえに慎重になっているところがありますね。しかし、「個人」というもののとらえ方も「社会の中の個人」というよりは「個人主義」の考え方に偏っているようにも感じます。最近のSNSでのコミュニティも実際、自分も否定する部分はあっても、便利なため利用しています。しかし、やはり個人主義になりがちであり、仮想空間でのやり取りに違和感を感じます。人との関わり方には読めない部分や面倒なところはありますが、それが返って人が本来持っている「生きる力」につながっていたというのは確かなことだと思います。「集団」と「個人」そのバランスをとる必要が不可欠ですし、まず保育をするうえで「ヒト」「人間」というものを勉強しなければいけないということを痛感しています。

  11. たしかに人間関係はわずらわしいことや面倒くさいこともあると思いますが、子ども達を見ていますと、ケンカをし、泣きながらもなんだかんだで友達との集団生活を楽しんでいるように思えます。それがいつからか人間関係を切り離そうと考えてしまうのでしょうか。大人と比べると、子どもの方が「集団」を理解しているのかもしれませんね。
    「直近では、人々はソーシャルメディアを使い、対面不要な仮想コミュニティーを生み出しました。人間の歴史の中にない集団のつくり方です。思考や時間に応じ、出入り自由なサイバー空間で「いいね!」と言い合い、安心し合う。」とありましたが、「いいね!」の数を競って何になるのでしょうか。「いいね!」がもらえた時は嬉しいのでしょうが、その後はむなしくなってしまうように思えます。ネット上で救われる思いもあると思いますが、やはり私たちは現実世界を生きなくていけないのだなと感じます。これからどのように世界は変わるのかはわかりませんが、人類の進化から見た子どもたちへの継承ができるように、5感をフルに使った人間関係作りをしていきたいと思います。

  12. 改めて集団の持つ意味を考えさせられました。人が多く住む場所に、マンションが立ち並び、個人主義でも生活が成り立つようになる。本来であれば、人が多く住み、またコミュニケーションによって得られるはずの安心や便利さが、いつの間にか変わってしまったという現状に深く考えさせられてしまいます。いわゆる人間の欲といった睡眠、食事なども、それを満たすには人とかかわることが必須だったはずなのに人が進化の過程で大切にしてきたものが失われつつもあると思います。改めて、人間関係というものを考えていかなければいけない時代ですね。

  13. 私自身も保育の中で当たり前のように「一人一人に」「個々に」という言葉を多用してきたように思えます。しかし、それは見方によっては集団から 一人一人をバラバラに切り離すことでもあったのですね。個性というものは大切にされるべきものではありますが、集団の中にあってこそ、その「一人一人に」「個々に」といった個性としての部分際立ち、活きてくるのであり、集団という大前提があってこその個性だということを感じます。様々なソーシャルメディアが発達していく現代において、それを介して自分の所属しやすい集団というものは構築しやすくなったのかもしれませんが、それはあくまで架空の集団であり、人と人とが直に触れ合えるような血の通った集団ではありません。「そうした時代には、5感をフル出動させた人間関係のつくり方がさらに重要になるでしょう」とあるように、人同士が直に触れ合い、互いの存在を肌で感じられるような集団が必要であり、その中で個性を発揮できるようにしていくことが必要だと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です