12年目に

ブログを始めたのは、2005年、8月29日でした。今日から、12年目に入りました。第1回のブログを振り返ってみました。

どうも、私は強くシンクロニティーを感じるタイプのようです。日本語で言うと「共時性」です。(心に思い浮かぶ事象と現実の出来事が一致すること。ユングの用語)このブログを始めるにあたって、「私は何がしたいのだろうか。」という問いを自分にしてみました。するとそのときに読んでいた本(司馬遼太郎著「峠」)の中の分が答えを代わりに言ってくれている気がしました。
「心を常に曇らさずに保っておくと、物事がよく見える。学問とは何か。心を澄ませ感応力を鋭敏にする道である。」
心を澄ませ、感応力を鋭敏にするための「ブログ」かもしれません。
心は万人共同であり、万人一つである。しかし、人間には、心のほかに気質というものがある。その気質によって、賢愚がある。気質には、不正なる気質と正しき気質とがある。気質が正しからざれば物事にとらわれ、たとえば俗欲、物欲にとらわれ、心が曇り、心の感応力が弱まり、物事がよく見えなくなる。つまり愚者の心になる。学問の道はその気質の陶治にあり、知識の収集にあるのではない。気質がつねにみがかれておけば心はつねに明鏡のごとく曇らず、物事がありありとみえる。その明鏡の状態が良知ということである。」
そして、よく知ることは知るだけでとどめず実行がともなわないといけないと思っています。今、子どもの身に起きている危機は、学んでいるだけでも、知識を蓄えるだけでも、憂いているだけでも、人に伝えるだけでもなく、何かの行動に移さないといけないという思いの一つが「ブログ」かもしれません。
「学問はその知識や解釈を披露したりするものではなく、行動すべきものである。その人間の行動をもってその人間の学問のを見る以外に見てもらう方法がない。」
「人の世は、自分を表現する場なのだ。」
「人の人生はみじかいのだ。己を好まざることを我慢して下手に地を這いずりまわるよりも、おのれの好むところを磨き、のばす、そのことのほうがはるかに大事だ。」
ということで、この「ブログ」を始めることにしました。

12年目に” への15件のコメント

  1.  臥竜塾ブログ12年目に突入ですね!おめでとうございます!藤森先生のこの回のブログを読み、司馬遼太郎氏の『峠』を読みました。それから藤森先生に勧めていただき、『花神』を読み、どっぷり司馬遼太郎氏の世界に引き込まれてしまいました。今再び『坂の上の雲』を読んでいますが、この『峠』ももう一度読み直してみようと思います。時間が経過し、幾分か自分も最初に読んだ時と感性が異なるためか、感じ方や読み取り方、また理解の度合いというのが変わってくることに気付きます。河井継之助も、確かいつも2冊程の書しか持ち歩いておらず、同じ書を何度も何度も繰り返して読むこと、精読を奨励していたように思います。
     微力ながら日々藤森先生のブログにコメントを入れています。コンプリートした暁には、またこの最初の回からコメントを入れていくことを自分の次の目標においています。そうして藤森先生のブログに何周もコメントを入れ、生涯を通して、向上していきたいと思っています。
     毎日、学びの場をいただき本当にありがとうございます。11年目、本当におめでとうございます。

  2. 12年目、おめでとうございます。日々、素晴らしいことと、継続は力なりという言葉の有言実行だと感じています。藤森先生のブロクを通して、人とはなんなのか、どうあるべきなのか、また、保育とはどうあるべきかを常に考えることができ、私自身も゛心を常に曇らさずに保っておくと、物事がよく見える。学問とは何か。心を澄ませ感応力を鋭敏にする道である゛とあることを普段のなかで実行できるような好奇心を持ち続けたいと思います。楽しみを感じながら保育をするとは、こういったところが関係しているのでしょうね。日々のブロクから学びを感じていることに感謝をし、得た知識を社会へ貢献できるように行動していきたいです。

  3. 12年目、おめでとうございます。12年も続けられたこと、本当に素晴らしいことだと思います。私が見守る保育を知ったのは、この2.3年ですが、もっと早くこの保育に出会いたかったなという思いがあります。見守る保育は私にとって、ただの保育ではなく、私の生きる道を示してくれるものです。まだまだ2.3年しか見守る保育をしていませんが、知れば知るほど楽しさは増しており、このブログを通して学ぶ楽しさ、人と関わる楽しさを感じるようになりました。引き続き、毎日のブログを楽しみにしております。そして、私自身も現在の子どもが置かれている環境を憂えているだけではなく、行動することで、現場から変えていきたいです。

  4. おめでとうございます!
    数々の8月29日や30日のブログには、このブログを始めた日のブログを振り返っています。まさに、省みることを実践しておられます。このような姿から、モチベーションを高めさせて頂くこともできますし、自分の得意な部分をより高めていきたいとも感じます。物事を始める際には、何をしたいのかということを明確に、そしてそれを目標としていることを身近な実践者として見させて頂いています。11年もの間、同じ目標のもと1日も欠かさず邁進することは、決して不可能ではないという道を切り開いてくれました。
    改めまして、ブログ12年目突入、おめでとうございます!

  5. 私もこのブログから日々たくさんの気づきをいただいています。行動に移さないといけないとありましたが、まさにこのブログで学んだことを保育や生活という現実でしっかりと行動に移していかなければと思いました。そのことが本当の学びになるのですね。
    「気質がつねにみがかれておけば心はつねに明鏡のごとく曇らず、物事がありありとみえる」とありました。自分のものさしで周囲をみていてはなかなか新しい道へは進んでいけないのかもしれません。物事がありありとみえるようになるためには自分のものさしという曇りをとらなければならないと感じました。12年目に入られたブログのどの記事を読んでもハッとさせられることばかりです。これからも15年、20年、30年と続いていってほしいと思います!

  6. 少し遅くなりましたが、12年目突入おめでとうございます。
    このブログを始めさせて頂いたのも、継続させて頂いているのも藤森先生の最初の一言がきっかけでした。それからというもの、苦手なものが多い自分を見つめなおし、その中でもできることは何かないのか、ということを考えることができるようになったのではないか、少しですが自分を信じるということができているのではないかと、錯覚かもしれませんが思うようになりました。
    「継続は力なり」という言葉通り、確実に書き始める前と今では、違う自分になっていると思います。そんなパワーをこのブログから頂いています。そのパワーを自分もこれからの社会に貢献できるように発信していければと思います。
    これからも拙い文章ですが、お付き合い下されば幸いです。よろしくお願いします。

  7. 12年目突入おめでとうございます!
    ブログに初めてコメントを入れさせていただいてから約3年が経ちました。ブログを読み、コメントさせていただくことで、見守る保育をより理解できるようになりましたし、何より自分がしている保育を振り返ることできています。そして、学びは保育に限らず多くの学びを提供していただき、それらが必ずと言っていいほど保育につながっていくことに毎回感銘を受けています。
    「人の世は、自分を表現する場なのだ。」
    「人の人生はみじかいのだ。己を好まざることを我慢して下手に地を這いずりまわるよりも、おのれの好むところを磨き、のばす、そのことのほうがはるかに大事だ。」これらの言葉から自分の長所を伸ばすこと、自分の好奇心に素直に向き合うことの大切さを感じます。今後も当ブログを通して多くの学びを得ていけたらと思います。
    改めまして臥竜塾ブログ12年目突入おめでとうございます!

  8. 12年目おめでとうございます!!私はこのブログを通して保育の奥深さを学び、保育現場で忘れていることをブログでハッとなり、外れそうな道をいつも戻してくれている印象です。保育以外にも自分の人生を振り返り、人とはどうあるべきか自分はどうあるべきかというところまで省みることをするようになりました。藤森先生がこうした省みること自問自答をすることをしてらっしゃるところを読むとまだまだ自分の愚かさが浮き彫りになります。なにかの行動に起こすこと、それが今の私の課題でもあるように感じています。現場からなにができるのか、このブログを通しどんなことが社会に貢献できるのかよく考えながら日々を過ごしていかなければならないなと感じました。

  9. 熱を出そうが、ネットが繋がらないような場所に行こうが、一日たりとも欠かさず11年間ブログを更新されてきた藤森平司先生の継続力、持続力、意志力にはつくづく感心させられます。12年目への突入に心から称賛の誠を捧げるとともに、一日でも長く更新されることを祈念します。遅れながらもコメントを入れさせてもらってきていて、当初の頃のコメンテイターと最近のコメント常連さんの顔ぶれが異なることから時の流れというものを実感しております。今は若い人たちが多くて、私のような年輩が続けていいものやらと自問自答することもありますが、まぁ、臥竜塾ブログを読むことは、誰のためでもなく、自分の勉強であるとわかると、これも誰のためでもなく、自分のためにコメントをするのだ、となります。そして、当ブログの内容とコメンテイター各位の理解を参考に、自分の学びを深めていく、これが私の臥竜塾ブログへの関わり方であって、それ以上でもそれ以下でもないのです。

  10. 12年もの間、一日も途切れることなく続いていることに驚愕しています。私たちもブログを書いていますが、9人もいるのに毎日続かないということに書くことの難しさを痛感すると共に、それだけ毎日をただ何気なく過ごしている自分に情けなさを感じます。もっと日々を淡々と過ごすのでなく、何かしら、ほんのちょっとでもいいので発見をして、それを広げられるような人になりたいと思います。それには、まだまだ勉強が足りません。もちろんこのブログを読んでコメントすることも大切ですが、「学問はその知識や解釈を披露したりするものではなく、行動すべきものである。その人間の行動をもってその人間の学問のを見る以外に見てもらう方法がない。」と書いてあるように、藤森先生という人間を学ぶには、もっと行動を見て、考え方を共感していく必要があります。今後共よろしくお願いします。

  11. だいぶコメントをするのが遅くなってしまいましたが、12年目の記念日おめでとうございます。途中からしかコメントをかいていないのですが、その途中からですら長いこと書いている気がするのですが、12年というと本当に想像がつかないくらいです。ただコメントをしていて思うのは、こうした保育について、自分が体験しているものと、藤森先生のブログでの保育の話と、違った視点を毎日持てるというのは本当にありがたいことで、最近では組み合わせがないと一日がすっきりしな気がします。まだまだかけない日もあるのですが、藤森先生と同じく楽しみながら保育を考えていきたいと思います。

  12. 「よう知ることは知るだけにとどめず実行がともなわないといけない」この言葉はとても胸に突き刺さります。まさに自分のことを言われているようです。
    まだまだ、自分自身、勉強の身ですが、それも実践していかなければ、何も学んだとはいいませんね。「己を好まざることを我慢して下手に地を這いずりまわるよりも、おのれの好むところを磨き、のばす、そのことのほうがはるかに大事だ」まだまだ、自分は変なプライドを持っていたり、周りを気にするあまり、動けなかったりします。よく藤森先生に「頭で考えるよりも、まず行動に移すこと」と言われたのを思い出します。「自分に自信がない」のを隠れ蓑に「動くことをしない」ではなく、「自信をつけるために動く」そんなことをブログを読みながら感じました。自分を見つめるためにも、この臥竜塾ブログは非常に学びになります。これからも学びにつなげたいと思いますが、なによりも藤森先生が元気でいることがなによりと思います。いつもありがとうございます。

  13. 「よく知ることは知るだけでとどめず実行がともなわない」という言葉が心に強く響きます。見聞を深め、学ぶことで蓄えた知識や見識を自らの内に留めておくのは単なる自己満足なのかもしれません。それを外に出していくことが子どもを始め、社会にとってもプラスなことだと思います。私は、そこまでの知識や見識はありませんが、学び得たことはできるだけ行動に移そうと意識はしているつもりです。そして、その行動に移すきっかけや動機となっているのが藤森先生のブログです。藤森先生のブログを読むことは私にとって新たな気づきや学び、そして自分自身を振り返る機会でもあります。理解を深めきれていない部分もあるかもしれませんが、ブログで学んだことが私自身の保育に活かされているのも事実です。ブログのコメントが滞ってしまうこともありますが、私にとって大切な学びの場でありますので、今後もブログを読み進め、保育に対しての理解をより深めていけたらと思っていますので、よろしくお願いします。

  14. 12年間、一日も欠かさずに続けていることに自分の継続力の無さを痛感しています。文中にブログを始めるきっかけが”本”だったと書かれていました。今まで、本を読んだことがほとんどない私ですが、たまたま知り合った方から本を読むことを勧められ、本を買うことを決めました。これまで本を読むことが大切だと分かっていているのに避けてきたので,習慣づけていけたらと思っています。そして、たくさんの言葉や知識に出会いたいと思います。話がだいぶそれてしまいましたが、今回のブログを読んでそう感じました。ぜひ藤森先生がこれまで読まれた本も読んでみたいです。

  15. 12年目突入おめでとうございます!私がすごいなと感じるところは、やはりこれまで1日も欠かさずブログをアップするということです。自分が一番出来ていない部分ですので。。。先生の中では、食事や睡眠、トイレなどのような基本的生活習慣の一部のように思え、ルーティンワーク以上のものを感じます。
    コメントをする側の私も、今少しずつですが、コメントを習慣にしようと努力をしています。そこで、先生のすごさを感じるのですが、先生は帰りが遅くなりそうだなというときは、前もってブログを書いてらっしゃいます。そのような先を見通す力と言いましょうか、その力が私にも必要だと実感しました。コメントは、追い越すことはできませんので、しっかりと後を追って行こうと思います。まだまだ、ギアを上げていかななければなりませんが…。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です