雨の日

      今年も、今週の日曜日からドイツミュンヘンに来ています。出てくる前に、ミュンヘンでのテロ報道があり、参加者を初め、皆さんから心配の声がありました。しかし、こちらに来てみると、特に入国審査がうるさくなったわけでも、町の中の警護が厳しくなっているわけでもなく、テレビでそれほど放映するでもなく、実感としては、とくに影響を感じません。また、話を聞いてみると、直後、交通機関に支障をきたして、帰宅困難者が多数出てしまったのですが、市民こぞって、ボランティアに参加しようとしたようです。「私の家には何人泊まれます。」とか、部屋が空いているホテルが部屋を提供したりしたそうです。ただ、今回、セミナーハウスに一緒に泊まることになっていた学校局の職員さんたちは、危機管理についての打ち合わせがあるということで、日帰りになってしまったそうですが、合同研修、意見交換会には参加してくれるそうです。

 今回、ドイツ訪問は15回目に当たる節目の年ということもあって、セミナーハウスに二泊させていただくことになりました。しかも、長い付き合いということもあって、宿泊料については、無料にしてくれるそうです。また、初日は、歓迎会を開いてくれるようで、いつもとは違う体験が出来そうです。なぜ、そのような体験をさせてくれるかというと、長い付き合いと言うほかに、いつも私たちのドイツ訪問は、まじめに研修がびっしり組まれているために、少しはのんびりとしてもらおうという配慮もあると聞きました。

 というわけで、初日セミナーハウスに向かう午前中、キンダークリッペという0歳児から3歳児までの施設を見学しました。この見学施設に着いたとき、今まであまり経験がなかったのですが、雨が降ってきました。いつもはわりと天気がいいことが多いのですが、珍しいことでしたが、それには意味があったのです。それは、雨の日の保育を見ることができたのです。私の園では、雨の日の見学というと、園庭では遊ばないし、散歩にも行かないので、保育室内は大勢の子どもたちでごった返します。そんな思いで園に着いたのですが、玄関を入ってびっくりしました。玄関からの突き当たりに園庭が見えるのですが、なんと、雨の中園庭で遊んでいる子たちがたくさんいるのです。2016doitu1多分、普段、園庭で遊ぶ子、室内で遊ぶ子の比率が雨の日でも変わらないのです。しかも、雨具も着ず、傘の間まず、びしょ濡れで遊んでいます。しかも、0歳児からです。先生たちも、何人かはやはりびしょ濡れでしたが、それは子どもたちと雨の中で一緒に遊ぶわけではなく、遊び道具を出してあげているだけです。また、多くの先生は、傘の下で、子どもたちを見ています。2016doitu6

 子どもたちは、降る雨をバケツで受けてみたり、口を開けて受けてみたり、シャベルで水たまりの水をすくってみたり、水たまりの水を掃いてみたり、きっと、私たちが子どもだったら、きっとやってみたいことを思う存分やることができています。もちろん、雨がいやで室内で過ごす子たちもいましたし、もしかしたら親から雨の中で遊ぶのをためられているけれど、遊びたそうに外を見ている子たちとさまざまでした。2016amenohi

2016doitu22016doitu42016doitu32016doitu5

 ドイツでの言葉、「子どもにとっては、悪い天気はない。悪いのは、それにふさわしくない服装を着ることである。」というように、雨の日は、十分と雨を感じるようにしているのでしょう。