将来の自分

私たちはぞっとするような出来事が差し迫っていれば、すぐに心配になるのに、将来については、バラ色のめがねと、気分を良くさせる心理的な免疫系のおかげで、ホットなかたちで鮮明に思い浮かべることはめったにありません。ですから、癌や貧窮、孤独な老年期、不健康といった恐ろしい見通しのことばかり考えるのが避けられ、もし、そうした不安が生々しいものになることがあっても、たいていの人はすぐに自ら気をそらすことができるのです。

こうして、私たちはフロイトが患者に見出し、ムンクが「叫び」で描いた不安をやり過ごしたとミシェルは言います。私たちの防衛機構は、そのような光景にいつまでもとらわれるのを、防いでくれるのですが、私たちが放埒なキリギリスではなく、先見の明のあるありのように振る舞う可能性を低めてしまうと言います。その結果、私たちは食べ過ぎや、度を超えた喫煙や、飲酒など、ありとあらゆる種類の危険を冒し続け、それらがもたらす長期的な結果は、先のことで、不確実で、簡単に頭から追い払えるため、無視してしまうと言います。アメリカ人の大多数は、自分が慣れ親しんだ生活様式を、とうてい維持できない資金しかない状態で、退職年齢を迎えるとミシェルは言います。この問題のおおもとは、将来の自分について私たちがどう考えがちであるか、そして、その将来の自分が脳の中でどう表象されるかにあると言うのです。

このミシェルの分析は、アメリカ人に対してのものですが、日本人はどうでしょうか?一概に言えないかもしれませんが、私は、日本人の方が、おおむねアメリカ人よりも先を見て、将来を思い描いて現在を生活する気がしています。それは、今の裕福さや、豊かさはいつまでも続くかわからないという経験をしているからです。しかし、こういう言い方はあまり好きではありませんが、どうも最近の若者たちを見ていると、アメリカ人の考え方に似てきている気がしています。それは、先延ばしする力と関係している気がしますが、将来どうなるかわからないから、今を楽しく過ごすという考え方です。

ミシェルは、現在の自分と、将来の自分をどのように考えるかということを問うています。「歳をとるにつれ、私たちの肉体は完全に変わるが、私たちが経験する自分も変わるのだろうか?」「想像の中で、時間を旅し、将来の自分について考えるとき、何が起こるのか?」

まず、現在の自分と将来の自分が、まったく重なっていないと思うか?ほぼ重なり合う状態だと思うか?10年後の自分と想定しているものに、今の自分がどれだけ類似し、結びついていると感じているか?という度合いに応じて、自分の最もふさわしいのはどれかを考えてみます。

今度は、fMRI装置に入って、脳の活動をスキャンしてもらうことに同意したところを想像してみます。頭が装置の奥深くに収まり、狭苦しい空間に慣れてきたときに、スピーカーから指示が聞こえてきます。「自分について考えてください。」言われたとおりにすると、あなたの前頭皮質の中部で、脳活動の明確なパターンが見えてきます。これを、「自己パターン」と呼ぶことにします。見ず知らずの人について考えるように指示されると、同じ大脳皮質の領域が、はっきり異なるパターンで活性化し始めます。これを「他者パターン」と呼ぶことにします。最後に、「今から10年後の自分について考えてください。」と言われたとします。この実験の結果は、どうなったでしょう。