成功の見通し

セリグマンが、「説明のスタイルからは、粘り強くことに当たる人物かそうでないかがわかります。成功へと導いてくれるのは、適度の才能と、失敗に直面したときに進み続ける能力の組み合わせです。」と話していますが、それは、マシュマロ実験の時に待ち続けられる未就学児にも同じくらいよく当てはまる説明だとミシェルは言います。待てる秒数は、先延ばしにできる能力を測定しているだけではなく、何秒待てたかから、その子がどれだけ粘り強いかがわかりますし、先延ばしにすることのいらだたしさと、がんばり通すのに必要な努力が刻々と増していく中で、どれほど我慢できるかも予想できると言います。

楽天主義者は、成功への全般的な期待が強いので、たとえ欲求充足を先延ばしにするのが難しいときにも、進んでそうするそうです。首尾よく待って、後で実験者が戻ってきたときにマシュマロを二個もらえるという見込みがない限り、子どもたちには、マシュマロのために待ったり、努力したりしようとする理由はないと言います。自分が望ましいと思った報酬を得るためなら必要なことは何でもできるという見通しを持った子どもは、それを手に入れるためには、待ったり、努力したりすることを選ぶようです。そういう見通しのない子ども、あるいは、実験者を信頼していない子どもは、ベルを鳴らして、ただちに得られる少ない報酬を選んだそうです。

さらにミシェルは、スタンフォード大学で、彼が担当した大学院生であったアーヴィン・ストウプと一緒に、成功の見通しが、先延ばしにされた報酬を得るために努力して待つのに必要な自制や意欲に、どのような影響を与えるかを調べました。すると、自分がやらなければならない具体的な課題を目にする前でさえ、たいてい自分は成功するだろうと見込んでいる14歳の男の子たちは、ただ待つだけではなく、うまくやり遂げないと、多いものの先延ばしにされた報酬が手に入らない、そんな認知的課題に進んで取り組むことが分かったそうです。これは、少ないものの、ただちに手に入る報酬では手を打たないということであり、彼らは成功をあまり見込んでいない子どもと比べて、この選択肢を選ぶ割合が2倍近かったそうです。

成功に対してより大きな期待を抱く子どもは、新しい課題を与えられても、すでにそれで成功したことがあるかのように、自信を持って取り組んだのです。彼らはしくじると思っていないので、それに「立ち向かう」ことを望み、進んで失敗の危険を冒したのです。彼らの見通しは、ただの夢想以上のものだったのです。過去に積み重ねた成功体験に基づいているからです。それまでの成功が、彼らのポジティブな期待を膨らませ、それが今度は、さらなる成功の可能性を高める行動や態度を奨励したのです。それがすべて合わさって、楽観主義者をなおいっそうほほえませる結果を生むというのです。

この結果からは、成功の見通しを物事全般で持ちづらい子どもたちは、課題にすでに失敗したかのように取り組み始めることもわかったそうです。しかし、そういう子どもも、現に首尾よく課題を成し遂げたときには、ポジティブな反応を見せ、この新たな成功体験のおかげで、将来の成功への期待がおおいに高まったそうです。成功するだろう、あるいは、失敗するだろうという一般的な見通しは、私たちが新しい課題にどう取り組むかに、重大な影響を与えることがわかりました。