楽観と悲観

楽観とは、最良の結果を予想する傾向を言います。心理学者は、人が自分の将来に対して好都合な見通しを持つ程度というふうに定義しますが、それは、本人が本当に起こると信じている見通しで、「できると思う!」というマインドセットと密接に結びついていると言うのです。この見通しは、ただの希望というよりも、確信に近いものです。楽観のもたらす婦児ティブナ結果は、目もくらむほど素晴らしく、研究による十分な裏付けがなめれば、とうてい信じられないほどだとミシェルは言います。

 たとえば、シェリー・テイラーとその共同研究者たちは、楽観主義者のほうがストレスに効果的に対処し、その不都合な影響を受けにくいことを示しています。楽観主義者たちは、楽観の度合いが小さい人と比べると、自分の健康と将来の幸せを守るために多くの手を打ち、全般に、より健康な状態を保ち、鬱になりにくい、心理学者のチャールズ・カーヴァーとその共同研究者たちは、楽観主義者が冠状動脈バオパス手術を受けると、悲観主義者よりも早く回復することを突き止めています。

これは、以前紹介したマーティン・セリグマン著の「オプティミストはなぜ成功するか」という本の中でもこのような研究が示されています。人生は、楽観主義者であるオプティミストにも悲観主義者であるペシミストにも等しく挫折や試練が訪れますが、その時にオプティミストの方が上手に切り抜けて生きていくことができ、また、オプティミストは、職場でも学校でも、スポーツでもよい成績を上げることもわかりました。また、オプティミストの方が、健康状態もよく、長生きするという説の有力になってきたことが書かれてあります。

これと同じですね。ミシェルも、楽観主義の恩恵については、例を挙げればきりがないほどであり、ようするに、楽観は、適度に現実に即しているかぎり、望んでしかるべき恵であると言っているのです。そして、楽観の真価を認め、楽観がなぜ、どのようにその持ち主を助けるかを理解するには、その対極になる悲観について考えればいいとミシェルは言います。

悲観とは、ネガティブな面に焦点を当てたり、最悪の事態を予期したり、このうえなく陰鬱な解釈をしたりする傾向をいいます。意気消沈した悲観主義者に、「私は□□□が大嫌いだ。」という文を示して、まず、頭に浮かんだ言葉で空白を埋めるように言うと、「自分」「自分の外見」「自分の話し方」などを入れる可能性が高かったのです。極端な悲観主義者は、無力感を覚え、意気消沈し、自分の人生をコントロールできないと言います。自分の身に悪いことが起こると、何が悪かったのかについて、状況に即した説明や、あまり自分を責めないような説明は受け入れられず、自分が一貫して持っているネガティブな特性のせいにするそうです。試験に落ちれば、「私は無能だ」と考え、たとえその試験が、重要な事柄を何一つまともに測ってはいない場合でさえ、悲観主義者は、指示がまぎらわしかったり、選択肢の違いが不明瞭であったり、時間のプレッシャーが過剰であるような、試験自体についてのものであろうと、たとえば、おなかの調子が良くなかったりする個人的な問題であろうと、もっと自分に優しい説明は、たとえそれがたまたま真実だったときでさえ、思いつかないと言います。