行動の原因

1974年に、ミシェルは学生たちとスタンフォード大学で、未就学児が自分の行動の原因を、どう認識しているのかを評価する基準を開発しました。まず、彼らにこんな質問をしてみました。「クレヨンを折らずに、絵をまる1枚描ききったときには、それはあなたがとても注意深かったからですか?それとも、良いクレヨンだったからですか?」「誰かがプレゼントを持ってきてくれたときには、それはあなたが良い子だったからですか?それとも。その人がほかの人にプレゼントをあげるのが好きだからですか?」

このような質問をした後、ミシェルらは、こうした質問に対する子どもたちの回答が、彼らの行動をどう結びついているかを検証したのです。その際に、評価する行動も、自制を必要とする別の状況でのものとしたのです。この研究の結論は、自分の行動によって、結果はコントロールできるという未就学児の信念でさえ、彼らがどれだけ一生懸命試みるかや、どれだけ長くがんばり続けるかや、自制がどれだけ得意かとかなり関連していたそうです。自分がポジティブな結果の原因であると見なす度合いの大きい子どもほど、マシュマロ実験で欲求充足を先延ばしにしたり、自分の衝動的な傾向をコントロールしたり、望んでいる結果に行き着くために、自分の行動が役に立つさまざまな状況で、粘り強く取り組んだりする可能性が高かったそうです。彼らは、自分たちにはそれができると信じており、実際にそれをやってのけたのです。

 自分はできる、努力できるし、粘り強く取り組めるし、ポジティブな結果を生み出す行為者たり得る子どもの自己認識は、成功を助ける自制スキルによって、育まれるようです。スタンフォード大学のサプライズ・ルームで、首尾よく待って、手に入れたお菓子をただ食べてしまわずに、自分が勝ち取ったものを親に見せたがり、かばんにしまって家に持ち帰ることを選んだ、一部の未就学児たちのプライドに満ちた振る舞いに、それが見て取れたそうです。幼い頃に、より効果的に待って、より多くのお菓子をもらうためにがんばれるほど、また、そうした成功を可能にする、認知的スキルや情動的スキルが優れているほど、「そう、私にはできる!」という感覚を伸ばし、新たな、より困難な課題に立ち向かう準備が出来るということがわかりました。

 やがて、自分には物事をやってのける力があると自覚する経験と、新たに身につけるスキルそのものが、報酬となり、その活動自体から満足が得られるようになると言います。ミシェルは、こんな例を挙げています。「バイオリンの弾き方を習う」とか、「レゴで一大帝国を作る」とか、新しいコンピューターのアプリケーションを発明する」などを身につけるスキルそのものが、報酬となり、その活動自体から満足を得られるようにあります。保育という仕事は、まさにこのような満足が得られる可能性が高い職業のような気がします。

 子どもの自己効力感や、主体性の感覚は、成功経験に根ざしたものとなり、現実に基づく楽天的な見通しと抱負につながり、一回成功するごとに、次の可能性が高まるというのです。このときの「楽天的な見通し」とは、楽観であり、最良の結果を予想する傾向を言います。心理学者は、人が自分の将来に対して好都合な見通しを持つ程度というふうに定義しますが、それは、本人が本当に起こると信じている見通しで、「できると思う!」というマインドセットと密接に結びついていると言うのです。