拡張的か固定的か

自分の知能が、まわりの世界をコントロールする能力、社交性、その他の特徴は、生まれたときから逃れようのないもの、あるいは、恵まれているものではなく、鍛えたり、発達させたりできる筋肉や、認知的スキルのように、柔軟性を持っていると、幼い頃から考える子どもを、「拡張的知能観」の持ち主と呼び、一方、自分の能力、賢いか愚かか、良いか悪いか、協力は無力か、を自分には変えられない、生まれてこのかた固定された水準に凍り付いているものと見なすのが、「固定的知能観」の持ち主と呼びます。この二つの知能観にどんな差が出るのでしょうか?

まず、固定的知能観から脱せない子どもは、学業が次第に難しくなったとき、特にアメリカでは小学校からジュニアハイスクールへの進級時に、学校での経験は、楽しくて楽なものから、きつくて負担の大きいものに変わり、大きなプレッシャーがかかり、落ちこぼれるかもしれないという不安を生みます。そして、まもなく成績が落ち始め、ジュニアハイスクールでの2年間、悪化の一途をたどることが、多いということが研究で明らかになりました。

 一方、拡張的知能観を持った生徒は、同じ2年間に成績がどんどん上がり続けたそうです。ジュニアハイスクールに入学したときには、過去の学校成績は区別がつきませんでしたが、卒業時には、明確な格差ができていたのです。

 能力は変えられないというマインドセットの生徒は、新しい学校の厳しい負担に手を焼いているのは、自分に能力がないから、たとえば、「数学は全然だめだ」とか「自分はいちばん馬鹿だ」と思い、あるいは、教師が悪いから、たとえば、「あの先生はコカインをやっている」というように言い訳をします。拡張的知能観を持った生徒は、やはり新しい負担に圧倒されるように感じることはあるものの、せっせと勉強し、新たな状況に対応するのに何が必要かを突き止め、それを実行することで対応しようとします。

 ミシェルは、それを未就学児に理解できるレバルで言えば、「できると思う!」という信念は、幼児向けの名作「ちびっこきかんしゃだいじょうぶ」という本に書かれていると言います。その内容は、子どもたちのためのおもちゃとご馳走を満載した列車が、最後の急な山を登ろうとしているときに、動けなくなってしまいます。客車を引っ張る真新しいぴかぴかの機関車と、貨物列車を引っ張る強力な機関車と、古いくたびれた機関車が、みな手をさしのべるのを拒んで通り過ぎてしまいます。そこへようやく、心優しい小さな古い機関車が、通りかかります。その機関車は、「僕にはできると思う  できると思う  できると思う」という拡張的知能観のスローガンを唱えながら、苦闘に苦闘を重ねた末、とうとう首尾よく列車を引っ張り上げ、山の向こう側で待ち受け手いる子どもたちに贈り物を届けるといったストーリーです。

 1974年に、ミシェルは学生たちとスタンフォード大学で、未就学児が自分の行動の原因を、どう認識しているのかを評価する基準を開発しました。彼らは、良い出来事が起こったとき、自分自身がそれをもたらしたと見なすか、それとも、外部の要因のおかげと考えるか?そして、原因の帰属のさせ方のこうした違いは、彼らの自制心や発育状況と結びついているか?「行動の内部コントロールvs外部コントロール」の認識についてのこの基準では、彼らがどこに位置するかを測定することをしたのです。