知能観

 当時、コロンビア大学にいたキャロル・ドゥエックは、自律感と自己効力感というトピックに関して、現代の心理学の分野でも、指折りの、強力で効果的な発言者でした。2006年の著書「やればできる!の研究  能力を開花させるマインドセットの力」の中で、彼女は、自分はどれだけ自他をコントロールし、変え、学べるかについて、そして、自分の振る舞いや経験、未来の姿をどれだけ改善できるかについて、人々の考え方が、彼らが現に達成したり、なったりできるものに影響を与えることが書かれてあります。ドゥエックとその共同研究者たちは、人間の特徴の順応性、あるいは、不変性についてのこうした考え方は、自制や意志の力、知能、精神状態、人格のどれに関してであろうと、重要であることを立証しました。そうした考え方のありよう次第では、自分の業績をどう評価するかや、自分自身や他人についてどんな判断を下すか、そして、今度は社会の方が私たちにどう反応するかが変わってくるのです。

 自分の知能が、まわりの世界をコントロールする能力、社交性、その他の特徴は、生まれたときから逃れようのないもの、あるいは、恵まれているものではなく、鍛えたり、発達させたりできる筋肉や、認知的スキルのように、柔軟性を持っていると、幼い頃から考える子どももいます。ドゥエックは、そういう子どもを「拡張的知能観」の持ち主と呼んでいます。一方、自分の能力、賢いか愚かか、良いか悪いか、協力は無力か、を自分には変えられない、生まれてこのかた固定された水準に凍り付いているものと見なすのが、「固定的知能観」の持ち主と呼びます。

 幸い、ドゥエックの研究は、こうしたマインドセットの重要性を示すだけにとどまらず、これらのマインドセットには、変化の余地があることを明らかにし、マインドセットを考え直したり、修正したりするための多くの方法を説明しています。

 ドゥエックによれば、固定的知能観から脱せない子どもは、学業が次第に難しくなったときには、とりわけ苦労することになると言います。このつまずきは、アメリカでは小学校からジュニアハイスクールへの進級時に目立つそうです。この進級に伴い、成績が突然、子どもを安心させるのではなく、優劣をはっきりさせるかたちで付けられるようになる場合が多いようです。学校での経験は、楽しくて楽なものから、きつくて負担の大きいものに変わります。難しい宿題がたくさん出され、周りも競争的になります。大きなプレッシャーがかかり、落ちこぼれるかもしれないという不安を生む、新しい学校環境では、自分の能力は変えようがないと思っている生徒、固定的知能観の持ち主は、まもなく成績が落ち始め、ジュニアハイスクールでの2年間、悪化の一途をたどることが、ドゥエックの研究で明らかになったのです。

 一方、拡張的知能観を持った生徒は、同じ2年間に成績がどんどん上がり続けたそうです。両者がジュニアハイスクールに入学したときには、過去の学校成績は区別がつきませんでした。しかし、卒業時には、明確な格差ができていたのです。成績ではなく、どんなところに差が出たのでしょうか?