できると思う!

カリフォルニア大学ロサンジェルス校の教授であるシェリー・テイラーが率いるチームは、自己効力感や楽観的な期待があれば、ストレスの有毒な影響を和らげ、健康に関連した、望ましい神経生理学的・心理的な結果を多く招くのが見込まれることを証明しました。彼女らは、2011年に、こうした信念はそれぞれ、相当の遺伝的要素を持っているものの、環境条件によって修正されたり、影響を受けたりする余地もあることを、アメリカ科学アカデミー紀要誌で発表したのです。人生の質と長さを、こうした信念が左右することを踏まえ、これから一つ一つについてミシェルは検討していくのです。

これらの研究は、確かに保育に当たる私たちには参考になります。というのも、遺伝的な要素を修正するためにどのような環境条件を整える必要があるのかと言うことが、保育の一つの役割でもあるからです。それが、乳幼児期における教育と呼ばれることかもしれません。

 「自己効力感」や「楽観的な期待」があることが必要であるとしましたが、これも、必要であるという他の研究をブログでも紹介しました。ミシェルは、この「自己効力感」をこう説明しています。「自分の行動を決定するにあたり、能動的な行為者となれるという信念や、自分は変わったり、成長したり、学んだり、新たな難題を克服したり出来るという信念だ。」以前のブログでは、この「自己効力感」を持つことで、病気を克服し、健康になったり、寿命を延ばすことにもなるという研究を紹介しました。また、「楽観的な期待」は、オプティミストはなぜ成功するかということから、楽観的な期待が、いかにストレスを退け、物事を成功に導くかという研究を紹介しました。

 ミシェルは、こんな体験からその重要性に気づいたと語っています。それは、彼が、オハイオ州立大学の臨床心理学の博士課程に在籍して、指導教官のジョージ・A・ケリーが、苦悩に満ちた「テレサ」という若い女性を治療するのを見守っていたときのことでした。テレサは、次第に動揺し、不安になり、もう自分の人生が手に余ると感じていました。3回目のセラピーセッションの時、どうやら興奮が頂点に達したようで、自分は正気を失いかけているのではないかと涙ながらに声を張り上げて訴え、ケリー医師に、どうか答えて欲しいと懇願し、こう尋ねました。「私は気が変になりかけているのでしょうか?」

 ケリーは、ゆっくりとめがねを外し、彼女の顔に自分の顔を近づけ、まっすぐ目をのぞき込んで訊きました。「そうなりたいですか?」

 テレサは、ハッとしました。肩から大きな重荷を降ろしたかのように、途方もなく気が楽になった様子でした。どう感じるかを変える力が自分にあるかもしれないなどということは、思ったためしがなかったのです。突如として、「気が変になる」というのは、避けられようのない運命ではなくなり、一つの選択肢に変わったのです。自分はこれまでの経歴の受動的な犠牲者として、人生が崩れていくのを、指をくわえて眺めている必要などありません。彼女にしてみれば、これが、「わかった!」の瞬間だったのです。これをきっかけに、彼女は自分について別の、もっと建設的な考え方を探し始め、それまでは不可能だと思って考えもしなかった行動の道筋が開けたのでした。

 「できると思う!」という信念が、人生をがらりと変えたのです。