恵まれた信念

ミシェルは、サルも人間もミラーニューロンを持ってはいますが、私たちの方が共感するのがはるかに得意で、その違いは、人間らしさの重要な要素だというのです。人間のミラーニューロンの役割については、まだ論争が続いているそうですが、ミラーニューロンは、他人が考えたり感じたりしていることの軽いバージョンを、私たちが経験するのを可能にする神経構造の一部らしいと彼は言います。心の中にあるこの鏡のおかげで、優しげな人に微笑みかけられると、私たちは思わず微笑んでしまいます。また、他人が怖がっていると、私たちも恐れを感じ、他人が痛みや喜びを感じていれば、私たちも同じように感じます。リゾラッティの言うように、この鏡は私たちが、「概念を使う論理的思考ではなく、直接のシミュレーションを通じて、他者の心を把握する」ことを可能にしてくれます。「考えるのではなく、感じることによって」ミラーニューロンは、社会の中で相互に依存する社会的な生き物として私たちが機能し、生き延びるための土台なのだとミシェルは言います。

このミラーニューロンについては、このブログで、何度も取り上げ、その機能、また、その反論などを紹介してきましたので、その役割については納得がいきます。また、生き延びるための土台が、社会の中で相互に依存する社会的生き物として機能することにあるということも、同意することができます。

人生の初期に、実行機能が十分に発達すると、子どもたちは望むとおりの人生を築く可能性が高まるとミシェルは言います。そうした子どもたちには、私たちが自分の愛する人には備わって欲しいと願うもののリストで当然高い順位を占めると思われる自己信念を築くための基盤ができています。この自己信念とは、自分には自制能力や問題解決能力があるという意識や、将来に対する楽観的な見通しといった、相互に関連した信念だと言います。このような恵まれた「資源」は、各自の自分についての信念であり、外部の評価でも、達成度や力量の客観的なテスト結果でもないことが、是非とも理解しておかなければならないとミシェルは言います。

ストレスのネガティブな作用が、本人がそのストレスをどう認識しているか次第であり、誘惑の影響が、本人がその誘惑をどう評価し、どう頭の中に思い描くか次第なのとちょうど同じで、私たちの能力や業績や将来の見通しがもたらしうる健康上の恩恵は、それらを私たちがどう解釈したり、評価したりするかにかかっていると言います。とても力量があるのに、ネガティブな自己評価を下し、身のすくむような自己疑念を抱いて、自らを害している人を、知っているでしょうから、そんな人のことを考えてみるといいとミシェルは提案します。自己についての信念は、力量や問題解決能力の客観的測定値と相関しているものの、その相関は、完全にはほど遠いとミシェルは考えています。

心理的にも生物的にも首尾よくやっていくためには、こうした信念が重要であることを裏付ける、目を見張るような証拠は、増える一方であると言います。健康心理学という分野の創始者で、カリフォルニア大学ロサンジェルス校の教授であるシェリー・テイラーが率いるチームは、自己効力感や楽観的な期待があれば、ストレスの有毒な影響を和らげ、健康に関連した、望ましい神経生理学的・心理的な結果を多く招くのが見込まれることを証明したのです。

恵まれた信念” への16件のコメント

  1. ミラーニューロンというものを、「考えるのではなく、感じることによって」感じている私たちというのは、考えるよりも感じることの方が得意なのかもしれませんね。かの有名な武道家も「Don’t think. FEEL!」と言っていました。そうすれば、表面ではなく内部に至る部分から物事を捉えることができるのでしょうかね。また、「ミラーニューロンは、社会の中で相互に依存する社会的な生き物として私たちが機能し、生き延びるための土台なのだ」ともあり、生きていく上で他者との関係性において重要な点であるということも、自分自身を映し出してくれる過程でもあるようにも感じます。そして、「自己信念」という言葉が印象に残りました。これは、自分の中にある「資源」でもあるのですね。『このような恵まれた「資源」は、各自の自分についての信念であり、外部の評価でも、達成度や力量の客観的なテスト結果でもないことが、是非とも理解しておかなければならない」ともあり、孤独さの中にこそ、強さが存在するようにも感じます。自分をストレスから助けてくれる方法として、自分の思考であるということだけでなく、そのような資源を見極めて、その人をいかに活かすか、活かしてもらうか、資源に頼りすぎることなく、ミラーニューロンから他者を感じ取り、信念に加えていくこともできるのだなということを感じていました。

  2. 「考えることではなく、感じること」を土台にするミラーニューロンはまさに非認知能力ですね。座学で学習するのではなく、覚えるのではなく、教えらるのではない、そんな感覚こそ、目には見えにくいですがとても大切なものだということを感じます。「私たちの能力や業績や将来の見通しがもたらしうる健康上の恩恵は、それらを私たちがどう解釈したり、評価したりするかにかかっていると言います」とありました。今日まさにある方とこのような話になったのですが、起きることは同じなのに、その人の受け取り方次第でよくも悪くもなるということですね。起こったことは変わらないのだからそのことをネガティブな方へ考えて、自ら自分を害してしまうようなことにならないようにしたいですね。このような実行機能、自己信念、楽観的思考、問題解決能力といったものはまさに非認知能力でテストや勉強で獲得できるものでも、はかれるものでもありませんね。こういった能力が子どものその後の人生に大いに影響するということがどんどん広まり、こういった力を育てる保育が自然と浸透するようになっていくために私たちも頑張っていきたいなと思いました。

  3. 信念はどうやって出来るのでしょうか。一つは刺激と反応の積み重ね、もう一つはその解釈です。それは経験と呼ばれます。体験と経験の違いは、前者が単なるトライアルであり、後者はそのトライアルを振り返り、解釈し、一つのまとまりとして記憶することです。つまり経験が信念を作るのです。自分の身に起きたことに対してポジティブな解釈を与える実行能力があれば、自ずとポジティブな信念が作られる訳です。子どもたちのトライアルにどんな解釈を与えるかで信念の質が変わってくるということですね。

  4. ミラーニューロンは「考えるのではなく、感じることによって」意識的にではなく、感覚的に感じることによって、より機能し、生き延びるための土台を形成していくのですね。このミラーニューロンに対し、まだ論争が続いているとありました。今後どのような観点からミラーニューロンの役割についての解釈があるのか、今から楽しみです。
    自己信念の説明を読むと、自己信念とは正にその人の「自信」の部分だと感じました。また、ストレスによるネガティブな作用が自己信念の形成を妨げているとあり、以前の内容にあった「オプティミスト」と「ペシミスト」を思い出しました。ストレスをどう認識するか次第で、自己信念の形成に関わってくる、ましてや健康面や将来性にも関与してくるとのことで、オプティミストの楽観的な部分が大事になってくるように感じました。このような自己信念の大切さにも、幼いころに実行機能を十分に発達させることが大きく関わってくるのですね。

  5. 今回のブログのキーワードの一つは、ズバリ、「自己信念」ですね。この信念をミシェル氏は「自分には自制能力や問題解決能力があるという意識や、将来に対する楽観的な見通しといった、相互に関連した信念」と定義づけています。近年の保育界では、「一人ひとり」の大切さを強調するワードとして「自尊感情」や「自己有用感」があちこちで用いられるようになりました。そして保育者の中にはこれらのワードをキーとして「一人ひとり」の大切さを訴える方もちらほらと見受けられます。はたして「自尊感情」という時「自制能力や問題解決能力」といった社会規範に関わる概念は意識されているのでしょうか。子どもにおける「自己信念」の確立については如何なるモノサシを用いれば大人たちが理解できるのか、という疑問がある一方で、思われることは、やはり、子どもの世界や能力のことは子どもたちに任せる、ということなのだろうなと思った次第です。その上で、その世界や能力の進展を保障する環境の構築を大人である私たちはやっていかなければならないということでしょう。今後の諸研究の成果はこのことを正しさを立証するものとなるのでしょう。

  6.  〝ミラーニューロンは、他人が考えたり感じたりしていることの軽いバージョンを、私たちが経験するのを可能にする神経構造の一部らしいと彼は言います。心の中にあるこの鏡のおかげで、優しげな人に微笑みかけられると、私たちは思わず微笑んでしまいます。また、他人が怖がっていると、私たちも恐れを感じ、他人が痛みや喜びを感じていれば、私たちも同じように感じます。〟ミラーニューロンがこの文章の中で端的に紹介されていて、とても勉強になります。初めて知った時はなるほど、人間の研究は本当に進んでいるのだな、と感じたものでしたが、今やこの言葉は当たり前に会話の中に出てくる程に定着しました。本当に人間の研究というのは、刻一刻と進んでいって、人間の考え方の中に浸透していくものなのだ、ということを改めて感じたりします。
     〝自己信念とは、自分には自制能力や問題解決能力があるという意識や、将来に対する楽観的な見通しといった、相互に関連した信念だと言います。〟〝念〟とは、今の心と書く、と本で読みました。自分の今の心を信じる気持ち。自己信念が人生を大きく好転させるものであることは、間違いないものだと、この度のブログを読み、強く感じました。
     

  7. ミラーニューロンについて、〝考えるのでなく、感じること〟〝概念を使う論理的思考ではなく、直接のシミュレーションを通じて、他者の心を把握する〟ということがあり、考えたりするよりも視覚や聴覚などの五感やダークセンスを使って〝感じること〟の方が本来の人間のあり方なのでは…ということを感じました。
    そして、1日のうちに多くのことを〝感じて〟いるはずの自分たちは、その大部分の〝感じた〟ものを見過ごしているような気がしました。
    それは、自分が大人になっていく過程において、能力としてあまり使わずに、そぎ落とし失ってしまったものなのかもしれません。
    改めて、感じることの大切さ、子どもたちの感性から学ぶことがあるということを思いました。

  8. 「考えるのではなく、感じることによって」といった力がミラーニューロンであり生き延びてきた土台というのは非常に納得がいきますね。「自己信念」とありました。それは「自分には自制能力や問題解決能力があるという意識や、将来に対する楽観的な見通しといった、相互に関連した信念」とあり、それぞれによって感じ方が違い、どう受け取るかによって自分の中に入ってくるものは違いますね。自分の中にある資源というのを自分でどう理解し、解釈していくが大切であり、自分を見つめるといったことに繋がってくるのでしょうか。その自分を見つめることをするときにどう捉えてどう生かすがその「自己信念」よって変わってくるのですね。それぞれにある「資源」というのを理解し、よりよい「自己信念」を子どもたちが持てるような経験をさせてあげることが重要なのですね。

  9. ミラーニューロンの機能をが存在することによって、他者との関係、共感したり、共有したりと対人知性の機能へと影響を与えていることが考えられます。私たちも例えば、赤ちゃんが微笑んでいる表情を見て、笑顔になることができ、ゆったりとした気持ちになれます。これは、大人、子どもというくくりをもつ、人という存在だからこそ、ここまで深まったことを考えることができているように思います。”自己信念”をもつことにより、ストレスによるネガティブな思考になることを自己で防ぐことができる、考え方的には単純かも知れませんが、こういった自己信念をもつたことが、鬱であったり、悲観主義になりすることを軽減することができるように思います。

  10. 「できると思う!」という信念が、人生をがらりと変えたのです。こういう風に思えることは確かに大切かもしれません。ケリーがかけた「そうなりたいの?」という言葉はシンプルでありながら、人の気持ちを大きく変えた深い一言です。私の周りにももっと自信を持てばいいのに・・・と思う仲間がいますが、正確なのか謙虚に、いつも「自分は・・・」と言っています。今度、ケリーのように「そうなりたいの?」と声をかけてみようと思います。そして更に「自己効力感」「楽観的な期待」の二つが人を変えてくれるスキルということですが、特に「楽観的な期待」はとても分かります。仕事をしていてもやはり失敗をしますし、凹む時もありますが、その時にいかに立ち直り、問題をスマートに解決していくかが重要で、ずっと引きずっていては前に進めません。どんな状況でも「なんとかなる!」「できるはずだ!」という考えを持つだけでも人生は大きく変わるのですね。

  11. 「考えるのでなく、感じること」これは確かに人間にしかできない能力であり、これが人間関係や、社会を形成する土台であるとミシェルが言っています。先生が言われるようにブログや講演からミラーニューロンの話しはたくさん聞き、その優れた機能も理解していたつもりですが、また新たな切り口からミラーニューロンの重要性を説かれると、間違いはないように思います。さて「信念」というのがテーマですが、やはり自己信念というのは子ども達に持ってもらいたいですし、自分自身も信念というものを持つべきだと思います。 ここでミシェルの言う信念というのは「自制能力や問題解決能力があるという意識や、将来に対する楽観的な見通しといった」と書いてあります。この辺りはやはり子ども達が自ら体験し身に付けていくことで、教わることではないように思います。そうした経験をたくさんすることで、自分の信念が固まっていくのだと思います。

  12. 「考えるのではなく、感じることによって」という一文が印象的でした。私たち人間はミラーニューロンのような考えるまでもなく、直感で相手の立場や気持ちを自分に置き換えて共感することができる力を備えており、その力があるからこそ、人間はここまで社会を繁栄させ生き延びてくることができたのですね。改めて人の持つ力の素晴らしさを感じています。
    今回、「自己信念」という言葉が出てきました。この自己信念とは「各自の自分についての信念であり、外部の評価でも、達成度や力量の客観的なテスト結果でもないことが、是非とも理解しておかなければならない」とあるように、形では表すことのできない「自分」という存在をどれだけ信じることができるかということを意味しているのではないかと感じました。不安に陥ったり、迷ったりすることはどうしても出てきますが、そんな時こそ自分の抱いた信念という想いを信じることで乗り越えたり、将来についても希望を持って進むことができるのではないでしょうか。自分の将来の展望や世の中に対して悲観的に感じている人が多い今だからこそ、この自己信念というものを強く持つ必要があるように思えます。

  13. 「この自己信念とは、自分には自制能力や問題解決能力があるという意識や、将来に対する楽観的な見通しといった、相互に関連した信念」とありました。話がずれてしまうかもしれませんが、私が見守る保育と出会い、その理念を学ぶたびに、その理念が私の信念になってきていることを感じています。見守る保育と出会う以前は、一斉保育が当たり前の保育園で働いており理想と現実のギャップに、どんどん自分がダメなのではないかと思うようになりました。しかし、見守る保育の理念を知り、学ぶにつれ、保育の楽しさを見出し、以前よりも充実した日々を送っています。
    その以前働いた園を悔やんではいません。そこでの経験があることで逆に見守る保育を深く知りたいという気持ちになれていることに感謝しています。子ども達にも感じることで、自分の自己信念を持ち、主体的に自分の人生を歩んでほしいなと思います。

  14. 「ミラーニューロンは考えるのではなく、感じることによって、社会の中で相互に依存する社会的な生き物として私たちが機能し、生き延びるための土台となる」この考えるのではなく、感じるというところがポイントですね。そして「恵まれた信念を持つこと」は、ストレスの有毒な影響を和らげくれ、健康に関連している望ましい神経生理学的・心理的な結果をも多©らしてくれるのですね。

  15. 実行機能を発達させることで、子どもたちのストレスへの対処が可能になるということは、子どもたちにとって自己信念を築くことで優先順位をつくれるようになるのですね。私はどちらかというと悩むことが多いタイプなのですが、確かに自分の悩みを落ち着くようにするために、一定の優先順位としてこの悩みがどれくらいの優先度かということを考えることがあります。そして、それが自分の信念と重ね合わせ、重要なものなのかどうかで判断します。子どもたちにとっても、こういった判断をしようとしているのに驚きです。子どもたちの関わりのなかでおこる我慢の奥にはこういった心の動きがあるのですね。そして、その繰り返しのなかで、価値観や解釈が確立されてくるのだとすると、乳幼児期のありかたは社会や生涯につながっているということをより感じます。

  16. ミラーニューロンは、「考えるのでなく、感じること」「ミラーニューロンは、社会の中で相互に依存する社会的な生き物として私たちが機能し、生き延びるための土台」とありましたが「感じること」というのが、人間がこれまで生き延びてきた能力の一つですね。やはりこの感覚も藤森先生がおっしゃるダークセンスの一つなのかもしれませんね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です