幼い頃の体験

成功するだろう、あるいは、失敗するだろうという一般的な見通しは、私たちが新しい課題にどう取り組むかに、重大な影響を与えます。一方、具体的な見通しは、自分が本当に成功できるのがわかったときには、変わることができます。これが意味するところは明白で、一般に楽観主義者は悲観主義者よりもうまくやっていますが、悲観主義者でさえ、成功できるとわかったときには、期待を高めるようです。

これらの考察からいろいろなことがわかりました。幼い頃に成功体験や自己効力感を自覚する体験をした人は、その後、根気よく目標を追求し、成功に対する楽観主義的な見通しを育み、成長の過程で避けられない挫折や失敗や誘惑に対処する意欲や能力が高まることがわかったのです。このような研究結果を見て、私たちが配慮しなければならないのは、私たち幼児教育に携わっている人は、幼い頃の体験を意図しているわけですから、子どもたちには、成功体験や自己効力感を自覚する体験を意図することが大切であるということがわかります。

ミシェルは、未就学児の時にマシュマロ2個を手に入れるために待てる秒数と、その後の人生に見られる多種多様なポジティブな結果には、関係があると言うのですが、「自分には物事をコントロールする力がある」「自分が主体である」という、次第に深まる感覚や、楽観的な見通しは、彼の主張を裏付けることになっています。肝心なリンクとなると言うのです。そして、子どもたちは、対人関係を築くのを危うくしかねない衝動的な反応を抑制する能力があれば、自分のことを尊敬し、自分の価値を認めてくれる人々と、互いに支え合う、思いやりに満ちた友情を育てることができると言うのです。

自分の子どもたちに望むような、そしてまた、子どもたちの中に育むべきである、成長の好循環とは正反対なのは、一貫して基本的な自制のスキルを欠き、何もかもが手に負えないように感じ、自分の能力を悲観し、自尊心を維持するのに苦労している子どもたちが直面する悪循環です。適切な自制のスキルや、楽観的な見通し、成功体験、他人による助けや支援がないと、子どもたちは、主にホットシステムにコントロールされたままになり、効力を得ようとすると言います。ごく幼いときの努力が、実を結ばない可能性が高く、選択肢が狭められるにつれ、希望よりも絶望の感覚や態度を発達させがちになりかねないのだとミシェルは考えています。

以前のブログで取り上げたありとキリギリスの寓話の中の「あり」は、将来に備えるために何をするかを寓話の中では分かっているように描かれますが、実際は、本能的に知っていて、夏がやってくると、冬に必要になる食べ物を巣へ運ぶのです。しかし、ミシェルは、私たちには「あり」の本能はありませんし、進化はまだ私たちの脳を、遠い将来に具体的に対処するために適応させていないと言います。

ミシェルは、こんなことを言っています。私たちはぞっとするような出来事が差し迫っていれば、すぐに心配になるのに、将来については、ホットなかたちで鮮明に思い浮かべることはめったにありません。バラ色のめがねと、気分を良くさせる心理的な免疫系のおかげで、私たちの大半は、将来への不安に悩まされ続けずに済みます。癌や貧窮、孤独な老年期、不健康といった恐ろしい見通しのことばかり考えるのが避けられ、現にそうした不安が生々しいものになることがあれば、たいていの人はすぐに自ら気をそらすと言うのです。

幼い頃の体験” への15件のコメント

  1. 未就学児に対して、「自分には物事をコントロールする力がある」「自分が主体である」という感覚を感じさせること、そのような経験をたくさんしてらうことによって、その子自身に楽観的見通しを持たせることにつながるというのですね。自分の思い描いた予想・見通しであった経験が、ひとつひとつ積み重なり、そこで得た自信やさらなる見通しの確信性が、楽観性を構築していくということは、子どもがの見通しをいかにこちらが理解して、それに沿わせるかがポイントのようにも感じました。「自分ならやれる!」と思うのには「君ならやれる!」という後押しや、挑戦するということを最大限に認める環境が大切であると感じました。そでなければ、「主にホットシステムにコントロールされたまま」になってしまうということなのですね。人生というのは「コントロールできる」ということを、幼い頃から体験を通して感じてもらうことが重要であるとともに、子どもが自ら作り出した心の動きや行動という努力を見逃さず、そういった時点や過程での様々な形の「成功」という部分にスポットを当てる必要があるのだと感じました。よく藤森先生は、代表となる遠い将来のこととして「孫と元気に遊べるか」を例に出しています。その見通しをいかに立て、「遠い将来に具体的に対処するために適応」するといった小さな積み重ねが楽観性を作りだしていくのでしょうか。

  2. 幼い頃の成功体験や自己効力感を自覚する体験がその後の楽観主義や自制力に繋がっていくということを日々の保育の中で実践していきたいですね。昨日のブログでもありましたが、やはりそういった体験は大人が子どもに対して失敗に寛容になるという関わり方が生活の中で自然とできていれば、子どもたちはその中で成功体験を重ねたり、自己効力感を自覚するような体験を重ねていくのではないかと感じました。「適切な自制のスキルや、楽観的な見通し、成功体験、他人による助けや支援がないと、子どもたちは、主にホットシステムにコントロールされたままになり、効力を得ようとすると言います」とありましたが、他人による助けや支援というのが印象的でした。自制のスキルや楽観的な見通しを獲得する関わり方も見守る保育につながりますし、助けや支援というのもまさに見守る保育であると感じました。「結ぶ」ということ、つながるということ、集団ということを大切にしながら、子どもたちが成功体験を獲得できるような主体的な姿勢を手助けることが見守る保育ですね。

  3.  〝研究結果を見て、私たちが配慮しなければならないのは、私たち幼児教育に携わっている人は、幼い頃の体験を意図しているわけですから、子どもたちには、成功体験や自己効力感を自覚する体験を意図することが大切であるということがわかります。〟本当ですね。見守る保育の意図するところであると思います。改めて意識して保育にあたりたいという気持ちになります。
     〝バラ色のめがね〟と書かれていて、とても的を射た言葉であると感じました。どうしてそのように人生を、将来を見てはいけない、と思い込まされてきたのでしょうか。
     自分のことを好きだと表現したとして、それを馬鹿にする言葉があります。自分のことをイマイチ好きになれない人がいるとして、その人自身に問題があるというよりも、幸せになる邪魔をするような言葉、人、自己重要感を奪うような言葉や人の傍にいるのではないかと、その人を取り巻く環境に原因があるのではないかと思ったりします。そういう言葉、人の傍にはいかない、近づかないことをお勧めします。その人は、愛だと思ってやっているのかもしれませんが、こちらにとってプラスになっていない限り、それはほとんど暴力や腹いせと変わらないのではないか、と思ったりするからです。
     バラ色のめがねは、かけていいものです。

  4.  子どもが成功体験や自己効力感を自覚する様な体験をすることが私たち保育者の目的である。これは大切な結論の一つだと思います。その為に、信念、楽観、知能観、実行機能、冷却するスキルを学んできました。私もこれまで経験を通した乳幼児教育が大切だと考えてきましたが、その経験によって子どもが学ぶことは五領域の何かだけでなく、人生をよりよく生きる為のメンタリティーだということを再認識しました。そしてそれは他の何よりも大切だと思います。保育を考える新しい指標を頂きました。

  5. 幼い頃に自己効力観や成功体験を多く味わった子どもは〝根気よく目標を追求し、成功に対する楽観主義的な見通しを育み、成長の過程で避けられない挫折や失敗や誘惑に対処する意欲や能力が高まる〟とあり、さらに、周りにいる人的環境の自分たちは〝自分には物事をコントロールする力がある〟〝自分が主体である〟ということを感じられる環境を構築していかなければならないということでした。
    そのようにしていかなければ子どもたちはホットシステムの言いなりになり、悪循環の渦に巻き込まれてしまうということなんですね。
    子どもたちの行動や心の変化などを見逃さずに、至るまでの過程や努力している部分を見逃さないようにして、成功した、しているという感覚を感じれるような姿勢を普段から心がけたいですね。

  6. 「自分には物事をコントロールする力がある」「自分が主体である」という意思を幼いころに経験を通して確かなものとする重要性を感じることができます。テレビでの話になってしまうのですが、スポーツ番組に出演していたメンタリストとして有名なDaiGoさんが「成功(活躍)する人に共通していることはたった1つで、それは神を強く崇拝しているか、自分の力、可能性を疑わない強い意思を持っているか」とおっしゃっていました。その土台作りが幼いころで、保育園はそういう意味でも子どもたちにとって、子どもたちの将来にとって、非常に重要な場であり、そんな重要な場である保育園で働く保育者は、ミシェルが明らかにしてくれた研究結果を踏まえた上で、しっかりとした意図を持って環境を構成し、子どもたちと向き合っていく必要性を感じた同時に保育という仕事の専門性の高さを改めて感じています。

  7. 藤森先生が言われるように「子どもたちには、成功体験や自己効力感を自覚する体験を意図することが大切である」本当にその通りです。ただ子ども達に自由に遊ばせているのでなく、遊びを通して子ども達に保育者が意図していることを自然と伝わり、様々な体験ができるよう環境をよういしたり活動を計画する必要があるのでしょうね。ただ計画ばかりに目が行き過ぎてはいけないので、実際に子どもたちの遊んでいる姿から読み取ることが重要です。
    いま、私は幸せな事に妻子がいます。我が子の成長が何よりも楽しみで、おそらくそれは我が子が成人にり、立派な大人になってもずっと感じる事ができる気がします。そんな楽しみを未来を少しでも長く見る為には、楽観主義のような考え方が必要なのかもしれません。しかしバラ色のメガネをかけているばかりでなく、じゃあどうすればいいのか?というのを現実的に考える事も時には必要なような気がします。

  8. 「私たち幼児教育に携わっている人は、幼い頃の体験を意図しているわけですから、子どもたちには、成功体験や自己効力感を自覚する体験を意図することが大切である」ということを私たちは自然という意識しなければならないですね。そうすることで「自分には物事をコントロールする力がある」「自分が主体である」という考えが育ち自分に自信を持てるようになるわけですね。自分ができるという見通しを持って取り組んでいる子どもに対して私たちがそれらを理解しそっと「助けや援助」をしてあげることの大切さを感じます。その成功体験が未来の自分を作っていくのですが、それは大人になっても一緒ですね。藤森先生が職員を見守ってくださり、いつも私たちのやることに対して成功へ導いてくれます。この関わりこそが楽観主義者への道であることがわかりますが、援助側になることで同じようには出来ないので考えながら子どもたちと関わる必要があります。

  9. “子どもたちには、成功体験や自己効力感を自覚する体験を意図すること”とあることは、私たち、日々の生活のなかで関わりをもつ保育者がいかに意図した形でありながら、子どもたち自身が自発的に遊びであったり、多様なものへ意識を働かせることができるかが必要だと思います。そのなかで、ホットシステムが機能するなかで、どのようにクールシステムが機能していくのか、と2つの脳での働きを経験することができるのではと考えます。そして、楽観的であるためには、周りが子どもができた、何かをやり遂げたときに成功体験を共感してあげなければならないと思います。そのための専門職としての距離感の大切さを感じますし、その子がどんな特徴、個性をもっているのかをしかいしておかなければならないと思います。そうすることで、悲観的思考になっている子どもへ対して、最善の配慮ができると思います。私たち自身も目先のことだけではなく、将来への見通しをもつ必要性を改めて感じます。

  10. おかげさまで「バラ色のめがねと、気分を良くさせる心理的な免疫系のおかげで、私たちの大半は、将来への不安に悩まされ続けずに済みます。」という生き方を送っています。そして、今回のブログの最後に「不安が生々しいものになることがあれば、たいていの人はすぐに自ら気をそらす」とあったときには、まったくその通りだ、と思いました。未就学児のみならず、私たち大人にとっても「気をそらす」はとても大切なことで、やはり、これは乳幼児期に身に着けた、生き通す技か、と思った次第です。私は、園の子どもたちが自分のやりたい遊びに没頭している姿を見るにつけうれしくなります。あるいは、階段を上り下りする子どもの思いの先にはやりたい何かがあるのだろうと察するだけで楽しくなります。帰宅して、わが子のポジティブ思考には、ホント?、と応えながら内心はとても嬉しくなるのです。大人の主観で事細かに子どもにあれこれ注意する大人の姿、あれは嫌ですね。大人による子どもの思考や行為への介入については、私たち大人はよほど気をつけなければなりません。

  11. やはり幼児教育において「体験」は重要であり、どのような体験をするかがポイントとなってきますね。私は今、1歳児のクラスを担当しているのですが、衣服の着脱や食事、運動などをする姿を側で見ていて、自分でできたと思えるような成功体験がどれだけ子どもの自信となり、そして次の意欲へと結びついているということを目の当たりにしています。成功した、出来たと思える体験を重ねることは、自らが主体となって物事はコントロールできるという感覚を持つことに繋がっており、こういった体験をどのように意図していくかも私たち保育者の専門性ですね。幼いときの努力が、実を結ばず、選択肢が狭められ、希望よりも絶望の感覚や態度を発達させがちになりかね
    ないようにするためにも、子どもが自らやってみようと努力したり取り組んでいる姿を見逃すことなく、ポジティブな体験となるような援助というものをしていけたらと思います。

  12. 成功体験が多いほど、物事をコントロールできると感じ、自制が身につくことがわかりました。子どもの成長はジグザグで、昨日できていたことが、今日はできない時もあります。そのとき、全てをやってあげるのではなく、最後は子どもがすることで成功体験を感じてもらうように接しています。そうした日々の積み重ねがその子自身の将来を培っていき、自分の人生を主体的に生きることができ、子どもの力、意欲を引き出せるような環境にこだわり続けたいなと思います。

  13. 「子どもたちには、成功体験や自己効力感を自覚する体験を意図すること」こういった環境を用意することはとても大切なことですね。こうした乳幼児期の体験こそが、社会に出たときの力になるというのは心に止めておかなければいけません。いったいなんのために保育をしているのか、保育とはなんなのかそんなことを考えさせられます。また、「、一貫して基本的な自制のスキルを欠き、何もかもが手に負えないように感じ、自分の能力を悲観し、自尊心を維持するのに苦労している子どもたち」という子どもたちは最近ではそう少なくはないように感じます。子どもたちを取り囲む環境がもしかしたらとても厳しいものになっているのかもしれません。そんな時代のなか、どういった保育が子どもの成長発達のために求められているのか、社会に必要なのか。そのためにできることを考えていきたいと思います。

  14. 今回の主題とは少しずれているのかもしれませんが、「悲観主義者でさえ、成功できるとわかったときには、期待を高めるようです」という文がとても印象的でした。成功のもつ効果を感じるともに、何を成功と感じるかという所を少し考えてしまいました。小さな成功にも気づくことができ、それを大きな喜びに変えられる。もちろんなかなか難しいことではあるのですが、幼いころから、そうした体験を繰り返すこと。時に大人にとっては小さな成功でも、子どもたちにとっては大きな成功というものは数多くあると思います。そんな成功体験をたくさん経験させてあげたいですね。

  15. 「私たち幼児教育に携わっている人は、幼い頃の体験を意図しているわけですから、子どもたちには、成功体験や自己効力感を自覚する体験を意図することが大切であるということがわかります。」とありましたが、このブログを読んで思い出したのが、今日以上児クラスの子どもたちと食事をしている時に、ある女の子が「シイタケが嫌いだったけど今日食べれた」と教えてくれました。その子にとっては「シイタケが嫌い」という状況から、「シイタケが食べれた」という成功体験をしたことで、今後の給食で出た時にはその子のところに行ってみたいと思います。そして、なぜ食べられるようになったのかを聞き忘れてしまったので明日にでも聞きにいってみようと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です