セリグマン

 極端な悲観主義者は、無力感を覚え、意気消沈し、自分の人生をコントロールできないと言います。自分の身に悪いことが起こると、何が悪かったのかについて、状況に即した説明や、あまり自分を責めないような説明は受け入れられず、自分が一貫して持っているネガティブな特性のせいにします。幼いときに、この悲観的な説明のスタイルが極端だと、将来が危ぶまれると言います。そのスタイルが固定化して深刻な鬱にも陥りかねないと言います。

 何度もこのブログで取り上げたマーティン・セリグマンが、クリストファー・ピーターソンと共に、25歳の健康な大学卒業生にやっかいな個人的体験について文章を書かせ、彼らがその体験をどう説明するかを調べたことについてミシェルは紹介しています。悲観主義者は、物事が決して良くならないだろうと信じており、いつまでたっても、それから逃れることは出来ない、個々の出来事を広く一般化し、人生のさまざまな面について陰鬱な結論に達し、そのすべてが自分のせいだと考えます。

 その後、研究の参加者全員を対象に追跡調査を行ない、健康診断をしてかかった病気を調べると、卒業後の20年間は、健康状態に有意の差は見られなかったそうです。ところが、45歳から60歳までの期間では、25歳の時に悲観主義の傾向が強かったヒトは、病気になっている割合が大きかったというのです。ミシェルは、セリグマンとピーターソンが、20世紀前半に新聞に載った、野球の殿堂入りを果たした選手たちのインタビューを分析して結果も紹介しています。この研究については、私も以前、ブログで紹介しました。それと同じになりますが、もう一度振り返ってみたいと思います。

インタビューには、なぜ、どのように試合に勝ったり負けたりしたかについて語っているときの、選手たちの説明が引用されていました。選手はみな、殿堂入りを果たすほど優秀だったにもかかわらず、負け試合を自分個人の失敗が原因と見なし、たとえば、「あの日の午後は、風向きが良かった」というように勝利をそのときの外的原因のおかげと考えていた人は、自分の成功は自分の手柄とする人ほど長生きではなかったというものです。

セリグマンは、楽観的なスタイルと悲観的な説明のスタイルに関する、こうした研究の大半で、指導的な役割を果たしたとミシェルは言っています。そして、セリグマンらは、自分の成功や失敗をどう認識し、説明するかという点で、楽観主義者は悲観主義者と違っていると主張したのです。楽観主義者は、失敗すると、自分の行動あるいは状況を適切に変えれば次回は成功できると考えます。彼らは、拒絶された経験や就職活動の頓挫、投資の失敗、お粗末な試験結果を活かして、次に試みるときに成功する可能性を高めるのには何をする必要があるかを突き止めようとします。それから代替案を考え出し、重要な目標に到達する別の道筋を見つけたり、もっと良い戦略を立てられるまで、必要な助言を求めたりすることがわかりました。

楽観主義者が失敗には建設的に取り組むのに対して、悲観主義者は同じ経験を使い、自分の陰鬱な見通しを裏付け、自分のせいだとばかり思い、自分にはどうしようもないと決めてかかって、失敗について考えるのを避けると言われています。セリグマンは、次のように述べているそうです。「大学の入学試験は、才能を測定するものです。一方、説明のスタイルからは、粘り強くことに当たる人物かそうでないかがわかります。成功へと導いてくれるのは、適度の才能と、失敗に直面したときに進み続ける能力の組み合わせです。……人について知っておくべきことは、思うに任せぬ状態になったときにも、その人がやり続けられるかどうか、なんです。」

セリグマン” への15件のコメント

  1. 悲観主義に関して、「失敗について考えるのを避ける」というのは意外でした。悲観主義であればあるほど、失敗に対していつまでも考えている印象があったからです。悲観は、避観でもあるということですね。失敗や成功に対して、それにどう向き合ったかというのは、人としてのターニングポイントでもあるように感じています。失敗を失敗であると認識せず、それは学びであるという認識を持てば、失敗を恐れることはないと、以前学んだ気がします。また、そう思うことによって、「次に試みるときに成功する可能性を高めるのには何をする必要があるかを突き止めようとします」という思考になるのだと感じます。そして、追跡調査で出てきた結果の中で「45歳から60歳までの期間では、25歳の時に悲観主義の傾向が強かったヒトは、病気になっている割合が大きかった」とあり、悲観的な要素は塵のように蓄積して、ある一定の量になったら溢れ出たりしながら、じわじわ体にダメージを与えていくようなイメージでしょうか。近い将来ではなく、遠い将来を見通しても、楽観的な要素が必要ですね。

  2. 悲観主義が及ぼす影響をひしひしと感じます。「そのスタイルが固定化して深刻な鬱にも陥りかねないと言います」ということからも悲観主義が何もいいことを招かないという事実が明らかにされているのですね。大学卒業生を対象にした研究結果にも驚きました。卒業後の20年間は優位な差は見られなかったのに、45〜60歳までの間に病気になっている人の割合が大きかったということでしたが、このことからは見通しを立てることの大切さ、先のことを意識して生きていくことの大切さを教えられます。もしかすると私たち若い人たちの特徴として、このような先を見通すことで現在の生活を考えるということが苦手ということがあるのかもしれません。今がよければいいという考え方はどこかにあるのかもしれません。保育もそうですが、今すぐに結果がでるものではありませんね。子どもたちの将来のためにということは「今をよりよく生きること」でもありますね。そのことを意識した保育が大切ですし、将来のために大人が思うことも質の高い保育をうみだしていくためには大切になってくると思います。

  3. ゼリグマンとピーターソンの研究により、「45歳から60歳までの期間では、25歳の時に悲観主義の傾向が強かったヒトは、病気になっている割合が大きかった」ことがわかったのですね。これは今の若者が将来より、今を大切にしてしまっていることも一因にあるのでしょうか。そう考えると、悲観主義の傾向の割合も増しているのでしょうか。
    スポーツ選手の勝利後のインタビューでは、自分以外の外的原因を高く評価した謙遜的なコメントをよく耳にします。しかし、本意は定かではありませんね。建前上は他者などの外的原因を讃えつつ、本意は自分、自分の内的原因もしっかりと評価できているようにも感じることができます。また「成功へと導いてくれるのは、適度の才能と、失敗に直面したときに進み続ける能力の組み合わせ」とありました。遺伝と環境の組み合わせに似ていますね。才能に溺れることなく、チャレンジ精神を大切に、失敗を重ねて、それを乗り越えていける経験、そして何より「自分ならできる」という自己信念を大切にしていくことの大切さが伝わってきます。

  4.  どう考えても楽観主義のメリットは計り知れません。私も含めて私の周りの人々にもどうか楽観的であって欲しいと願います。しかし、悲観主義には何の価値もないのでしょうか。彼らには廃退の一途しかないのでしょうか。一般的にはそうだと思いますが、芸術や文学の世界ではペシミスティックなものに美しさを見出すこともあります。退廃や絶望を美に昇華した作品もたくさんあります。それを見る人、読む人もそこに共感し、感動します。ブログの文脈とは関係ありませんが、そんなことが頭をよぎりました。

  5.  〝成功へと導いてくれるのは、適度の才能と、失敗に直面したときに進み続ける能力の組み合わせです。……人について知っておくべきことは、思うに任せぬ状態になったときにも、その人がやり続けられるかどうか、なんです。〟胸が熱くなる文章です。レジリエンシー、立ち直る力の偉大さを改めて感じます。〝七転び八起き〟という言葉もあるように、昔からこの力を大切なものと考えられてきたのでしょう。地道に続けていくこと、挫けない強さは、問題に直面した時に自分でその問題に立ち向かい、解決し、むしろ、その問題があってよかった、と感謝の気持ちに至る過程までを、一気に辿らせるように思います。立ち直る力とは生きていく強さなのかもしれません。
     立ち直る力が先天的に備わっていることも才能の一つだと思います。そこに大小はあれど、誰しもに備わっていて、それを育んでいくのが、生きていくことの醍醐味の一つなのかもしれません。

  6. 悲観的であると、病気になりやすいという身体的な面にまで影響を与えるということが分かっているんですね。まさに、『病は気から』という言葉がしっくりくる事例です。
    何かをして、失敗してしまった時に立ち直る力を人間はもともと持っているんだと思います。
    そのもともと持っている力を引き出し、伸ばしてあげることが、自分たち大人が次の世代を担う子どもたちにしてあげることなんだと思います。

  7. セリグマンの最後の言葉「大学の入学試験」についてですが、単純に自分の持っている知識を全て出すだけのものだと思っていましたが、「強くことに当たる人物かそうでないかがわかります」という説明を聞いて「なるほど!」と思いました。そして、成功へ導いてくれるのは「適度の才能」と「失敗に直面した時に進み続ける能力」の二つというのは本当にそのと通りですね。実際に仕事をしていても失敗の連続です。その時にいちいち悲観的になり、それこそなぜ失敗したのかを考えるのを避けていては何も進みません。以前、藤森先生の話でも子ども達の前で保育者が何かに失敗をしたときに、諦めずにやり遂げようとする姿を見せる事が大切と言われていました。まさにまさに楽観主義者の考え方と同じと思います。でも子ども達は何度失敗しても、出来るまでやり遂げようとする力を、子ども達を見ていてもともと持っているのではないのかな?と思います。それをもっと磨いてあげる必要が役割なのかもしれません。

  8. 追跡調査の結果を見ても、将来的に悲観的な思考になる傾向があるということから、例えば、わたし自身が現在、悲観的な要素をもっているのならば、45~60歳ごろとあるような時期にそのような状態が現れてるくると考えれば、単に、その場をやりきるような考え方ではなく、自己信念をもち、自身がどうしたいのか、また、その事をどうするべきか、自身ができると思える先を見通した力が重要な役割を担っていることがわかります。悲観主義者であることがどれほど、将来の生き方に影響を与えているのかがわかります。楽観主義者であることで、様々な環境を通して情報を得るなかで刺激をうけ、ホットシステムが機能し、好奇心がわいたり、また、欲求などが溢れてくる思います。それについても、楽観的であることが、自分はできると思う、ことができるということで、先を見通した思考を持ち、どうすることが最良なのかとホットからクールへとシステムの機能を果たせるような気がしました。

  9. 悲観主義者であることで自分に対するマイナスな影響の大きさをより今回のブログを通して感じます。その中で「45歳から60歳までの期間では、25歳の時に悲観主義の傾向が強かったヒトは、病気になっている割合が大きかった」という部分というのは驚きです。ふと25歳の自分が心配になりますね。結果がすぐに出るわけではなく、過程が後に出るということでやはり人間見通しを持つことの大切さを感じます。今が良ければそれでいいという考えだと後々痛い目に会うということですね。そして、最後にある「成功へと導いてくれるのは、適度の才能と、失敗に直面したときに進み続ける能力の組み合わせです。……人について知っておくべきことは、思うに任せぬ状態になったときにも、その人がやり続けられるかどうか、なんです。」楽観主義者のように次にこうしたら良くなるという具体的な方法を考え、良くなると信じて続けていくことが大切なのですね。

  10. やっと従前のようなコメント可能な環境を持つことができました。さて、遅ればせながら「セリグマン」へのコメントです。ミシェル氏の研究成果を紹介するブログに以前紹介されたセリグマン氏も登場。当ブログのおかげで、忘れかけていた「セリグマン」氏について思い起こすことができました。読者の一人としてこのことについて感謝します。そして、今回は他のコメンテイター何人かと同様「25歳の時に悲観主義の傾向が強かったヒトは、45歳から60歳までの期間では、病気になっている割合が大きかった」というところに反応します。50代半ばの私はこのことを証明できるのです。「25歳の時」の私、確かに「悲観主義の傾向が強かった」と思います。何についてどのように悲観していたか、ここでは書く余裕がありませんが、世の中に対して斜に構えていたというか・・・。今のところ入院するほどの大病はしていませんが、高血圧や高コレステロール、尿酸値といわゆる成人病に悩まされています。結論から言えば、天才以外の凡人は決して悲観主義に陥ってはならないということですね。まぁ、なんとかるさ、で若いころは過ごしたほうがいいですね。老境を迎える私も無論、なんとかなるさ、です。

  11. 楽観主義者と悲観主義者の話題がでると、いつも思うのは物事は気の持ち方次第でいくらでも変えることができるということです。何かを成し遂げたり、成功した場合、これは自分の力だけで出来たことではないと謙虚に考えてしまうことがあります。当然、周りの助けやサポートがあってこそのこともありますが、プロ野球選手の例を見て、自分の力で成し遂げたと思えるようなことはもっと素直に受け止めて誇ってもいいのかもしれないと感じました。楽観主義者には前向きな考え方と柔軟性、そしてそういった素直さも兼ね備えているような気がします。

  12. 日本人の謙遜は、よくも悪くも影響しているのではないでしょうか。また「出る杭は打たれる」とありますように、調子に乗ってはいけない、周りと合わせなくてはいけない、という思いから、成功を素直に喜んではいけないという空気があるように思えます。それが健康にも影響を及ぼしていることにうなずけます。
    昨日の藤森先生のお話で、森口先生が新宿せいが保育園で働いた時の印象に「「やりたいことに対し、他の先生が否定をしない」とあり、相手を否定しないということは、自己肯定観を高めることにつながるのかなと思いました。その自己肯定観が高いとどんなことにもチャレンジでき、たとえ失敗した時には自分のせいにするのではなく、物事を分析できるのだと思います。

  13. 同じ失敗においても、楽観主義と悲観主義では物事のとらえ方は大きく違いますね。楽観主義者は「失敗しても次は問題を改善し成功する」と考え、悲観主義者は「失敗すると、自分の陰鬱な見通しを裏付け、失敗について考えるのを避ける」楽観主義は「成功のイメージ」を持つことに対して、悲観主義は「失敗のイメージ」がはじめからあるように思います。この違いは大きいですね。そして、それはあきらめることでもなければ、開き直ることでもなく、失敗に建設的に取り組むことにつながるのですね。しかし、具体的な「成功のイメージ」を持つのはなかなか難しいです。だからこそ、「自分はできる」と思うことがなによりの原動力になり、「成功へのイメージ」につながるのだと思います。自己効力感や自己肯定感がなければこういった気持ちは持つことは難しいでしょうし、これらの力はやはり乳幼児期に得るものは大きいと思います。保育の中で、どうしていくことができるのかとても考えます。そして、そのための環境づくりはどうすればいいのか。悩みますが、それこそ「自分はできる」と心の中で唱えながらやっていこうと思います。

  14. だんだんと例で挙げられていく年齢から自分が遠ざかっていくことに、悲しみを覚えながらも、こうしたことを知っているおかげがそれほど悲観的にならない自分がいることに喜びを感じます。もし25歳の厄介な個人的体験を、話せと言われたら自分ならどう答えるか。思わず考え込んでしまいますね。ただ余裕を持って面白く話すことができたら、楽しいだろうなというイメージはしっかりと持てる気がします。

  15. 「45歳から60歳までの期間では、25歳の時に悲観主義の傾向が強かったヒトは、病気になっている割合が大きかった」とありましたが、悲観主義であることで身体的に将来、大きな影響を及ぼすのですね。私の場合は22歳ころまでやや悲観主義傾向だったという事もあり将来がドキドキしてしまいます…。「病は気から」という言葉が頭に浮かんできたのですが、「成功へと導いてくれるのは、適度の才能と、失敗に直面したときに進み続ける能力の組み合わせです。」とあったように、逆に楽観的に考えることが幸せに過ごせるポイントなのかもしれませんね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です