フェアな分配

 チンパンジーは、「フェアな獲物の分配を伴うゴールの共有」ということを示していると思われていましたが、最近の研究では、そうではないことを示しているそうです。

それは、第1に、獲物を仕留めたチンパンジーはすぐに、できることなら獲物と一緒に仕留めた場所から雲隠れするか、梢の橋まで登って、他のチンパンジーの接近を制限して仲間を避けようとするそうです。すなわち、とっさに独り占めしようとするのです。しかし、多くの場合、独り占めは成功しません。肉を引っ張って分配を求める個体に囲まれてしまうことになるのです。獲物の所有者は、要求者がいくぶんかの肉を得るのをたいていは認めてしまいます。

その行為を研究者が調べてみたところ、要求や嫌がらせに対する直接の反応としてこのような寛容が起こることが分かりました。要求者は、要求や嫌がらせをすればするほど、より多くの食物を得ているようなのです。嫌がらせの激しさは、それを行なう個体がどの程度本気で戦うつもりなのかの指標であり、この戦う意思は、少なくとも部分的には、狩りに参加したことによる興奮からもたらされていると考えられます。

獲物を仕留めることに参加したものが、多く分配を受けるのは、参加したためにその報酬として多くとるのではなく、参加したことによる興奮が、激しい要求として分配を多く受けるというのです。そうなると、仕留め損ねた狩猟者ですら、後から来た個体よりは多くの肉を得られる可能性があるということになります。狩りに参加していた狩猟者たちは最初に獲物に接し、物乞いを行えるけれど、後で来た個体たちは、第2陣に甘んじることになるからです。

チンパンジーの集団狩猟に関するこういった見解を、以前、ブログで紹介した2本のロープを同時に引かないと、食べ物を手元に引き寄せられないようにした実験の結果が後押しをしていると考えられます。つまり、ひとやまにした食物のときには協力をしないという結果だったことです。一般的にチンパンジーは食物に関して、競合的であるため、彼らが行為を同期させられるのは、獲物の分配問題がなんらかの形で、解消に向かう場合に限られてしまうのです。

このような行為は、人間に最も近く、より協力的であると言われているボルボでさえ、それほど大きな差は出ないのです。それが、ヒトの子どもの場合は、食物が凝集しているからといって協力行動が妨げられることは全くなかったそうです。それどころか、彼らは、小競り合いすら起こさずに等分するために様々な手段を講じるのです。しかも、この実験の子ども同士の関係には兄弟はいなかったそうです。

 そして、興味深いことに、このような中で子どもたちは互いに、公平性を巡って異議を申し立て合うことがあるそうです。実験した中で、一人の女の子が、パートナーと一緒に引き寄せたキャンディーを独り占めしてしまったことがあったそうです。しかし、キャンディーがもらえなかった子は、異議を申し立て、欲をかいた方の子はすぐに折れることになったと言います。二人とも同じだけ分け前を手にした時には、異議申し立てをするのを見たことがなかったそうです。

フェアな分配” への17件のコメント

  1. 「要求者は、要求や嫌がらせをすればするほど、より多くの食物を得ているようなのです」というのを想像すると、「どうして逃げるんだよ!どうして思えだけ食べてるんだよ!俺たちも分けろよ!」というなかなか強引なチンパンジーを思い浮かべますが、背景には独り占めしてしまったチンパンジーもいるわけで、お互いにとも思ってしまうのですが、これはこのチンパンジーの行動を人間に当てはめて想像してしまっているからかもしれませんね。そこは同じように考えてはいけないのかもしれません。また、「後で来た個体たちは、第2陣に甘んじることになるからです」ともありました。こちらは全く関係ないように思えるのですが、それでも獲物を手にすることもあるということなのでしょうか。そして、人には「小競り合いすら起こさずに等分するために様々な手段を講じるのです」という行為があるのですね。そのような人の行動は今後の人間関係を考えてもいるように感じます。独り占めすることで、その場はいいかもしれませんが、次の機会に逆の立場になってしまうという可能性もあります。そうなると不安定な生活になってしまいそうですね。そうならないためにも獲物を通じて、人間関係を構築させておくことで、獲物の安定供給を実現しているようにも感じました。

  2. 3・4・5歳児クラスの先生から聞いた話です。先日、おやつのおかわりを巡って、子どもたちが面白い行動を示してくれたようです。その日のおやつは、袋に入ったウエハースでした。おかわり用として余っていた物より、おかわりをしよう来た子どもの人数の方が多くて、職員はどうしようかと悩みます。するとその職員は、おかわり分全部をある5歳児一人に渡し、「みんなで分けて」という言葉をかけたそうです。当然、全員分はないので、その子がそのおやつをどうするのか興味津々でした。その子はというと、一つのウエハースを2人に渡し「これは、◯◯ちゃんと◯◯ちゃんと分けて!」、「これは◯◯君と、◯◯ちゃんで分けて!」といったように、さらに分配するという手段をとったのです。正直、その話を聞いた時、鳥肌が立ちました。そして、今回のブログの内容を読んで、大人でもなかなか思い付かない、まさに「フェアな分配」であるなぁと思いました。その話には、続きがあります。その5歳児が、最後の人にウエハースを分配したら、当人の分がなくなってしまったのです。しかし、そこで嘆く様子も、しょんぼりする様子も見せずに(もしかしたら、我慢していたのかもしれませんが…)、自分の席に戻っていきました。その一連の様子を見ていた職員は、その子に自分の分のウエハースを渡したそうです。始めは、その5歳児は、自分の分がなくなってしまいとてもフェアではないようにも感じましたが、もしかしたら、ヒトは「尊敬」とか「責任」とか「賞賛」という分け前・報酬であると、そう認識する場合もあるのかなと感じた事例でした。

  3. 最初に書かれているチンパンジーの姿が頭に浮かんできて笑ってしまいました。独り占めしようとするけど囲まれてしまい、それが叶わないということを、チンパンジーは繰り返すんですね。姿が他の動物よりも人間に似ているため、もう少し協力行動を見せてもいいと思っていたので、少し意外な気もしています。後半に書かれている子ども姿ですが、異議を申し立てる場面を見かけることは割とあって、その際に子どもたちがいとも簡単に譲っている様子を不思議に思っていました。まるでそのものは最初から欲しくなかったものかのように、あっさりと譲ることをするからです。そしてその後は相手と共ににっこりと笑いながら一緒に食べていたりします。大人だったらもっと計算が入ったりするだろうにといつも思います。これは人間のというか、子どもの大きな特徴なのかもしれませんね。

  4.  〝参加したことによる興奮が、激しい要求として分配を多く受ける〟とは、かなり衝撃的な内容です。ヒトが持っている理性などは働かず、衝動的で、本能的で、〝嫌がらせ〟という言葉からは、ともすれば暴力的ともとれます。それが動物を動物たらしめる理由なのでしょうか。キャンディーの実験ではそれが顕著に出ていることを感じます。〝公平性を巡って意義を申し立てる〟という行為と〝要求や嫌がらせに対する直接の反応としてこのような寛容が起こる〟という行為では、対象物が結果として半分こになったとしても、意味合いが全く違います。チンパンジーのそうした殺伐としたような世界のことを知ると、ヒトに生まれることができてよかったなぁと(笑)しみじみ感じてしまいます。
     

  5. 参加したからその報酬として多くとるのではなく、参加したことによる興奮が、激しい要求として分配を多く受けるというのは面白いですね。よく子どもたちは玩具の取り合い等でケンカをしています。どうするのか見守っていると、手にした方が遊び終わると、ケンカの相手に渡してくれます。その時、申し訳なさそうな顔をしています。玩具を獲得できたとしても、気持ちよく遊ぶことができずに、何か心にひっかかるのではないのでしょうか。その何かが動物とヒトの違いのような気がします。

  6. 保育園では、コメントにもあるように、「分配」の姿を見て取れるようです。これはとても重要なことです。「特定の大人」との限定的関係ではあまり見られない光景でしょう。子ども集団があるところでは、子ども同士で分配し合う姿が見られる環境を設定しなければならないと思うのです。保育者は環境プロデューサーです。その目的はとりもなおさず、子ども同士が互いに分配したり譲り合ったりする機会を創出することです。純真な子どもたちの世界であるからこそ、分配、譲り合いそして思いやりの関係を構築することは、人生のどの時期にもまして意味があることだと思います。戦後70年と言われます。この間私たちは都市が戦争によって壊滅する経験をしていません、もっとも震災による壊滅は経験しましたが。私の故郷は東日本大震災の大津波に町ごと飲まれました。津波は午後発生しました。生き残った人々はそれぞれ生き残れる場で寒い一夜を過ごしたそうです。救援物資が届くのは翌日以降のことです。その日の夜、わずかな食べ物を、たとえばおにぎり1個を何人かで分かち合って空腹を凌いだそうです。年寄は若者を気遣って少ししか食べなかったそうです。互助の精神は戦後数十年で培われたのでしょう。だからこそ、世界でもまれにみる災害の後の震災地の人人の姿となって全世界を驚かせたのでしょう。「分配」の精神は、「思いやり」の精神の、より具体的な現れでしょう。今回のブログを読んで以上の感想を抱きました。

  7. チンパンジーの行う分配行為は「フェアな獲物の分配を伴うゴールの共有」ではなく、要求者の興奮を抑えるために分配をし、争奪戦を回避するために、いたしかたなく寛容しているのですね。今回も人とチンパンジーの比較から、人の公平性といった「平等」の概念を感じます。また、平等とは「共感」を生む概念であるようにも思えました。平等な環境下に身を置いている者同士で共感し、ゴールの共有を図り、集団を形成する。また、平等でない集団は、脆く、長続きしない上辺だけの関係性の集まりが多い気がしました。「人は1人では生きていけない」と言われていますが、遥か昔から防衛が必要であることで、集団を形成し、助け合って生き抜くことで、長続きするより良い集団作りには「平等」という概念が必要不可欠であることを学び、現代まで伝承され続けているように感じました。

  8. 遠足などにいって、おやつを持っている子ども達から「はいどーぞ!」と貰うときがよくあります。そんな姿を見ながら、みんなに配るとなくなると思うのですが、それは本能でおこなっている行動なのだと思うと子ども達の純粋な気持ちが羨ましくなります。多くの大人は最初に書いてあるチンパンジーのような行動になると思うので、成長の過程でチンパンジーに近づいているのではと一人で考えてしまいました。異議申し立てする子どもの姿を想像したのですが「欲をかいた子はすぐに折れる」という姿は不思議ですね。園でも注目してそのような姿を目撃したいと思います。

  9. 〝チンパンジーは要求を激しくすればするほどより多くの食物を得ている〟ということは要求の上手いチンパンジーほどたくさんの食物がもらえるということになりますね。
    チンパンジーの世界にもいわゆる『世渡り上手』なチンパンジーがいるのでしょうか。チンパンジーの生きていく知恵のようなものが垣間見えました。
    人間の子どもたちの分配の様子は書かれてあるとおりフェアですね。このフェアな精神が食物だけでなくスポーツのルールや法律を守るような、いろいろな面に影響しているのでしょうね。ということは人間はもともとフェアな精神を持っているということですね。

  10. 食べ物を捕獲したチンパンジーへ゛要求や嫌がらせをすればするほど、より多くの食物を得ている゛という点は、ヒトの反応と比べて、反対なように思います。ヒトが欲しいと思ったときには、優しくしたり、相手によく思われるような発言や行動をするような気がしますし、やはり、近くにいて狩りに参加していたのなら、寛容な部分が全面にでて、分け与える姿が見られると思います。
    そして、フェアな分配という点で、おやつの時間などよく見られる光景だと思います。牛乳の入ったコップやお菓子をテーブルの真ん中に置き、いざ食べ始めるとなると、相手に対して牛乳を渡したり、お菓子を渡してみたり、お菓子の数が足りないときには、テーブルにいる他の子どもが持っていないか見たり、自分なりに相手のことを考えへ職員へ訴えてきたり、2歳児クラスで、多く見られる姿の中に相手と同じに・・・ということが見られ、今回のブログに通づるものがあるように思えました。

  11. 「小競り合いすら起こさずに等分するために様々な手段を講じるのです」の部分に人とチンパンジーたちとの違いが明確に表れているように感じます。
    しかもただ分け合うのではなく誰もに等しくいきわたるための手段を講じようとする姿に、他者と分け合う、共有しようとする意思が人の根底にあるということを再確認できます。よく園庭で畑の食材を用いた簡単なクッキングが行われます。その際、当然クッキングに参加する子どもとそうではない子どもがいるわけですが、出来上がったものに対して調理に参加した子の方が多めに量をもらおうとか、参加していない子に対して少なくしようといった姿は見られません。おかわりなどを除けばむしろ全員にいきわたるように配って回ることさえしています。どうしてそういった心持ちになれるのだろうと不思議に感じていたのですが、その理由が今回わかったような気がします。実際の社会において貧富の差であったりと全てが平等とはいきませんが、子どもの姿にあるように根底には等しく分けようとするといった自己よりも他者との利益を共有しようとする意識があるということに人の素晴らしさを感じます。

  12. 昨日のおやつでも数少ないビスケットをおかわりしたい子が多くいました。先日の女の子はおらず、今回は年長組の男の子に渡しました。するとその子は少し困った表情を浮かべています。すると後ろから年中組の男の子が「半分こするんでしょ?」とその困っている男の子にアドバイスを送っていました。それを聞いた男の子は「じゃやってみるね」と言ってそれぞれに配り始めました。その姿を見ていた他のおかわりをしたい子がどんな行動をとったかというと(ビスケットの袋をの中には6つビスケットが入っています)なんと袋をもらった後にテーブルにつくとそのテーブルの人たちにビスケットを配っていたのです。ふと僕だけもらっては…というような感情になったのでしょうか。ヒトが分配をしている姿を見ることで心が自然と寛容になり、伝染していくような印象を受けました。そのような環境を意図的に作っていくとでまた違った子ども姿が見えてきそうです。

  13. なるほど、そう言われると食料を手に入れたチンパンジーはすぐさま離れて独り占めしようとする行為をテレビで見ます。また狩猟に参加した者が多く獲物を手に入れることができるのは、成果として貰えるのでなく、参加したことによる興奮から表れる行動というのは、いかにも動物らしいですね。それに比べて人間は素敵ですね。必ずと言っていいほど実験では等分にして小競り合いをしません。不服の場合は意義を申し立て、それをちゃんと受けて結局は等分にする。時々、給食でも自分の大好きな物がメニューにあったときに、少しでも多く入っているお皿を選んでしまう時があります。ちょっと子泣きのブログを読んで、そんな自分がなんて小さな人間だろうと思ってしまいました。子ども、というよりも人類は互恵性というのをしっかりと持ち、いかなる時も互いにフェアになることを行ってきたのかもしれません。

  14. まずチンパンジーが肉食という所に驚かされてしまいましたが、その分配の仕方もとても面白いですね。どのチンパンジーが一番手柄をあげたのではなく、どれだけ欲しいということが伝わるか。狩りに参加したものは必然的に、興奮度が高くなりその要求が強くなり、より多くの分け前を得られる。動物の本能的な所や、ちょっとしたスポーツをした時の気持ちを思い出される内容ですね。ヒトの場合も同じようにも感じましたが、そこには「寛容」といった所が影響しているのか、フェアな分け前をすることといった所にも、興奮の度合いが関係しているのですね。

  15. 猿山の猿なんかも、飼育員が餌を捲くと我先にと餌へ群がり餌をもらえた猿はその場では食べずにすぐに走り去って行くイメージですね。チンパンジーの世界でも独り占めはしたいが、失敗してしまうのですね。そしてその分配方法が「獲物を仕留めることに参加したものが、多く分配を受けるのは、参加したためにその報酬として多くとるのではなく、参加したことによる興奮が、激しい要求として分配を多く受けるというのです」という決め方がなんというか・・・すごいですね。人間の子どもたちの場合は「フェアに分配」という遺伝子が組み込まれているのか、やたら人にあげようとしますね。以前藤森先生に教えて頂いた100万円の配分の実験のように、フェアに分配することが一番ストレスの少ない配分ということが子どもながらにわかっているのですね。

  16. 要求や嫌がらせが激しければ、分配が多く受けられるようになり、獲物を仕留めることに参加したものが、多く分配を受けるのは、参加した報酬ではなく、その興奮により激しく要求しているためだったのですね。とても辻褄が合います。
    それがヒトになると、兄弟がいなくても小競り合いすら起きずに等分にするために、様々な手段を講じるというのも不思議ですね。さらに、不公平だとしっかりと異議を申し立てるというのも面白いです。

  17. 「要求者は要求や嫌がらせをすればするほど、多くの獲物を得る」「嫌がらせの激しさは、どの程度本気で戦うかの指標」とありますが、狩猟の後にも、食糧配分の争いがあるというのはある意味、弱肉強食なんですね。以前、「飢餓状態の時には人はそれほど寛容にはなれない」とありましたが、まさに日常的に飢餓状態でなくても、チンパンジーの場合はこういった寛容になれない状態にあるんですね。初めにチンパンジーの「仕留め損ねた狩猟者ですら、多くの肉を得られる可能性がある」というのを見て「ずるいな~」と感じましたが、それこそがヒトがヒトであり得る部分なんでしょうね。そして、そこから等分するための様々な手段を講じることをヒトはしていくのですね。保育の中でもほかのコメンテーターの方がいうように子どもたちがおかわりなどを分け合ったり、譲ったりする姿を見ます。その行為をこういったものを見た後に観察するとその受け止め方は大きく変わりますね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です