ヒトの文化の根底にあるもの

 ヒトの文化にしか見られない特徴である、「生み出された物事の累積」と「社会制度」というものは、どのようなヒトという種独特のものが根底にあるのでしょうか?それは、「協力する技能」と「協力しようとするモティべーション」とがセットになっていると言うのは、マイケル・トマセロです。このことは、社会制度の場合を見れば特にはっきりすると彼は言います。非協力者への強制に関する規則も含めて、様々な社会制度はどれも、協力によって生み出され合意によって成り立つ相互行為と言えるからです。地位機能も、「夫、親、通過、首長といったものが存在し、それぞれがなすべき権利と義務とを果たす」という協力的な合意があってこそ成り立つものだからです。

 こういったユニークな形態での協力を可能にしている心理的な基礎過程における知見は、様々な行動哲学者たちによって研究され、その知見によれば、「志向性の共有」と呼ぶことができると言います。このときの「志向性の共有」とは、他者と協力しようとする際に、意図やコミットメントを自他間で接続し合う能力のことを言います。これらの意図やコミットメントの接続は、注意の接続や相互知識といったプロセスから成り立ち、他者を助けよう、あるいは他者と分かち合いたいという強力への動機の基礎となっていると言います。

 これらの考え方のなかには、私たちがブログでも何度も取り上げている、ホモサピエンスの生存戦略が功を奏し、誕生以来生き延び、遺伝子をつないできたキーワードが使われています。「協力」「共有」「助けよう」「分かち合いたい」これらが、ヒトという種が特徴ある文化を形成してきたことにつながるのです。

 このようなものは、社会制度においてだけでなく、ヒトに見られる超協力的傾向は、文化的歯止めにおいても、重要な役目を果たしていると言います。文化的歯止めに関わる最も基礎的なプロセスが模倣による学習であることも、模倣による学習の本質は、協力的と言うよりは、むしろ搾取的であることも確かであるといいます。ヒトは、長い間、模倣による学習をきわめて忠実に採用してきたと言われています。しかし、これらに加えて、協力における二つの根本的なプロセスもまた、ヒトの文化的歯止めに不可欠であると言います。

 これらの考察は、私たちは園で子どもたちの姿から感じることがあります。また、協力とか助け合うという姿だけでなく、教えよう、援助しようとする姿も観察することができます。それは、紹介した職員の観察ではありませんが、相手のためにしてあげるという意識は、本人は持っていない気がします。しかし、ヒトは、様々なことを積極的に教えようとします。しかも、その教える対象者は、近親者だけに限定しません。教えるとは、援助しようという動機に基づく利他的行動の一つであり、別の個体が使用するための情報を贈与することであるとマイケルは言います。

 この教えようとしているような行為は、ヒト以外の数種でも、見ることができますが、その多くは、単一の行動を実子に対して行なう行為に限られるようです。ヒト以外の霊長類における積極的な教授行動を、体系的に、実例を重ねて確認した報告はないそうです。

 ヒトの特徴として「教える」という行為も、「助けよう」「分かち合いたい」というヒト独特の文化であるようです。いろいろと考えていることとリンクしてきますね。

ヒトの文化の根底にあるもの” への16件のコメント

  1.  何を誰に教わったわけでもない乳幼児の段階から、自然とお友だちのエプロンをかけあげようとする姿。よく見られる光景ではあったのですが、考えてみれば考えてみるほど確かに不思議です。ヒトという生き物の根本に〝「協力」「共有」「助けよう」「分かち合いたい」〟というものが、脈々と流れていて、〝これらが、ヒトという種が特徴ある文化を形成してきたことにつながる〟というのですから、それを自然と目の当たりにしているということを知ると、改めてこの仕事の奥深さを感じるような思いがします。そしてそれが、僕らの遠い遠い先祖が丁寧に、それこそ遺伝子に組み込まれる程に強く深く大切にしてきた行為であるということを思うと、本当に生きていく上で、いや、生き残っていく上で必要な行為であったことを感じます。極端な言い方ではないのでしょうが、「協力」「共有」「助けよう」「分かち合う」ということをしなければ、死んでいた時代があったわけです。滅んでしまった文化があったわけです。今の時代においても、それは遺伝子レベルで大切なことであるので、例えば「協力」よりも「競争」をさせる職場や環境、「共有」よりも「独占」を、「助け合い」よりも「個人の能力を優先する」、「分かち合い」よりも「奪い合い」など、そんなヒトの文化の根底にある大切なものを無視した行為ばかりをさせる環境はいつか、滅んでしまうこととなるのでしょう。ヒト本来の生き方が伸び伸びとできる環境を整えてあげることが、立場として人の上に立つ人の大切な仕事であるように感じました。
     

  2. 社会制度は協力的な合意があってこそ成り立っているのですね。そして、それは志向性の共有があるからこそのものでもあるのですね。少し違うかもしれませんが、自分以外の人と何か同じ思いになって、その気持ちを分かち合えたり、同じ目標に向かって、一緒に行動している時にはなんとも言えない充実感を感じる時があります。人は様々なことを積極的に教えようとする行為は子どもたちを見ているとそんな場面に出くわすことがあります。「ちょっと貸してごらん」と行って、他の子に、自分ができたことを見せてあげたりしています。私もよく折り紙の折り方を教えてもらいます。そんな教えるという行為が援助しよう、助けようという気持ちに繋がっていくのですね。この世界はそのように贈与によって成り立っているのならば、もっとその意識を高めて、大切にしなければいけないのかもしれません。そんな子どもたちの教えよう、教えたいという自然な気持ちを大切にしたいなと思いました。

  3. 遺伝子の中に「協力」「共有」「助けよう」「分かち合いたい」というキーワードが組み込まれており、子どもたちは、それをいわゆる搾取的に見て学んでいることが理解できました。まだ、世の中において、様々な物や仕組みの把握と理解をしている最中であるそのような時期に、搾取的に他者に関わろうとする行為からは、「調整」とか「加減」とか「他者理解」が自然と身に付いていくように思います。まさに、相手はどのくらいの物やことを求めているのか、どのくらいのところが気持ちよいと感じるのか、ちょうど良いところはどこなのかなどの、個人差も存在するそのような部分を把握し理解する力を学んでいる気がします。そういった「調整」をくり返し、自分の中にある搾取的な部分と意識的に協力しようとする、そのターニングポイントもきっとどこかにあるはずです。2歳児の社会性が構築され始める時期なのか、それとも、もっと遅い就学時くらいなのか、はたまた、青年期くらいなのか。文化の根底には、遺伝子の中の「協力」「共有」「助けよう」「分かち合いたい」「教える」といった面が存在しており、それが文化を支えているのだといったことが理解できました。

  4. 「協力する技能」と「協力しようとするモティべーション」とがセットになり、人間がそれらを持ち合わせていると聞くと、先日の生臥龍塾で紹介されていたエピソードとも繋がってきます。人間はこのような文化を継承してきたと考えると、園で行っているチーム保育は、もっとも適した方法だと感じました。「協力」「共有」「助けよう」「分かち合いたい」これらはチームで保育をしていると必要ですし、自然とそのような気持ちになってきます。当初、見守る保育に変更したときには新しい形の保育と考えていましたが、もしかすると、この形が自然ではないかと読みながら感じました。

  5. 「助けたい」「分かち合いたい」という意味での「教える」こそが、私がこれまで他者に対して「教えて」きたことだと思いました。「教える」というのは何かエラそうですね。「教えてやる」ではないのに誤解される行為です。私自身知りたい人なので、いろいろなことを教わりたいと思います。しかも、日々、様々なことが学んでいます。そのことを他者と分かち合いたい。まぁ、これが有難迷惑になることもあるから厄介ですね。今日、茶の作法の基本の基本部分を体験しました。茶の先生が私たちに「教えてやる」という体ではなく、私たちが今後楽に生きられるように「助けたい」、自らがこれまで体得してきたことを茶のお点前を通じて私たちと「分かち合いたい」、そうした思いが言動、行為からひしひしと伝わり、何だかとても感動しました。利他行としての茶の作法に感じ入ったのでした。これからを生きていく子どもたちにこそ体験してほしいと確かに思いました。「ヒトの文化の根底にあるもの」の伝承が私たちの課題のひとつでしょう。このことの再認識が必要です。

  6. 協力とか共有とか、いつもその大切さを教わっているのですが、改めてその意味を考えさせられました。それこそが人間の特徴で、社会を形成していく上で必要なことであり、だからこそ子どもたちにもそれを伝えていかなければいけないんですね。そして贈与についても考えてみました。他者への贈与、集団への贈与、次世代への贈与など、私たちはこの贈与によって活動を成り立たせることができている考えられるかもしれません。贈与の考え方があちこちで見直され、そのことによって新たな関係性が構築され始めている例を目にする機会も増え、ちょっとワクワクしているところです。

  7. 教えるとは、援助しようという動機に基づく利他的行動の一つとありました。このように人の行為の本質には、「協力」「共有」「助けよう」「分かち合いたい」などの人独特の文化があることに気付けました。そして人に限り、その対象者は、近親者だけに限定されない点は、人類がどの種の生き物よりも繁栄を遂げた大きな理由である気がします。これが社会制度にも現れていて、それは協力によって生まれる合意のもとであることは、人の行為の本質に「助け合い(分かち合い)の精神」があることを裏付けているように感じました。また、保育園ではこのような人の本質を感じながら仕事ができることを改めて感じたと共に、この仕事の奥深さをより感じることができました。もっと保育という仕事を楽しまねばなりませんね。

  8. ゛「協力」「共有」「助けよう」「分かち合いたい」゛保育の中でも、集団生活の中にいる子どもたちは、この事柄を、遊びや様々な生活の中で、経験、体験していると思います。そのための、環境構成だと思うと、子どもが、いかにスムーズに生活を送れるのかより、あえて、子どもが一人ではできないような場面を作ることも必要だと思います。これに意図性を持たせることで、子どもの姿もより、明確に見えてきて、保育者からの仕掛けも多くの意味が見えてくるような気がしました。これを行うには、理念を理解し、皆で共感、共有するための保育への方向性の意識付けも必要な気がします。

  9. 『協力』『共有』『助け合いたい』『分かち合いたい』を子どもたちは集団の中で体験していますね。そして、人的環境である自分たちも〝チーム保育〟により、このようなことをしているのだと思います。
    自分もそうですが、人間は困っている人がいたら『どうしたのかな?助けよう』と自然に思うと思います。
    その自然に出る感情を、子どもたちには環境として用意してあげることが必要なことなんでしょうね。

  10. 「生み出された物事の累積」「社会制度」というのはヒトの“協力”というのが鍵になってくるのですね。大人でよく見られるのはご飯を食べている時など、これ美味しいから食べてみて!といって美味しさを共有するような姿は少し意味合いは違うかもしれませんが、子どもが子どもにエプロンをかけてあげることにつながってくるように思えました。子どもはヒトのためといった意識はないですが、その教えようとする姿というのが成長するにつれ、ヒトと協力する、共有する、助け合う、という力へと変化していくのでしょうね。さらに模倣から気持ちを学んでいく姿勢というのは忘れずに頭に入れておく必要があると感じます。ここまで生き延びてきたホモサピエンスが初めから持っていた「教える」「助けよう」「分かち合いたい」という文化があったからこそ、ここまでの社会制度が発展し、支えられてきたことが少し理解できたように思えました。

  11. 相手のためにしてあげるという意識は本人は持っていなくとも、様々なことを他者に積極的に教えようとする人の行動に、不思議さと矛盾を感じてしまいますが、それは協力するという意識が根底にあるからこその行動なのでしょうね。そう思うと人は生まれながらに協力することがある意味では義務付けられているようにも思えます。意識はしなくともそういった行動を行ってきたからこそ人という種族は今日まで存在し、様々な文化を生み出すことができたということを改めて感じます。子どもたちの関わりの中で見られる「教える」という行為も、その一端を担っていると思うと、より重要なものとして捉え、見守っていくことが大切に思えます。

  12. 「志向性の共有」これは確かに大切なことですね。ブログを読んでいて、ヒトとしてそれを身につけるために教育というものがあると思いました。それは机上の学問では学ぶことも身につけることができません。それこそ藤森先生が講演やブログでも何度も言われているように乳幼児、とくに乳児からの関わりが重要ですね。だからこそ「環境」が重要なのかもしれません。ブログのタイトルに書いてあるように、ヒトは他者と関わりたいという気持ちがとても強く、それこそ好奇心や探究心かもしれません。それを十分に発揮させ、根底にある文化を子ども達に伝え、そして後世に繋げていくことが私たち保育者、大人の役割なのかもしれません。その為にもまずは自分の根底にある文化を見直す必要があります。

  13. 「ヒトの文化」は考えれば考えるほど不思議ですね。地位も「夫(配偶者)、親、各場所でのリーダーなど」様々な場面があり、またそれをそれぞれうまくこなさなければいけない。これほどまでに複雑なことをできるようにするためには、今回の「志向性の共有」というものが大切になってくるのですね。自分一人の考えではなく、他者がどう考えるかということを共有すること。そのことがあれば、少数の人たちが「協力」「共有」などといったことを忘れてしまっても、共有することでまたそれを伝え大切にすることができる。人の生存戦略はすごいですね。

  14. ホモサピエンスの生存戦略が成功し、現在まで遺伝子をつないできたキーワードがいくつか出てきました。「協力」「共有」「助けよう」「分かち合いたい」と、ありますが、本当に保育園の子どもの姿に見られるものばかりですね。そして、これらがホモサピエンスの生存戦略で、これまで遺伝子をつないできたキーワードであるならば、もしこれらをやらなくなれば、ヒトは遺伝子をつないでいくことができないということになりますね。
    しかし、子どもたちにまだ見られる姿であるならば、まだまだヒトも遺伝子を繋いでいけそうですが、最近は、そういった姿が見られない大人がいる気がします。子どもの頃に、その能力を削ってしまったのでしょうか。

  15. ホモ・サピエンスの生存戦略として「模倣」や「関係性」というキーワードがありましたが、「協力」「共有」「助けよう」「分かち合いたい」といったキーワードも今回のブログで出てきました。今回のキーワードから連想されたのが、以前のブログでも紹介されていたサン族の貝で作ったネックレスを思い出しました。まさに、協力をしてみんなで助け合い、食べ物を共有しているというそのままの形ですね。今回のタイトルである「ヒトの文化の根底にあるもの」とは乳幼児教育としての柱となる部分で、ヒトとして伝承されていかなければならないキーワードでもありますね。

  16. 「様々な社会制度はどれも協力によって生み出され同意によって成り立つ相互行為」というのを見ていると確かに、ひとは生きていく中で必ずどこかで「協力」しているんだなと改めて感じました。ヒトが法律などの規則によって生きていることも一つの生きていく中での「合意」があるからでありますし、それに乗っ取って生活するのはその法律とそれに乗っ取って生活することに「協力」するからです。それは人の中に「協力しようとするモチベーション」が根底にあり、「協力する技能」が生活の中で定着してくるからなのだと思います。そして、そのモチベーションの根底になるのが「協力」「共有」「助けよう」「分かち合いたい」というキーワードなんですね。そして、この気持ちが文化を形成する。それは勉強ではなく、こういったやり取りやヒトとのコミュニケーションから起きているというのに気付かなければいけないですし、そのために保育をどう考えていかなければいけないのか。改めて考えさせられます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です