他人を察する

 宇宙の始まり、人類の誕生にまでさかのぼってしまいましたが、そして、未来の世界を見てみました。それを踏まえて、現在をいかに生きるかという話に戻ってきます。そのために見つめなおすために、広く、宇宙の中でその存在が必然であるかもしれない人類は、どんな使命を持って生存しているのかを考えないといけないと思います。また、その生存戦略のために、どのような能力を乳児につけているのでしょうか?その能力の多くは、私が言うところのダークセンスなるものであるとしたら、その中の大きな役目を果たしているのが、一部社会脳の働きから解明されている力のような気がします。

現在、「対人知性」と呼ばれる知性が、生きていくうえで最も大切だと言われています。この能力は、他人との関係性を築く力ですが、いわゆるコミュニケーション能力と言われるような、人と人とが言語によって会話をするとか、自分の考えをきちんと主張するという力ではなく、他人を理解する能力をいいます。例えば、「この人の動機は何か」「あの人はどう動くだろうか」「皆と協調して動くにはどうすればいいのか」といったことを理解する能力なのです。

 すなわち、対人知性の本質は、「他人の気分、気質、動機、欲求を選別し、それに適切に対応する能力」と言われており、言葉によらない他人とのコミュニケーションであるともいえます。どうしても、言葉が話せるようになると、言葉で表現したもの、文字で表現したものから他人を理解しようとします。しかし、相手に対しての対応は、言葉では表さない心を理解する必要があるのです。ですから、私は、この対人知性は、まだ言葉を話すことができない乳児において、最も優れていると思うのです。

 乳児は、このような能力を兼ね備えていなければ、生きぬいていけなかった気がします。その時の「他人の」は、乳児にとっては、「母親の」とか「養育者の」であり、彼ら、彼女らの気分、気質、動機、欲求を選別している気がするのです。私は、赤ちゃんを見ていると、大人の顔色をじっと観察し、大人の気分なりを選別していると思うのです。その多くは、言葉よりも、まず、その顔色、すなわち顔の表情から感じたり、抱っこしてもらっているときに、その抱き方からも感じている気がします。

 私が、小学校の1年生を教えたとき、4月の理科の最初の授業で、教科書の扉の写真について、こう子どもたちに問いかけました。「この写真からわかることは何がありますか?」今考えると、また小学生になりたての子どもたちに聞くのはずいぶん難しいことだったなあと思うのですが、理科の一つの課題はよく関節することだと思ったからでした。その写真は、家の庭でウサギを抱っこしている女の子の姿でした。その前に、学年主任の年配の女性の先生に、「このページはどのような授業をするのですか?」と聞いたところ、「扉の写真だから、特に何もしなくてもいんじゃないの?」「もしするのであれば、うさちゃんって、どのように跳ねるのかとか聞いて、みんなでぴょん、ぴょんと真似などしたら?」

 どうも、私はそのような授業をするタイプではないので、先のような質問をしてみたのです。こんなことまで出ました。「縁側には男の下駄が並んでいるので、この子のお父さんがいつも庭に出る」「家のガラス戸に高いビルが映っているので、この子の家の前には高いビルがある」などです。その中で、こんなものが出ました。「この子のウサギの抱き方は、きっとウサギが好きだと思う」

 子どもたちは、人のこんな気分、動機を感じることができるのですね。

他人を察する” への15件のコメント

  1. コミュニケーション能力というと様々な人と良好な関係を築けたり、自分の思いを他者に伝えることができたりというイメージが大きいですが、他人を理解しようとする能力ということが大切になってくるのですね。他者の姿を感じ、それに適切に対応する能力である対人知性は私自身も大切にしたいなと思います。そんな対人知性を持っている子どもたちの力をより高めるためにはどんなことが大切になってくるのでしょうか。相手のことを理解し、対応する能力を大切にするために、何ができるのかということをしっかり実践したいなと思います。他人を理解しようとする能力と聞いてまず浮かんだのが、子ども集団です。赤ちゃんの周りに自分以外の赤ちゃんがいることで、「おぉ君、そんなことするんだ」というような発見をしていくのかなと想像しました。そして、自分が自分以外の赤ちゃんに関わった時の相手の反応を見て、他者との関わりを学んでいくのかなと思いました。できるようになったこと、一人でなんでもできることがいいことだという捉え方ばかりになっている部分は子どもと関わる大人の中であるのかもしれません。それも子どもの成長であるのですが、一人でなんでもできることではなく、自分以外の相手の気持ちを察し、どう対応するのかということをもっと大切にすると大人が子どもに期待する力とは、という考え方も変わり、具体的な保育もきっと変わってくるように思います。もっと、そんな対人知性の大切さの認識が高まるように現場でいろいろやっていきたいなと思います。

  2. 今回の内容を読んで、これまでの悩みがすっきりしたような感覚に陥りました。自分で言うのもなんですが、きっと私は、人よりも「対人知性」が高い方です。幼い頃から、対人関係において、人がどう感じて、何を思っているのかなど、自然と考えていたと思います。自分の中で、ある人のこれまでの行動パターン、そして考え方などを推理して、その人の言動を予測するのが好きでした。人の気持ちを察するのが得意でした。きっと根底には、その人そのものを理解したいといった願いがあったのだと思います。しかし、そういった思考には、弊害も伴っていました。予測がついたり深読みしてしまうことで、分かった気になったり積極的に行動する事ができなくなりました。その対人知性には、「他人の気分、気質、動機、欲求を選別し、それに適切に対応する能力」であるといったように、選別したり、理解するだけでなく、「それに適切に対応する能力」が重要だと思います。私に足らないのは、その部分であると感じました。理解したうえで、その人のための何ができるのかを行動しなくてはいけません。その手本となるのが、子どもたちですね。子どもの観察力や洞察力には、いつも驚かされています。やはり、子どもから学ぶのは楽しいですね。

  3. 今回、対人知性という言葉を初めてしりました。言葉を介してのコミュニケーションが大切なのはもちろんですが、それ以上に相手の表情や雰囲気から心情や考えを理解したり、察することが重要なのですね。言葉を介さずに相手のことを理解するというのは何だか超能力やテレパシーにも似ているように私は感じてしまうのですが、実際に人類がまだ言語を使っていなかったような時期、そういったテレパシーにも似た意思伝達がなされていたという話を何かの本で読んだことを思い出しました。そのテレパシーは言語を使っていなかった分、人の表情や雰囲気を読み取る能力が発達したとことが理由としてあげられていたように記憶をしているのですが、そういった部分では言葉を話すことのできない乳児の方が対人知性が優れているということと、通じる点でもあるように感じました。表情や雰囲気で相手の気持ちを感じることがもっと出来るはずなのにそれが出来ないのは、言葉に頼りすぎている部分が多いからなのではないでしょうか。相手のことを理解するためにも、発する言葉以外の表情であったり、雰囲気や気配を感じ取ることを意識していく必要がありますね。

  4.  ダークセンス、人の気持ちを読みとる力、対人知性。どれも生きていく上で必要不可欠な力であることをひしひしと感じます。そして言葉のもつ意味合いの違いはあると思うのですが、本質的な部分で非常に共通するものを感じます。この地球に生まれ、人類として生きて来た理由、また、生きて行く理由にたどり着くこうとする考え方であると思います。
     子どもには空気を読み、時に突拍子もないことをしてその場を明るくしたりする力があると思います。それがすごい所は誰が教えたわけでもないのにそれができるという所です。やはりもともと備わっているものなのではないかと思わざるを得ないことが多々有ります。ダークセンス、人の気持ちを読みとる力、対人知性。改めて思うことですが、この力が赤ちゃんにあるということについて、疑いの気持ちは全く湧いてきません。

  5. 大人の私たちには見えなくても、こどもには見える、といった現象があります。これは目で見える、ということのみを意味しないようです。私たちは言葉、すなわち概念というものを持つことによって、それが無かった頃には持ち合わせていた何かを失ってきたのではないかと思います。言葉で物事を考える癖が常態化し、同時に「ダークセンス」という超感覚センスをなくしながら大人という存在へと変態してきたのでしょう。「対人知性」は乳児の時に優れているという見解はとても興味深いですね。確かに、乳児は親や兄弟、親族、保育者などの他人が存在しないと生きていくことが難しい単的な存在です。それゆえ、やってもらうために、あるいは己が身を守るために、「対人知性」感を人間の一生のどの段階よりも鋭くしている時期が乳児期なのかもしれませんね。「教科書の扉の写真」を取り上げて授業の教材にした先生を私は知りません。流石、藤森先生です。「そもそも」を考える先生ならでは取り上げ方であり、まさか「・・・みんなでぴょん、ぴょんと真似などしたら?」という意味で教科書製作者が教科書扉の写真を掲載するとは考え憎いですね。そもそもどんな意味があるのだろう、と考えると、乳児にも扉の写真にも相当の意味があることがわかってくるのでしょう。

  6. 言葉を使ったやり取りがまだできない赤ちゃんこそ、生きていくために相手の気持ちを察する能力が高くなければいけませんね。そのことを前提に考えると、大人こそが対人知性を磨く努力をしなければいけないことになりますし、だからこそ赤ちゃんの能力をよく観察してそこから学ばなければいけません。保育園の生活において、どうしても目に見える力に注目しがちですが、対人知性や自分のことを振り返る内的な知性をつけるための体験を大事にしていく必要があると思います。目で見ることが難しい、数値化することも難しい、そんな力の重要性をきちんと伝えていけるようになりたいものです。

  7. 対人知性という言葉を初めて聞きましたが、こらからはこのような力が求められるのですね。コミュニケーションと聞くと「自分の考えをきちんと主張する」ということは良く聞きますが、「他人を理解する能力」というのは聞いていたようで、今まであまり考えていなかった事柄です。藤森先生の授業の話は何度かお聞きしましたが、聞くたびに羨ましさを感じます。そんな授業をだったら私も寝ないで楽しく授業に参加していたと思うからです。子ども達の発想は面白いですね。

  8. ゛対人知性は、まだ言葉を話すことができない乳児において、最も優れていると思う゛まさに、乳児におけるダークセンスということを表しているかのようです。実際に私たちも実際にある文章や話し言葉から様々なことを感じ、そして、他人がどう思っているかを汲み取っていると思います。大人がコミュニケーション能力と思うと、社会で経験
    、体験から導きだされるような能力のように感じてしまい、乳児の持つ能力゛対人知性゛相手を観察し、読み取るより、さらに相手を見て心で感じるという表現が当てはまるような気がします。
    最後にあるひとつの事例からでも、子どもが持つ能力をいつの間にか、消し去ってしまう、関わり方があると思うと、他人の気分、気質、動機、欲求を選別する能力を失わないような私たちの役割も必要になってきますね。

  9. 他人のことを理解する能力〝対人知性〟は世界の中でも、特に日本人は得意なものだったのではないのでしょうか。
    少し前の東京でのオリンピックが決まった時に流行った『お、も、て、な、し』の心に近いのかなっと読んでいて思いました。
    この対人知性を赤ちゃんが1番優れているとなると、赤ちゃんを抱っこすると自然と心が和んだり、笑顔になったり、心地よくなるのは、もしかしたら、大人が赤ちゃんにこのおもてなしをされている状態なのではないのでしょうか。
    赤ちゃんの能力の素晴らしさを感じました。

  10. 藤森先生の小学校教諭時代のエピソード、素敵ですね。改めて子どもは、大人ではなかなか気付くことのできない箇所に気付ける能力を持っているように思えます。「対人知性」が生きていくうえで最も大切だと言われていることには納得です。社会で生きていく上で対人知性が備わっていないと表現の仕方が正しいかわかりませんが、「一匹狼」のように孤独で、自分の価値観以外を受け入れられなくなってしまう印象です。対人知性を育むには、どうすればよいのかをふと考えました。それは、「言葉では表さない心を理解すること」だと読んでいて思いました。言葉や行動は最も表現しやすく、受け取り側も受け取りやすい。しかし、そういった表立ったもの以外のもの、表情や仕草などからも読み取る必要があると思います。そう考えていると、一円対話形式の話し合いは、対人知性を育むための必要なスキルを習得する上でも大事なものだと感じました。そして対人知性は、異年齢児保育という環境下だと尚更育みやすいとも思いました。

  11. これからの人間の社会において「対人知性」というものが重要になってくるんですね。自分は人の気持ちを機敏に捉えるようにしようと思っていても、「適切に対応する能力」というものがまだまだ未熟であるように見ていて感じ、反省しています。しかし、赤ちゃんは本来の能力として備わっているんですね。今、社会ではコミュニケーション能力がない若者が多いといわれます、とんでもない事件も多く出てきていますが、どこでその部分が抜け落ちてしまったのでしょうか。
    保育や教育をするものとしては、こういった人の内面をどう育てるかといのはまさに人格形成の部分であると思いますし、本質の部分だと思います。一つ一つを真摯に考えていかなければいけませんね。

  12. 私自身、対人知性はある方なのでは?と勝手に思っていましたが、読み進めていくにつれ、まだまだだということがわかります。「この人の動機はなにか」「あの人はどう動くだろうか」「みんなと強調して動くにはどうすればいいのか」と細かく見ていくことで対人知性の中でも自信がある部分とそうでない部分、努力しようとしている部分が見えてきたように感じました。対人知性を兼ね揃えいるのが赤ちゃんというのは納得できますし、面白いですね。こちら側が赤ちゃんの気分、気質、動機、欲求を選別することの方を考えることはありますが逆となるとそれはもまた考え方が変わってきますね。最後にある小学校でのシーンというのが印象的です。「子どもは、人のこんな気分、動機を感じることができるのですね。」という言葉からもう少し現場でそのような対人知性を養うような関わり方はできないものかと考えながら保育をしていきたいと感じました。

  13. 「対人知性」という言葉は初めて聞きましたが、内容的にはなんとなくわかりました。落語家さんが弟子をとった時に、初めは落語を教えるのではなく、師匠の世話をずっとする。それは、相手がどう動くのか、何を考えているのかという所を、しっかりと見極めなくてはいけない。それができるようになって初めて、技を盗んだり、色々と教えてもらえるようになるというものですが、そこには相手の気持ちがわかるからこその「信頼」がうまれているということが大切なのだと思います。この「対人知性」も生きていくうえで最も大切だといわれているのも、きっと他人との関係性、つまりは「信頼関係」を作るために必要な能力だからなのですね。

  14. 「対人知性」これは確かに大切なスキルです。とくに就職をしてから、「対人知性」が重要と感じるようになりました。大学までの人間関係というのは自分と気が合った人としか付き合わないので、当たり前ですが円滑に進みますが、就職となると色々な人と出会い、中には自分とは全く正反対の人とも出会います。そんな時に「嫌だから仕事ができない」とは言えません。それこそブログに書いてあるように「この人の動機は何か」「あの人はどう動くだろうか」「皆と協調して動くにはどうすればいいのか」と理解する必要があります。藤森先生が1年生の担任の時に実践した理科の授業の一コマ。そういう質問によって子ども達が人の気分や動機を感じ取れるのですね。私たちが子ども達に何気なく掛けている言葉が「対人知性」を身に付けるきっかけになっているのかもしれません。

  15. 『対人知性の本質は、「他人の気分、気質、動機、欲求を選別し、それに適切に対応する能力」』とありましたが、藤森先生が講演でおっしゃっていた、「学生時代は気の合う友達同士で過ごしてればいいが、社会人になるとそうはいかない」というお話を思い出しました。社会人になるとたとえば気が合わない人がいた場合それこそその人が何を考え、何を求めているのかというのを理解しなくてはなりませんね。また、藤森先生の小学校の先生時代の話は、子ども自身に考えさせていることが多くそれこそが対人能力を育てていたのですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です