科学のための準備

私の園で、大きなガマガエルを捕まえてきて子どもたちが飼っていたことがありました。その時のエサは、爬虫類ショップで購入した生きたコオロギです。カエルを飼っているときの醍醐味は、捕虫の瞬間を見るときです。じっと動かないカエルの目の前にコオロギを置くと、しばらく微動だにしないカエルが、ある瞬間、すばやく舌を出し、コオロギを捕まえて口の中に入れます。その素早さと、その虫の捕らえ方を見ることができた子どもたちは、大興奮です。それを見た興奮は、その行動だけでなく、めったに見ることができないものを見ることができたということもあり、それが見たくてじっと飼育水槽を眺めている子もいます。夕涼み会の日、それを広く子どもたちにライブで見せようと、カメラを釣りつけ、その映像をパソコンを経由してプロジェクターから大きなスクリーンに映るようにしました。その意図が成功して、見事当日にカエルが捕虫する姿を、大きな画面で実況中継することができました。それを見ていた、テレビ局に勤務している園児のおじいさんが、テレビの科学番組よりもいい出来だったと褒めてくれました。

 いま、いろいろなツールがそろっています。インターネットにアクセスして大画面のディスプレイに映すことによって、科学指導を広げていくためにとても役に立ちます。それは、もちろん、今回、園で行ったように、本物のカエルが本当にえさを捕る姿を放映することができれば一番いいのですが、それが身近なカエルであれば可能でも砂漠に生息する生き物の場合は不可能です。しかし、遠い砂漠で野生の生き物の生活をしている姿を、ネットを介してみることができます。しかも、その生き物の口の中、下から、様々な視点から観察することは可能ですし、子育てなどの生活をいつでも見ることは可能になります。

 また、小学生になれば、パソコンを使ってデータを記録し、図にすることもできるようになります。パソコンに多少慣れている子どもなら簡単な文字も打てるようになります。しかし、だからといって、あまりパソコンに入っている画像を多用するのは避けた方がいいと言われています。それは、これらの画像は型にはまっていることが多いようですし、子どもが自分で描画して説明しようとする気を失くしてしまうことが多いからです。現代の子どもたちは、上手にパソコンを使いこなすことがでいます。ですから、子どもたちは、コンピューターで文章を作成し、自分で観察したことを図にして書き入れることができるようになります。そこで、私の園では、まず、観察したことを簡単な絵と、場所と、その特徴を紙に書き込んでもらった、自分たちで作った図鑑が展示されています。

いまに、それをパソコンで作るようになるでしょう。musizukanhyosimusizukan

 レッジオ・エミリア市の園では、アトリエスタという美術担当職員が、世の中の様々なことを絵で描き表わすよう子どもたちに体系的に働きかけているそうです。そうすると、子どもたちはとてもうまく描き表わせるようになるようです。

  私は、科学活動ではありませんが、小学校の1年生を担任していた時、1学期の間は本の読み聞かせをした後の感想を絵で描き表わせていました。それは、想像力をつけることと、文字を使うことへの意欲を高めるためにしていました。園の子は、紙芝居やテレビで話は絵とともに見ているために、どうしてもイメージを持ってしまいます。自分で感じたこと、自分で直接見たことを絵で描き表わしていたのは、科学の基礎だったのかもしれません。

科学のための準備” への16件のコメント

  1. カエルの捕食の瞬間のライブ映像、想像しただけでドキドキします。テレビなどの画面を通じてみる映像でも迫力はありますが、自分の目の前にいるカエルの舌であり、捕食の瞬間であるというのではまた違った迫力、臨場感のようなものがあるのかなと想像しました。ネットと子どもという関わり、活動に興味はありますが、具体的な方法があまり浮かんでこずにちょっと悩むこともありました。カエルの捕食は実際のカエルの姿をネットやパソコンなどのツールを使うことでより、感じてもらえるような工夫だと思います。このように普段見ることができない、目の前のことをより実感するための手段であったりするといいのかもしれませんが、ただ便利だからという理由でネットを多用するのは気をつけた方がいいのかもしれませんね。最近では「コピぺ」なんて言ったりしますが、それを多用することの弊害とも通じる部分があるのかもしれません。そうではなく、自分の手で表現するということもまた科学への基礎でもあるのですね。自分が思っていることを手で表現するということはその対象を想像したり、自分の思いが少し明確になったり、その対象への興味にも繋がるような気がします。そして、きっとよく観察しようとも思いそうですね。習字について調べていた時に、習字もまたそんな表現であるということを知りました。自分の手でということは大切にしていきたいなと思います。

  2. インターネットの普及に伴い、画面を通して見ることができるものが増える一方で、型にはまってしまうといった理由で「パソコンに入っている画像を多用するのは避けた方がいい」という意見もあるようですね。やはり、自分の目や耳など体で直接感じる“実体験”の重要性を説いているのだと感じました。以前のブログで、ドイツの小学校の授業に「カボチャ」の絵を描くシーンがありました。その際、実際にカボチャを見せながら、それを描かせるために、カボチャの詩を朗読し、カボチャのでこぼこした形状に似ているバナナを見せたりしながら、色の違いなどを伝え、まさに体系的に子どもに「カボチャ」を伝えている印象でした。コンピューターによって使用頻度が減っていく実体験を、意図的に企画したり、その重要性を保護者に説いていく責任も私たちにはあるようですね。写真にもあった「しぜんずかん」にように、何かいいものを自分で見つけた喜びと同時に、絵を描けるような環境があるのは、改めてすごいことなんだなと感じました。

  3. カエルの捕食、「食物連鎖」、実にすばらしい取り組みだと私も思いました。子どもも興奮したでしょうが、大人の私も、じっとして動かないガマガエルが捕食可能範囲に侵入したコオロギを一瞬、そうです、ものの1秒もかけずに、舌で捕らえて食べてしまう光景に驚きと興奮、そして私たち生き物の宿命を感じずにはいられませんでした。私も子どもたちも動きのあるものにはとても興味関心をそそられます。以前、園ではウサギを飼育していました。金魚も飼育しています。「かわいい」ということもさることながら、おそらく、子どもたちは、その動きを見るのが好きなのだろうと思います。モニターの中の映像ではなく、実際、手や指を伸ばせば触れられる範囲で動くもの、でも触ることに躊躇してしまうもの、そういった存在から受ける刺激の計り知れなさを思います。もう一つ、「本の読み聞かせをした後の感想を絵で描き表わせていました」、これ、園の活動の中でもできませんかね?私が絵を描くことが嫌になったのは、そしてわが子もそうなったのは、誰かに「評価」されたからのような気がします。それはともかく、耳で聞いて想像した世界を描画できたら、そして、そのことを繰り返し行う機会が持てたら、子どもたちは絵を描くことが好きになり、やがてデザイン力を増していくことでしょう。お話を絵で表現する、これは「絵画」の歴史に照らしてみれば、よくわかることだろうと思います。そして、この絵画力がやがて科学の世界で花開くのはレオナルドダヴィンチの例を持ちだすことでもないでしょう。

  4. 新宿せいが保育園で行われることのおもしろさは、もちろん保育の中にふんだんにありますが、それ以外の保護者の一言や関わりにもあると思っています。場所柄なのだと思いますが、テレビ局の人が保育を見た感想とか大学教授の物の見方とか、そんなことも同時に味わえるおもしろい保育園だと話を聞かせてもらうたびに感じています。今回はパソコンをどのように活用していくかということに関わってくる話で、これについては以前から「どのように捉え、どのように活動の中に入れていけばいいのか」を考えていて、でもまだ答えを見つけることができていません。今回のブログを読んでいて、どのように実際にパソコンに触れる場を作るかを考える前にすべきことがあるように思いました。就学前教育と同じで、早くパソコンに触れて使えるようにするのではなく、使うことになったときの思考を膨らませてくれるような体験について考えていくことも大事なんでしょう。

  5.  〝小学校の1年生を担任していた時、1学期の間は本の読み聞かせをした後の感想を絵で描き表わせていました。それは、想像力をつけることと、文字を使うことへの意欲を高めるためにしていました。〟というお話、以前何かの機会で耳にしたことがあり実はその時は意味がよくわかっていなかったのですが、この度のブログを通してはっきりと理解することができました。藤森先生著『こくごのはじまり』の中で、文字を書くに至るまでのプロセスが具体的に紹介されています。迷路をなぞることが文字を書く上での筋肉を発達させることを知った時はとても衝撃的でした。それと同じように、この度の〝絵で表現する〟ということも、文字を書く上で必要な体の発達として迷路があるように、「文字を書きたい!」という意欲、心の発達として〝絵で表現する〟という段階を経ることが、より文字を書いた時の楽しさにつながるということであると思います。迷路や絵は子ども達の大好きなあそびの一つです。それが文字につながる為に必要なものであることを知ると、改めて子どもはあそびの中から学んでいるのだという思いを強くします。大人もきっとそうですね。人間は楽しいことの中から多くを学ぶもののように思います。
     カエルの捕虫はとても見応えのあるものでした。当時iPhone6が発売されたばかりで、その中のスローモーション機能が楽しく、ある職員が捕虫の瞬間をスローモーション機能を使って撮影することに成功しました。ゆっくりと虫の方へ体勢を整えたと思いきや、スローモーションでも速いと感じる程に「シュッ!」と出てくる舌。かわいい顔をしたカエルの野性味、ワイルドさを感じるものでした。

  6. 当園では金魚しかいないのですが、エサを食べる瞬間を見るだけでも子ども達は夢中ですので、カエルの捕食の瞬間となると、子ども達の興奮は凄いと思います。また、私も文章を読んだだけでワクワクします。感想を書くとなると、どうしても文章で書いた方が「賢い」「頭がいい」と思いってしましますが、科学の基礎と考えるとまったく違った感想になります。以前、藤森先生に「パソコンは手段であって目的ではない」という言葉が印象に残っています。どれだけパソコンを上手に使えても何を作るか、何かを書くかが重要です。そこを上手く伝えることが私の課題でもあります。

  7.  見学の際に自然図鑑を拝見して感動したことを覚えています。子ども達は身近な自然をしっかり観察し、丁寧に描いていました。発見して喜んでいる姿、楽しそうに観察している姿、それを張り切って描いている姿が目に浮かびました。なぜそれが出来たかを考えた時に、それはきっと図鑑として自分達の発見をまとめるという動機から来ているのではないかと思いました。その環境をさりげなく用意する先生に感銘を受けるとともに、子どもの発見力や観察力はこういった取り組みで高めることができるのだと学びました。まさに科学活動ですね。話は変りますが、本文中の爬虫類ショップとはおそらく中野区のお店ですね。実は私も利用しています。私もそこでアマガエルとレッドローチ(生き餌)を購入して保育園で飼育していました。毎日何度も園児が餌やりをせがみ大変でしたが、目の前で見る補食シーンはそれだけエキサイティングなものだった様です。誤って生き餌をこぼした時は捕まえるのに大騒ぎしたことを思い出します。

  8. 以前、新宿せいが保育園にお世話になったときに、カエルをみる機会がありました。捕食シーンを観ることはできませんでしたが、数日いたなかで毎日こどもたちが水槽の中にいるカエルに目を光らせている姿が印象的で覚えています。そして、近くにいて私がカエルを観ているとこどもたちが近くにきてカエルの説明をしてくれるんです。話を聞いていると私自身、興味がわいてきてカエルの捕食シーンを観たいと思いました。
    子どもからの発信で心が踊るというのでしょうか。これが好奇心の芽生えにもなるんだと改めて思い、同じものを共視したり、体験することで私自身にも新たな発見をすることができ、その同じものを共にというとこからも人的環境として役割を感じました。

  9. 「自分で感じたこと、自分で直接見たことを絵で描き表わしていたのは、科学の基礎だったのかもしれません」とありました。子どもの頃の私は絵を描くのが好きで、身近に生き物が多くいたという環境もあって一時期、動物や虫の絵を夢中になって描いていたことがありました。その時もそうだったのですが、実際に目の前の生き物を見ているからこその発見や気づきがあり、感動がありました。そんな私が今ではパソコンやインターネットの普及もあって、ちょっとしたイラストや画像でも、ネットから画像データなどを引っ張ってきてすませたりと、簡単なものであっても目の前の物を描くことをしなくなってしまいました。パソコンは確かに便利ですが、その便利さによって失う発見や体験というものもありそうですね。なんでもそうですが、バランスというものの大切さを感じます。ところで、カエルの捕食ライブですが、想像しただけでワクワクしてしまいました。もしもその現場にいたとしたら想像以上の興奮と感動を得ることができたにちがいありません。カエルの捕食という点にスポットをあてたところはもちろんのこと、様々な機材ややツールを上手く駆使することで、子どもの好奇心を更にくすぐるような取り組みができるということに気づかされました。

  10. カエルの補食の実演、子どもたちが食い入るように見ていたのを覚えています。そして、なによりそれを子どもたちに見せたときにどんな表情をするのかとわくわくしている先生たちの様子を思い出しました。なによりも子どもたちと一緒に楽しむということは子どもたちの学びや何よりも意欲に大きく作用しいたのを思い出しました。今の子どもたちはパソコンを使っての作業も上手にやっていまうという印象があります。自分自身も兄と一緒にパソコンを使い始めたのは小学生の頃だったなと思うと、あっという間にいろんなことを作ってしまいそうですね。とはいえ、パソコンの画像は確かに型にはまったものですね。自分で描写することに比べると情報は少ないでしょうね。自分で描写するためには、造形を思い出したり、観察しないとできません。それは眺めて、そのまま使うことよりは描写する方が大きく理解が違うでしょうね。図鑑やレポートを作ることを目的にするのではなく、そこでどういったことを感じて欲しいのかそのことを忘れてはいけませんね。

  11. カエルがエサを食べる瞬間は、実習に行かせていただいた際に見ることができました。しかも、携帯のスローモーション機能を使い、カエルの舌が伸びていくのも見せて頂きました。
    自分も子どもも、そして、見せてくれた新宿せいがの職員の方も興奮して見入ってしまいました。みんなでカエルの食事を目の当たりにし、高ぶる気持ちを共有した時間でした。
    このようなみんなで一つのものを共視し、気持ちを共有できる環境があるところに、新宿せいが保育園の魅力を感じるとともに、学ばせて頂いたひと時でした。

  12. 今年度の学童でもカエルを飼育していた時期があります。今回の内容と今年度の学童の飼育の様子で異なる点は、学童は小学生が対象ということもあり、餌となるコオロギを子どもたちと一緒に捕まえてくるところです。捕まえてきたコオロギをカエルの目の前に置き、捕食の瞬間を子どもたちと何回も一緒になって驚き、共感していました。飼育だけに限らないことですが、自分が、自分たちが飼育対象にできることをして、飼育をしていると実感できる取り組みも大切であるように思えました。また、飼育をするということは、餌を賄ってあげなければいけなく、それを飼育者である子どもたち自らで獲りに行くことは、飼育をすることに対する意識の向上に繋がったと思えます。この点からも今回の内容からも、知りたいことをネットで簡単に知れてしまう現代だからこそ、思い込みや刷り込みを覆せたり、再確認できる実体験が大切だと思えました。
    夕涼み会のカエルが捕食する生中継は、子どもたちにとっても保護者の方々にとっても、とても面白く、共感し合えた良き機会になったことが伝わってきます。その後、家庭でどのような親子間の会話があったのか、どのように発展していったのかが気になります。このようなその後の発展を意図した取り組みを今後行っていけたらと思いました。

  13. やはり、実体験というのは子どもたちにとって一番五感をフルに使えることになるようですね。ただ、ネットでなにもかも観れる時代になってきたからこそ、ある程度ネットで検索してみて視野を広げるという方法もありかもしれないですね。あくまでも使いすぎないということを意識する必要があります。そこは注意しながらネットを使っていき、実体験と想像の世界のバランスをうまくとっていく必要がありますね。時代が進むと自分たちの図鑑を自分たちでパソコンで打ち出すようになることを想像するとそれはそれで魅力的な作品にもなりそうです。また最後にあるように子どもたちはなんでもかんでもテレビや、図鑑、絵本などで様々なもを見て、想像はできていますね。なので読み聞かせという自分で想像することを大事にすることでより、科学への意識も高まっていきそうですね。読み聞かせからの絵日記、実践していきたいと感じます。

  14. 今でもガマガエルの捕食シーンは忘れられません。ずっとテレビの世界だと思っていたのが自分の目の前で行われた時の感動はこのあとの人生でずっと忘れることができないでしょうね・・・そして妻には嫌がられるかもしれませんが、我が子にもいつか見せてあげたい映像です(笑)
    図鑑で静止している絵しか見れませんが、インターネットの普及により動物や昆虫の動きを簡単に見ることができますし、日本では見れない動物、昆虫も簡単に見ることができます。そういう意味ではインターネットというのは役立ちますし、子ども達の興味を広げる手助けになります。しかしブログにも書かれていますが、やたらネットに頼るのもいけませんね。実際に見つけた場合は大きさも違いますし、色ももしかしたら弱冠違うかもしれません。私も想像して描く事が苦手です…ですのでちょっと子ども達と一緒に想像力を磨いてもいいかもしれません。

  15. 身近なカエルですら、科学のチャンスは隠れているそんな気持ちを持ちました。私も先日、動物園に行ったのですが、開演と同時に見に行くと、動物たちがあまりに動いている様子に驚かされました。何より驚いたのはパンダがとても動くということでした。なんとなくパンダというと見てる方が大勢で、パンダは全く動かないというイメージでしたが、朝のパンダは違います。多少の人だかりはできていますが、パンダの方が動いているという感じです。もしかしたら、ナイト動物園はもっとすごい光景が待っているのかもしれませんね。子どもたちがどう感じるか、そんなチャンスを増やしてあげたいですね。

  16. 自分たちで作ったこういった図鑑は本当に素晴らしいものだと思います。絵や画像だとどうしても瞬間的にイメージが固定されてしまうので、同じものを上手に描こうとしてしまうという事が私自身小さい頃にありました。散歩などに行き、直接そのものを観たままのイメージで描くとその子自身が感じ取ってきたものを思い出しながら描くので、印象に残った部分がはっきり出るところが個性的になり面白いと思いました。また、藤森先生が行った本の感想を絵で表すというのは面白いですね。それもまた、本のストーリーの中で印象に残った部分というのはそれぞれだと思いますし、同じ場面だとしても捉え方が違えば絵の書き方も変わってくるのでしょうね。そういった狙いや準備などが大切なのですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です