実施基準

 学校給食は、どうしても栄養摂取が目的の中に入ってしまうのは、仕方ないようです。それは、栄養に無頓着な家庭もあるからです。先日も、ある家庭では、子どもにはジュースとお菓子だけ与えていると聞きました。また、私が教員をしていた時のクラスには、毎日学校給食しか食べさせてもらえない子がいました。その子は、土、日は大変で、近所の人たちがかわいそうだと言って、食べさせてあげていました。その子にとっては、給食が命綱でした。これらは、何も戦後すぐの話ではないのです。

 そこで、学校給食には「学校給食実施基準(第8条)」が定められています。そこには、学校給食法の趣旨にのっとり、学校給食が適正に実施されるよう、学校給食の実施回数、児童又は生徒の平均栄養所要量等について規定されています。この基準は、学校給食法が制定された昭和29年に既に定められていましたが、学校給食法の条文上には規定されていませんでした。それが改正されたものでは、第8条において、文部科学大臣が策定する旨を明記し、学校の設置者は同基準に照らして適切な学校給食の実施に努める旨を規定しています。

 平成21年に出された「学校給食実施基準の施行について」の通知では、学校給食における摂取基準について、基準が書かれてあります。まず、「学校給食摂取基準については厚生労働省が定める「日本人の食事摂取基準(2005年版)」(以下「食事摂取基準」という。)を参考とし、その考え方を踏まえるとともに、文部科学省が平成19年度に行った「児童生徒の食生活等の実態調査」(以下「食生活等実態調査」という。)結果を勘案し、児童生徒の健康の増進及び食育の推進を図るために望ましい栄養量を算出したものである。」と書かれてありますが、留意点として、「児童生徒の1人1回当たりの全国的な平均値を示したものであるから、適用に当たっては、個々の児童生徒の健康状態及び生活活動の実態並びに地域の実情等に十分配慮し、弾力的に適用すること。」とされています。

 しかし、具体的な数値が示されると、どうもそれが義務と捉えられてしまうのは、保育の世界でもよくある話ですね。学校給食摂取基準についての基本的な考え方が例えばこのようにしまされています。「エネルギーについては、学校保健統計調査から児童生徒の標準体重を求め、食生活等実態調査結果を参考として、身体活動レベル1.75を用いて算出した1日の必要量の33%とした」また、「たんぱく質の推奨量が“第6次改定日本人の栄養所要量”より低い値となっている。しかし、主菜の量、児童生徒の嗜好及び学校給食においてカルシウムの供給源としての牛乳が通常毎日提供されていること及び食生活等実態調査結果などを勘案すると、基準値は現行程度が適切と考えられる。よって、食事摂取基準の推奨量(1日)の50%を基準値とした。また、高たんぱく質・高脂質の食事嗜好を助長しないよう食事摂取基準の推奨量(1日)の33%から食生活等実態調査結果の摂取量1日分の40%を範囲とした。」他にも、「脂質」「ナトリウム(食塩相当量)」「カルシウム」「鉄」「ビタミン類」「マグネシウム及び亜鉛」などの食事摂取基準の推奨量(1日)が示されています。

 とは言え、日本人は、「弾力的」とか、「柔軟に」とか、「創意工夫」とか、「実情に合わせて」というような対応は苦手なようですね。それは、「一斉、画一」の教育をされてきた影響でしょうか?