米食

  アメリカのパン食へのキャンペーンが確実に人々の間に浸透していったのです。それが、いかに浸透していったかの例を、酒井さんは紹介しています。それは、昭和33年(1958年)の朝日新聞連載漫画「サザエさん」の一コマです。夕食の食卓を囲んで、フネが波平にご飯のお代わりの盆を差し出しながら、「アラ、たった1ぜん?」と問いかけるのに対し、波平は「いらない。米食は長生きしないらしい」と答えている場面があるそうです。ちょうど、私が小学生の時のことです。

  また、昭和39年に、アメリカのマクガバン上院議員が語った言葉も紹介しています。「平和のための食糧法を通して米国農産物になじんだ膨大な人々の地域が大食糧市場になった。米国がスポンサーになった日本の学校給食で、米国産のパンやミルクが好きになった子どもたちが後日、日本を米国農産物の最大の買手にした。」

  さらに、酒井さんはこんなことを指摘しています。米飯はそれだけでもおいしく食べることができますが、小麦粉は基本的においしくない食べ物で、小麦粉だけではとても食べることができません。そんなわけで、小麦粉を食べる場合には、イーストの発酵によって香りをつけてパンにしたり、麺に加工して汁の味で食べるなど、小麦粉プラスなんらかの香味という形で食べざるをえないのです。米と小麦の両方が収穫できる地域では、世界中のどこでも、経済的にゆとりが生まれてくれば、価格とは関係なく必ず小麦粉食から米食へと消費が移っていくと言います。このように世界的な食生活の推移を見ても、小麦粉食から米食へ転換する地域はあっても、いまだかつて米食から小麦粉食へ転換した地域や民族はないと言います。

  このように小麦粉食から米食へという世界の穀物消費の傾向がある中、現在の日本では大掛かりな米食から小麦粉食への転換の実験が進行中であるといえるようです。広く普及している学校給食は、アメリカの食糧戦略の上に成り立ったものだったのです。その結果、現在では米飯給食の機会がふえたのはいえ、いまだにパン食から抜け切れない学校給食によって、世界の食文化史上に類をみない食生活変換の実験が進行中だという事になります。

  しかも、改訂を繰り返してもなお、「乾燥脱脂ミルクの利用について」が取り決められています。そこには、「学校給食に乾燥脱脂ミルクを利用することについては、特にこの法律には規定していないが、文部省においては従来どおり学校給食のために利用する方針であり、乾燥脱脂ミルクの輸入および配給等については、財団法人日本学校給食会をして、できうる限りの便宜の方途を講じさせることになっているから、その利用については従来どおり指導されたい。」と書かれてあります。どこまでが子どものためなのでしょうか?

  では、米飯食にすれば問題はないかといえばそうではありませんでした。明治に入って日清日露戦争を通して富国強兵政策が行われます。そのために日本の軍隊は、陸軍やフランス式、海軍はイギリス式と定められて発足します。このあたりは、司馬遼太郎の「坂の上の雲」についてにブログでも紹介しました。そのような洋風化の中で、食事は米飯が中心でした。しかし、日頃から麦飯しか食べていない農民から兵隊志願者を募るために「軍隊に行けば白米の飯が食べられる」という謳い文句で訴えました。そのように、軍の給食には米飯を主食とする定量定額方式という給食方式が採用されました。

  そこには、違う問題が発生したのです。

米食” への17件のコメント

  1. 米飯に代わってパン食が日本人の食の部分を占めるようになったのは、やはり第二次世界大戦敗戦後の米国占領とその後の米国追従施策の結果でしょうね。このこと一つとっても戦争はいくら正義とはいえやってはいけないことなのだとわかります。さて、私は、米食中心なのですが、米飯はそれだけでも食べられます。最近は時々贅沢をして少々お高いお米を購入して頂いています。ガス釜で炊きます。とてもおいしく頂くことができます。日本各地のお米を試してみます。おいしい米飯を頂くと本当に幸せを感じますね。パンも焼きたてのものはおいしいと思いますが、ご飯のように「おかわり」とはいきません。肉食を止めて穀菜食にしようかと思う今日この頃です。そして、小麦粉食を辞めて米や雑穀にしようかとも考えていますが、まぁ、前回も述べたように「適当」に「バランスよく」を心がけなければなりませんね。時には麦飯や玄米食の取り入れながらバラエティーに富んだ食卓づくりにも心がけたいですね。そして、やはり食べることを心から楽しみたいと思います。

  2. 給食の変化や影響をブログからいろいろと教わってきましたが、「広く普及している学校給食は、アメリカの食料戦略の上に成り立ったものだったのです」という言葉には驚いてしまいます。大切な食事のひとつである給食に戦略的な思惑があったというのはちょっと怖いなとも思ってしまいます。小麦粉をつかったものはわたしたちの周りにあふれていますね。さすがに夕食でパンが出てくることはあまり経験がありませんが、パンを食事として捉えることはもはや普通な感覚であります(特に朝食や昼食です)。それがいけないとは思いませんがやはり適度にしておかなければいけないのかもしれませんね。学校給食でもパンは頻繁にでていました。きな粉揚げパンなどもありました。当時は子どもながらにそれが嬉しくてたまりませんでしたが、今思えば決して健康的なものではなかったのかもしれません。軍の米飯給食ではどのような問題が発生したのでしょうか。お米も食べ過ぎはよくないとは思うのですがそのあたりと定量定額という部分がつながるのでしょうか。またまた気になります!!

  3.  確かにパンにはバターやジャムをつけますし、何かを挟んで食べます。パンそのものの味わいを言う人もいますが、少数派と言えそうです。小麦粉料理ということで、お好み焼きやたこ焼きを連想しましたが、それもソースやマヨネーズなどのたれの味が主立った味わいであると思いますので、やはり小麦粉本来の味を味わうものとは言えなさそうです。それだけでもおいしく食べることができるものとしては、やはりお米を超えることはできないように思います。
     米と小麦の両方が収穫できる地域では、世界中のどこでも、経済的にゆとりが生まれてくれば、価格とは関係なく必ず小麦粉食から米食へと消費が移っていく中で、日本は意図的に、つまりアメリカの食糧戦略によって、今の食習慣、食生活が作り上げられていったことになります。自分の嗜好すらも戦略によって培われたものだとすると、自分を疑いたくたくなるような懐疑的な気持ちになります。戦後レジームからの脱却と謳い、憲法を同盟国の為に改正している場合ではなく、もっと根底にあるものについての脱却を促してく必要があるのではないのでしょうか。政府の政策が何ら国民の為にならないことに比例して、子どもの生活をどんどん蝕んでいっているような気がしてなりません。

  4. 米はそのままでも十分にいけるが、小麦に関しては、パンにしたり、麺に混ぜたりしないことには使うことが少ない気がします。
    私自身は、米派なので、三食あるうちの2食は米でないと落ち着きません。そして、今更ながら、小学校時代を思い出すと、米と同じくらいパンが出てくる数が多かった気がします。
    そして、米飯給食の機会がふえたのはいえ、いまだにパン食から抜け切れない学校給食によって、世界の食文化史上に類をみない食生活変換の実験が進行中だという事は、食べなれてしまい、味覚自体も小麦の味を好むようになったということでしょうか。気になります。

  5. パンは基本的にパサパサしているため、油で口の中をコーティングしてあげないことにはうまくのみ込むことができません。だからバターやマーガリンが必要となったりソテーなどの油を使った副食と一緒に食べるようになったりと、食事全体が変わってくる大きな要因になりますね。最近は食パンにも既にバターやマーガリンが練り込んであるため、何も塗らなくてもしっとりとした味わいで美味しく食べられるようになっています。こうしたことも教わってようやく知ることができたわけで、気づかないうちに大きな流れができているみたいです。単に大人の都合でしかないことを子どものためと言ってしまっていることはないだろうか、点検は必要だと思います。前日の続きになりますが、食に限ったことではなく様々なところで起きていることですね。

  6. 現在、我が家では妻の実家が農家でお米を作っているため、スーパーで米を買わずに毎日美味しいお米を食べています。自園でも無農薬の美味しいお米がでていて、自分は美味しいお米ばかりを食べています。とても幸せなことです。そのせいか、保育園のランチでパンがでると、少しがっかりしてしまいます。自分は完全なお米派だと思っています。
    自分が子どもの頃に、日本は米の凶作から海外の米の輸入に踏み切ったことがありました。あの時のお米のおいしくなさに驚いたのを覚えています。でも、それでもパンよりお米を食べていました。お米を超える主食はこの世にはないような気がするのですが、このような考えは日本人らしいのでしょうね。

  7. 近年、ファストフード店(飲食チェーン店)の出店といえば、ハンバーガー・ピザ・ホットドック・サンドイッチ・ドーナッツなどの小麦粉を使用した店が多いことに気がつきます。安価で短時間で調理ができること、手軽でどこでも食べることができることなどによって、支持を得ているのだと思いますが、これによって社会も変貌を遂げているのだと思います。生活スタイルそのものが、時短・安価・手軽を求めているにも感じます。これもアメリカから広まったものだと思います。また、“将来の消費者=子ども”に向けての様々な戦略に各社力を入れている印象があります。玩具を付けたり、安価にしたりと、給食における将来の食生活の基本となるような効果にも似た、幼い頃からその味に親しませるといった狙いも存在していそうです。このように、増々米食離れが進んでいる一方、もともと日本人に合った食文化は何なのかといったところから考えていかなければいかないのですね。そして、そんな米飯がもらたらした“違う問題”ですが、“栄養の過剰摂取”といった視点が浮かび上がってきそうです。

  8. これぞ日本の頑固親父とも言えるあの波平が「米食は長生きしないらしい」と言い放つ姿が全く想像できません。国民的アニメにまで巻き込んでいたのですから、国を挙げてのキャンペーンだったと言えますね。そして、その名残が未だにあること自体に驚いてしまいます。私が小学校の頃に食べていた給食でも、だいたい1日ごとに米飯とパンが交互に出ていたのですが、そのパンが苦手だったことを憶えています。よく出ていたのがコッペパンと呼ばれるもので、そのパンのモサモサとした感じや、口の中の水分を全て吸われてしまうような感覚が苦手で、毎日米飯の方が良いのにとよく思っていたのをおもいだします 。その当時は何も感じずに食べていた給食が、実はアメリカの食糧戦略の上に成り立っていたということを知り、また一つ、給食に対しての見方が変わりました。

  9. ちくわとがんもと大根とこんにゃくのおでん風煮込みに胡瓜とキャベツの塩もみ。それになんとコッペパンとマーガリン。アルマイトのどんぶりサイズ茶碗に脱脂粉乳という地獄のメニューがありましたです。
    東京オリンピックの頃から大阪万博くらいの頃です。
    当時は絶対に給食に米飯がありませんので、カレーも「カレーシチュウ」と称して食パンつけて食べまする。
    わたくしの子供の保育園の保護者役員のときに給食試食会にお呼ばれしましていただいた給食にカルチャーショックを受けたことがありました。
    完璧な和食だったからです。
    いまでも「ライスカレー」好きなのは当時給食で数少ない好きなメニューだったカレーシチュウの影響でしょうか?
    そういえば、いつも長男のお嫁さんに「ライスカレー」じゃなくて「カレーライス」ですと怒られます。
    昭和は遠くなりにけりであります。

  10. 庶民に小麦粉食を進める戦略として新聞連載漫画を使ったりしていたのですね。そういった手法は現在ではテレビやネットなどのメディアを通して一部の都市伝説かと思っていたのでが、本当にあった話しだったのですね。そして、「乾燥脱脂ミルクの利用について」が書かれてありましたが、法律として記載されていないながらも改定を繰り返してもなお「従来通り指導されたい」ということなのですね。使うことがアメリカとの暗黙の了解となっているのか、アメリカの食糧戦略の上になりたったこの食文化は本当に「どこまでが子どものためなのでしょうか?」と考えてしまいますね。

  11. 波平さんが「いらない。米食は長生きしないらしい」とい云ったことに対して当時の視聴者はなんの反応もしなかったのでしょうか。マンガだからということでなんともなく聞き流したのか。今考えたら不思議ですね。大人の都合で子ども達の給食が左右されるのはあまり納得できませんね。本当に必要なのはどんなことなのか、やっぱり見直すことがあるような気がします。私はあんまりパンを食べないのですが、タレやソースが塗ってあると食べたくなります。パンを食べないのは小麦だけでは基本的に食べにくいという理由があったのですね。初めて知りました。

  12. 明治では、兵隊志願者を募るために日頃から麦飯しか食べていない農民に「軍隊に行けば白米の飯が食べられる」という謳い文句で訴えていたのですね。麦飯と聞くと白米よりも体に良い印象を持っています。調べてみると、「白米」を「麦ごはん」に代えれば、期待できる健康効果が多くあるそうです。特に、高血糖、高血圧、高コレステロール、便秘、憩室炎の改善やダイエットが上手くいかない人に効果があるとありました。それを考慮すると、確かに味で選べば白米ですが、健康面では麦飯ということで、明治では白米が普及しきれていなかったことが伺えるので、白米食すことに対する憧れがあり、皆軍隊を志願して、軍隊では以前まで麦飯を食べていた量をそのままに白米を食べ、体のメンテナンスが重要な隊員の方々に栄養の偏りが出てしまい、逆に士気が下がってしまったことが、軍隊の給食には米飯を主食とする定量定額方式という給食方式が採用したことで起きてしまった問題なのかなと考えました。

  13. 朝日新聞連載漫画のサザエさんからまことしやかな説が影響しているというのがわかるというのは面白いですね。そのような説を信じる習慣のようなものがあったのでしょうね。「広く普及している学校給食はアメリカの食料戦略の上に成り立ったものだったのです」とあるようように第二次世界大戦後から米ではなくパンも普及していったことが今までのブログを読んでいてわかります。その影響を今も受け続けパン食から抜け切れない、食生活変換の実験が進行中というのは、以前のことを知り始めると少し寂しさも生まれ、なんだか考えてしまいますね。普通に給食で食べていたパンを思い出します。喜んで食べていたので少し複雑な気持ちにもなりますが、美味しいのでそれはそれかなとも思っています。軍の給食は米飯が中心だったのですね。戦うために力をつけなければいけないということでしょうか。どんな問題が起きたか気になります。

  14. 米と小麦の両方が収穫できる地域では、世界中のどこでも、経済的にゆとりが生まれれば、価格とは関係なく必ず小麦粉食から米食へと消費が移るとあります。日本の場合、小麦の自給率は15%程で、ほとんどを輸入に頼っています。また、日本で生産しれた小麦は、うどんなどの日本めんに用いられます。つまり、パンなどは海外の小麦で作られているということです。なぜ、小麦を輸入してでもパン、つまり小麦粉食にこだわっているのでしょうか。アメリカの思惑があったにしても、お米が生産できて、それを主食としてまかなえるのに、お金をかけて小麦を輸入して小麦粉食へと移す必要はないと思います。しかし、日本はブログに書かれているように、小麦粉食への転換の実験が進行中ということですね。

  15. まさかアメリカンの戦略が国民的マンガの「サザエさん」も浸透したとは・・・少し怖くなりました。小学校~中学校まで給食を食でてきましたが、今はさすがに当時のアメリカン戦略の名残はないと思いますが、少なくとも給食にパンが出るようになったのはアメリカの戦略は確かな事実です。いま、保育園の給食でもパンは出ますが、週に一回です。その時はパンか麺のどちらかですが、小麦粉を使った物です。ただパンの時はやはりお米の時よりも腹持ちが悪いでのすぐにお腹がすいてしまいます。もしかしたら、これも戦略の一つかもしれませんね。腹持ちが悪ければたくさん食べます。そうすることでパンの消費量も増え、小麦粉も使用します。と考え過ぎかもしれませんが、なんだかブログを読んでいて自分も戦略に見事にはまっていたと思うと、疑ってしまいます。しかしパンにはパンの良さはあると思います。最終的にはいつも言うようにバランスが大切なのかもしれません。

  16. 「サザエさん」において、しかも波平さんという日本を代表するお父さんがそんなことを言っているとは知りませんでした。その発言に対してその当時の人たちが、どんな反応をしたのか気になります。それだけ日本に置ける小麦は大きなインパクトだったのですね。
    世界の主食、小麦、いも、米を想像してみましたが、確かに米から小麦粉とに代わるというのは聞いたことがありませんね。アメリカの食糧戦略が日本において大きく影響しているしるしですね。
    米飯食中心のスタイルでどんな問題が起きたのか気になります。

  17. 確かに考えてみると、ご飯はそのままでも食べることができますが、小麦は何か加工して食べないと食べることはできませんね。そして、「広く普及している学校給食は、アメリカの食糧戦略の上に成り立ったものだったのです。」という内容です。思えば、私が小学校の給食を食べていた頃、ご飯よりもコッペパンのほうが出てくることが多かったように思います。今の学校はそうではないのかもしれませんが、食生活の変換実験というのはそれほど昔の事ではないですね。考えていくといろんなことが浮き彫りになってきますね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です