改善の苦労

  海軍軍医、高木兼寛は、壬午事変の際、派遣された軍艦の惨状を目の当たりにし、研究した結果、医務局長を通じて川村純義海軍卿にある案を上申します。それは、「2・3年の間、3隻の軍艦に限り洋食を支給し、他軍艦は従来通りとする。そして、脚気病調査委員会を置き、両者の結果を調査比較してみる」「金給制度の改見直し」でした。それに対して部内からの回答は、「食事の問題は長年の嗜好・慣習が染みついており、変更が容易でない」「洋食への切り換えは予算の増大を見る」でした。このような回答は、なんだか時代が変わっても変わらない気がします。同時に、将校はじめ主計官等からの同意も得られませんでした。結果、高木案は不採用になりました。

  しかし、日々患者は減らず、死者も増えていきます。そこで高木は海軍医務局独自で、米食と洋食の比較調査を行うことにしました。そしてその調査で洋食に分がある結果を得て、仁礼景範中艦隊司令官に比較調査と同じ洋食の献立を実施してくれと要請します。しかし、この要請も却下されてしまいます。その中でも、川村海軍卿から現在の食品やその支給方法の調査、その費用の調査などが依頼されます。そして、遠洋航海に出ていた練習艦龍驤の事件が起こりました。それは、練習艦龍驤で、乗員数が371人のなかで、脚気の延患者数が396人にも達したのです。

  そのような状況の中、高木は「脚気病調査委員会」設置を要請し、直ちに認可され委員会が発足します。同時に、高木は政府筋の人間にも幾度となく脚気対応の話をしました。その執拗な嘆願に、伊藤博文が、「そこまで言うのなら、御上に腹蔵なく意見を申し上げろ」と言ってくれました。実は明治天皇も脚気に苦しんでいたのです。高木は、天皇に脚気は食物に原因が有る事、海軍の脚気を撲滅するには兵食改革が必要な事、それには天皇の英断が必要である事を奏上します。そして、明治天皇に賛同されます。その後、海軍としても消極的な態度を取る事が出来なくなります。

  彼はまず、兵食の洋食化を進めようとします。しかし、嗜好の問題もさることながら、予算が増大します。そこで、彼は現行制度の改善から着手します。それは、「食料改良乃義上申」を上申し、その中で金給制度の改善をしていきます。その提案は、「食費の全額消費」「食料改良」です。これが元になって、翌年に「艦船営下士以下食糧給与概則」が制定、施行されています。この内容は、「下士以下の食料は定則金額の現品給与(金給制度廃止)」「食料品の種類の規定」というものでした。

上記制度が施行された直後、練習艦筑波が航海演習に出ます。この筑波艦で脚気予防試験を行いました。航路は先の龍驤と同じで航海日数もほぼ一緒です。すると、乗員数333人に対し、脚気患者延べ16人(日数14人)。死者0人だったのです。しかも、この患者中8人は肉を、4人はコンデンスミルクを飲食していませんでした。という事は、決まった食事を取らなかった人間が脚気にかかっていたのです。

  そうは言っても、なかなか洋食にはなじめません。肉食に抵抗するだけでなく、乗員軍艦の四囲にはパンを放棄して、それは、カモメが浮いている様だという報告が来ます。そこで、高木は新しい対策を考えます。それは、パン食の代わりに麦飯の採用でした。その結果、海軍では麦飯が給与されることになります。海軍における主食は、白米、麦飯、パンの混用になります。そして、海軍では、明治18年で脚気はほぼ消滅することになりました。

  では、陸軍では、どのような動きがあったのでしょうか?

改善の苦労” への17件のコメント

  1. 本文を読んでいてまず思ったのが、“高木氏はよくあきらめなかったなぁ”ということです。行動を起こす度に却下され続けても、自分がやらなくてはという「海軍医務局」としての責任があったのか、それとも、大切な人を救いたかったのか分かりませんが、間違いなく高木氏は、“オプティミスト”であっただろうなと感じました。また、せっかく支給されたパンを放棄してしまう背景には、何があったのでしょうか。日本男児として、パンを食べるなら我慢した方がよいといった考えが主流であったのでしょうか。そこからも、食生活の改善・習慣からの脱却というものがいかに難しいのかを物語っています。そんな中、筑波での航海演習での結果は嬉しかったでしょうね。目に見える数字として、脚気への対応が分かれば、これまで批判していた人たちも賛同するしかないでしょうね。しかし、それが陸軍ではどうであったのかと考えると、さらに一難がありそうですね。「海軍軍医」という肩書きがあった海軍ですが、陸軍ではどうだったのか気になります。

  2. 何かを変えるということに積極的ではない人や集団はありますね。今までにないようなことをやってみたり、試してみようと思うことはとても楽しいことだと私は思うのですが、なかなかそういう人ばかりではありませんね。それは私が何も考えていないからでしょと言われればそうなのかもしれませんが、できそうもない理由を探すよりも、やっていく中でこうしたほうがいいんじゃないか、これで代用してみたらいいんじゃないかと工夫していきながらやってみる方がおもしろいと思うのですが、みんながみんなそうではないですね。洋食化を進めるにあたり、現行制度の改善から着手したとありました。大きな目的のためにしっかりと意味のあることをしようとしたそんな姿を感じます。目的のためにちょっと視点の違う部分にも目を向け、そちらのことも丁寧に考えていく、そんな姿は見習いたいなと思いました。それにしても試験の結果の違いは歴然ですね。対策として洋食化ということになっていった訳ですが、洋食ではなくてもそれは改善できたりしたのですかね。陸軍の動きとともに気になるところです。

  3. 脚気病対策としての海軍の食の見直しが容易に進まなかった事情は「なんだか時代が変わっても変わらない気が」確かにしますね。そして結果は「日々患者は減らず、死者も増えていきます。」という状況です。やってみる、ということはなかなかできないことのようです。練習艦乗組員の脚気罹患者が述べ総数で乗組員の実数を上回っていることには驚きました。これはまさに伝染病的勢いです。そして、さらに驚いたのは、明治天皇も脚気、とくれば、これはまさにゆゆしき事態でしょう。それにしても高木海軍軍医の執拗ともとられる食の変更への意気込みはまことに脱帽ものです。医者としての襟を正したというか、若い兵士たちが戦わずにして病気で倒れていくことに耐えられないものを感じたのでしょう。そして「明治18年」海軍における脚気は消滅しますが、このおよそ10年後にはその前年から始まった日清戦争が日本の勝利で終結します。海軍力がものをいったのは申すまでもありません。食の改善が勝利をもたらしたと言えるのかもしれません。

  4. 自体が悪化した時や、取り返しのつかなくなってしまった場合でないと変化や改革が起きないのはいつの時代も同じですね。しかも変えようとする対象や相手が大きければ尚更ですね。「やってみなければわからない」といったこともありますが、それまでの習慣や慣れ親しんだものを変えていくとなると、慎重になったり、否定的になってしまうのはしかたがないことなのかもしれません。しかし、何度も上申し、その度に退けられても諦めなかったのは、それだけ脚気が猛威をふるっている状況を何とかしようという熱意と、自分の考えを貫こうとする信念があったからなのでしょうね。伊藤博文に、「そこまで言うのなら、御上に腹蔵なく意見を申し上げろ」とまで言わせた高木氏の行動を知り、精神論になってしまいますが、人や世論を動かす場合、理論やデータも大事ですが、やはりそこには熱い信念というものが欠かせないのだと思いました。

  5. 明治天皇も脚気に苦しんでいたということをはじめまして知りました。やはり、日本の象徴とまで言われる人物も脚気に苦しんでいたという事実があったことが、改善へのきっかけとなったのでしょうか。
    そして、制度が施行された直後、練習艦筑波が航海演習に出て、この筑波艦で脚気予防試験を行い、航路は先の龍驤と同じで航海日数もほぼ一緒の形で行った結果、原因に食事に摂取しているものが関係しているということが、分かり改善へと進めていったんですね。
    その間にある食事が白米からパンにというのは普段食べれないものを急に、主菜として食べるというのはとても辛いものがあったと思います。パンからの麦ご飯へ移行していったところをみると、やはり、日本人は昔は、米好きだったことがわかりますね。
    麦ご飯が、今も給食や家庭の中で、出てきたりするのも、この時代に関係しているからでしょうか。

  6. 改善に向けての苦労はいつの時代もどの分野でも同じです。このような話を何度も聞いてきました。具体的な行動もそうですが、周りを思わず動かしてしまうような熱を発し続けることも大事なんですね。腹をくくって突き進む強さやそれを支える思いの深さといったものが、自分にはまだまだ足りないなあと思わされる内容でした。今回の話ですが、食の洋食化に向けて動き出し、でもそれが順調に広がってはいかず、次の手として麦飯を加えていくところを読んでいると、いいものをいいと言っているだけでなく、相手に合わせて軸がぶれないようにしながら変化していくことも重要だと感じます。食のことにも興味がありますが、改善の道筋にも興味が沸いてきています。

  7. 陸軍が…この後の陸軍の展開が気になります。もしかしたら津和野出身のあの方が・・・

  8. 日本に限ったことではないのかもしれませんが、特に日本は規則やルールのしがらみだらけだと外国で働いた経験のある人が言っていたのを聞いたことがありますが、段取りをとったり、上の人の許可をとったりとする作業が昔から本当に多いですね。どうしてフランクに物事を進めることが難しいのでしょうか。ベンジャミンフランクリン著『フランクリン自伝』にも「為政者というものは、せねばならぬことで手いっぱいなものだから、新規の計画を考えたり実行したりすることは、たいてい面倒臭がっていやがるものだ。だから、どんなにすぐれた公共の政策でも、遠いおもんぱかりから採用されることはまれで、事情やむおえぬようになって初めて採用されるのである。」とあります。事情やむおえぬ時を待つ間に事態はどんどん深刻になっていくのですから、そうならない為に手を打つことが本当の意味では大切なのではないかと思うところです。立場や身分から離れて意見を求め、長期的な視野をもって有効な案を打ち出してくことができるように、自分の意識を高くもっていきたいです。

  9. 当時の日本の1番トップである明治天皇ですら、脚気に苦しんでいたというのに驚きました。それほどに当時の日本の人たちは偏った食事をしていたということなんでしょうね。
    この頃の人たちも自分と一緒でパンがあまり好きではなかったんですかね?昔の人たちも同じように好き嫌いしたり、偏った食事をしていたりするんですね。

  10. 脚気という病気がどのような症状でどうのようになっていくのかがあまりわかっていなかったので調べてみたら、死に至ってしまうほどの病気だったことに驚きました。その様な病気に乗組員のほとんどがかかってしまっていたのですね。そして明治天皇までが脚気に悩まされていたのですね。海軍軍医の高木兼寛氏は幾度となく洋食化による提案で脚気治療の実験を試みていましたが、毎回却下されていたのにもかかわらず成功したのですね。やはり、「値段が上がってしまう」「嗜好の関係で」と消極的になってしまっては進むものも進まなくなってしまいますね。

  11. 明治天皇も脚気に苦しんでいたことが、状況を一変させるきっかけとなったのですね。ここでやっと高木さんの努力が報われる形となりますが、食糧購入のしやすい、階級が将校以上の方々は、脚気にかからないと前回の内容にあったので、天皇が脚気に苦しめられていた事実には驚きました。単に明治天皇の食事でもビタミンB1が足りていなかっただけなのでしょうか。高木さんと何らかの接点があり…という裏話があったら面白いなと勝手に考えてしまいました。
    海軍では、高木さんの活躍により、脚気はほぼ消滅させることができた。となると競い合い、海軍との相違点が多い陸軍が気になるところですね。陸軍と言えば森鴎外でしょうか。次回も楽しみです。

  12. 高木兼寛氏の志の高さが伺えます。脚気の撲滅のために尽力し、「ビタミンの父」とも呼ばれていたのですね。何かを変える際に今まで普通に行ってきたものを変えることの難しさを改めて感じます。現代よりも新しい発想が出た際には曲げることが難しかったのではないでしょうか。現代では頭が少し柔らかく、次々と新しいことが生み出されていきます。昔の時代では新しい発想への抵抗、曲げてはいけない精神のようなものがあったのではないかと本文を読んでいて感じます。熱心に少しづつ進んでいく脚気対策を行う高木兼寛氏が諦めなかったことで脚気という原因不明の病気が治っていったこと、これに対して良いものは良いと信じ、進むことの大切も学びます。

  13. 変えるということは、どんな時代においても大変ですね。様々な提案をしても、なんだかんだ理由をつけて却下されるときの気持ちはとても悔しいものだと思います。明治天皇も脚気に苦しんでいたことは初めて知り驚きましたが、明治天皇が賛同するという決断したことにも驚きました。当日はこの決断はとても勇気がいることだったのでしょうね。多くの人が反対したとしても、正しいことを真剣に信じて進めていれば、誰かが理解してくれるのだと考えながら読みました。

  14. 明治天皇も脚気に悩まされていたのですね。それもあって、明治天皇に賛同されたわけですが、それまで何度も脚気対応の話をし、断られても諦めずに話した努力もすごいと思います。
    ここにきて、兵食を洋食化することで、脚気を治すということは、日本食は栄養の偏りがあったということでしょうか。それとも、単に食糧不足のため、主食を白米だけではなく、栄養のとれる麦飯やパンにしたのでしょうか。日本食のバランスの良さなどを見直していたので、ここにきて洋食化ということに、驚きました。

  15. どの時代でも既存の事を変えることは相当な努力と忍耐力が必要なんですね。高木兼寛も何とか日本を救うためにありとあらゆる手段や考えを提案し、却下されても諦めずに動き続けたのは、病気の人を一人でも救いたいという強い思いがあったからでしょうね。私は身近で藤森先生を見ていて、日本の子ども達を救いたいという思いを日々、強く感じています。強い思いというのは必ずいつか届くもので、高木兼寛もやっとの思い出自分の考えが採用され、実際に脚気の患者も大幅に減ることができ、脚気は伝染病でなく食事が原因と認知されました。「見守る保育」も同じように、少しづつ日本中に認知され、見学者もどんどん増えてきています。しかし、もうひと押し欲しいところに、藤森先生の本が中国版と韓国版の出版されることです。ここまできたら、日本としても無視はできすにいられません。頭の上にあった厚い岩盤が少しづつヒビが入り、砕けるのも時間の問題でしょうか・・・。

  16. 何度意見が通らずともあきらめず、伊藤博文にまで話をして、天皇陛下の賛同まで得てしまう。そのすごさに感動を覚えました。
    そして、その結果、実際に調査の通りの結果が出て、「予算の問題」「食費の全額消費」「食料改良」といったっ所から少しずつ改善されていく。
    高木氏の頑張り、そしてその変化の大きさもさることながら、その功労に対して感謝した人の数は計り知れないでしょうね。そんな仕事を一度はしてみたいものです。

  17. 脚気の改善のためにあきらめず、主張し続けた高木兼寛氏の姿勢にはとても学ぶことが多くあります。そして、既成概念を覆すということはとても大変だったことでしょうね。しっかりとした考え、信念に基づいた姿勢は何事にも大きなエネルギーを発し、周りに影響を及ぼしていくのだと思います。今回の高木氏が伊藤博文の進めもあり、明治天皇に上申したことが大きくその後の動きに繋がったようにどこにチャンスがあるか分かりません。信念に基づいて動くこと、そして、チャンスをしっかりと掴むこと、内容の主題とはズレてしまっていますが、そのことを強く感じました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です