自尊心

 マーティン・セリグマン教授は、ポジティブ心理学の創始者の一人として知られています。1998年、この新分野の提唱により、彼を心理学の第一人者に押し上げ、全米心理学会会長になり、現在では、米・ペンシルベニア大学大学院教授でいながら、ポジティブ心理学分野の研究の支援・発展と次世代のポジティブ心理学者の育成にあたっています。

彼が、なぜこのような分野を提唱するようになったのかというと、病が原因で肉体的にも精神的にも無力になった父親を見たときのショック体験が動機だったのです。この動機により、彼は「学習性無力感」の研究をします。その研究をしているうちに、彼は、対象者の中にどれほど失敗やストレスに直面しても、立ち直りが早い人がいることに気付きます。失職・失恋・病気・離別などつらい経験をした後、絶望に打ちひしがれるのではなく、めげずに再起し幸せに生きていく人がいるのです。どうしてなのかという疑問が彼を「楽観性」の研究へと導いていきます。そして、無力感の研究から楽観性へ、そしてさらに包括的なポジティブ心理学へと、研究領域を拡大し続けます。

彼は、TED会議に招かれ、講演しますが、その講演の中で、「心理学は人の短所と同じように強みにも関心を向けるべきである」と語ります。そして「通常の人々の人生をより充実させること」にポジティブ心理学の研究は貢献出来るとしました。そのような考え方の詳細が書かれてあるのが、「オプティミストはなぜ成功するか」という本なのです。
その本の再販のための序論の中で、彼は、「私は自尊心には反対ではないが、自尊心は心身の状態を示すメーターにすぎないと思っている。それ自体が目標ではない。学校や職場でうまくやっていて、愛する人々との関係が良好で、遊びが上手にできていればメーターは高い値を示すだろう。うまくいっていなければ値は低いだろう。」

彼は、自尊心に関する様々な文献、研究を調べ、若者の間で自尊心の高いものが好成績を挙げ、人望を集め、10代の妊娠や生活保護依存をしないという証拠を見つけようとしましたが、そのような現象は見つかりませんでした。自尊心はその人が世の中でどれほどうまくやっているかの相関現象にすぎないことに気がつきます。彼は、自尊心はメーターに過ぎず、何かを引き起こす原因になることはほとんどないだろうと信じますが、それはある事件のレポートによって覆されます。

このレポートは、違う意味で私にとってはショックでした。日本人は自尊感情が低い、どうやって自尊心を高めるかといった課題が保育の中で多く語られているからです。このレポートとは、1996年、ロイ・バウマイスターと彼の同僚による研究で、大量殺戮、殺人者、ギャングの親分、暴力犯罪の犯人たちに関する文献を精査した結果、これらの犯罪者が高い自尊心を持ち、彼らの不当な自尊心が暴力を引き起こすのだという論文です。

この研究は、子どもたちに不適切に高い自尊心を教えると問題が起きることを示唆していることにセリグマンは気がつきます。さらに、これらの子どもたちの中には、利己的な性格を持つものも現れ、そんな子どもたちが実社会と対決した時、自分が教えられていたほどにはえらくないことを思い知らされると、暴力で襲いかかるようになるというのです。

 一方、このころのアメリカにおける心理学における課題は、うつ病患者の増加です。アメリカの若者たちの課題は、「双子の流行病」と言われている「うつ病」と「暴力」ですが、どうもこれらの問題は、間違った心遣いからきているかもしれないとということに気がつき始めるのです。