体育会系

 よく、「体育会系」ということが言われます。学生時代に体育会系のクラブ活動をしていた人のことを指すのでしょうが、それは、彼らにある特徴があるからでしょう。まず、体育会系と言うと運動部のことでしょう。しかし、最近、クラブ活動で文化部というものがあるのでしょうか。私は、運動は好きですし、自分でいうのも変ですが、運動音痴ではありません。どちらかと言うと、得意な方です。しかし、運動部に所属したことはありません。小学校の時は「算数部」、中学の時は「科学部」、高校の時には「生徒会」、大学の時は「帰宅部?」でした。

 クラブ活動では運動部ではありませんでしたが、中学1年生の時には、毎朝授業の始まるまで1時間友達と卓球を体育館でやっていましたので、息子が小学生の時に、PTA卓球大会で優勝しました。また、中学3年生の時には、クラスメイトにバスケット部のエースがいたので、彼から毎日バスケットボールの特訓を受け、小学校の教員試験の時に、バスケで好成績を取りました。また、高校時代には、やはりバレーボールクラブの友達といつもバレーボールをして、彼とクイックの練習をし、園長になってから、市内保育園バレーボール大会でエースアタッカー(まだ、9人制)としてまあまあ、活躍しました。と言うことで、私のイメージの体育会系とは、運動が得意な人ということではありません。

 では、どういうイメージかと言うと、偏見かもしれませんが、縦社会の中で、礼儀正しく、返事がよく、上下関係をきちんと守る人というイメージです。ですから、何かを頼んでもいやと言わず、いろいろなことに率先してやるというイメージで、会社や、組織の中では、好まれ、就職に有利と聞きます。しかし、以前のブログにも書きましたが、私は、あまり体育会系が好きではありません。それは、物事を考えないですぐに返事をしてしまうとか、心から信頼するというよりも、地位や歳が上だから言うことを聞くというようなところがあるからです。実際はそうではないのでしょうが、どうも、物事に対する分析力に弱いような気がしていたのです。

 最近、上場報道で注目を浴びるリクルートホールディングスの活躍を目にすることがあるのですが、この会社における人材登用のあり方が変わってきたと言います。同社の好調を支えるのは「データサイエンティスト」集団であると言います。今まで、元気でノリが良い「体育会系集団」とされていたのが、ここ数年は、マーケティングや物理学など多様な分野で分析力を磨いた人材を登用するようになったと言います。いわゆる、「体育会系」から「分析集団」へ変化してきたというのです。

リクルートは、分析力を武器に、ネット分野でさまざまなサービスを展開する会社です。今までは、「足で稼げ」「体力勝負だ」と言ってきた働きから、現在の時代は、データ分析力が必要になってきたからです。そこで、中核となるデータサイエンティストの採用、育成に積極的に取り組み、博士号を持つ「超高学歴」人材も登用しはじめているそうです。

数年前、マイクロソフトやグーグルなどが統計学の重要性に気付き始め、分析人材の需要が高まってきました。それは、情報系ではもちろん増えてきていますが、他の分野でも、たとえば、医療系などでも次第に求められ始めているようです。もしかしたら、教育、保育分野でも、分析力が必要になってきているかもしれません。