個人の生き方

ドラッカーは、「プロフェッショナルの条件」という書籍の中で、「あらゆる組織が、『人が宝』と言う。ところが、それを行動で示している組織はほとんどない。本気でそう考えている組織はさらにない。ほとんどの組織が、無意識にではあろうが、19世紀の雇用主と同じように、組織が社員を必要としている以上に社員が組織を必要としていると信じ込んでいる」と述べ、社員をいつでも替えのきく存在と捉えることに警鐘を鳴らしています。これは、以前のブログでユニクロの柳井さんの見直したことと同じです。

たしかに、これまでも「人は宝」と言っている会社はたくさんありましたし、たとえば保育園、幼稚園にしても「職員は宝だ」と言う園長は多くいました。しかし、実際には、本当にそう思っているのかと疑いたくなるような職員に対する愚痴を聞くことがあります。しかし、最近の人手不足に対して、キャッチフレーズとして「人は宝だ」言うだけでは済まない時代がやってきたと言われています。ドラッカーは、さらに「事実上、既に組織は、製品やサービスについてと同じように、組織への勧誘についてのマーケティングを行わなければならなくなっている。組織は、人を惹きつけ、引き止められなければならない。彼らを認め、報い、動機づけられなければならない。彼らに仕え、満足させられなければならない」と述べています。

人を募集するのではなく、その組織が人を引き寄せる力がなければならないのです。また、そこで働いている人に対しては、その組織がそこに引き留めるだけのものがなければならないのです。それは、組織として、職員を認め、報い、動機づけが必要であると言っているのです。

ドラッカーは、『明日を支配するもの』と言う書籍の中で、「資産の保全こそマネジメントの責務である」と述べています。では、保育園、幼稚園における資産とは何かです。それは、保育の質であり、その質を支える職員などです。コンピューターがますます機能が充実し、様々なことがやれるようになってきました。そのような時代である21世紀の今、保育園、幼稚園のような世界だけでなく、知識労働者は間違いなく会社の資産となってきているのです。ですから、「流動化する資産の維持が、明日を迎えるために不可欠なのだ」と言われてきているのです。ドラッカーは、すでに30年も前から、現代は知識社会への転換期を迎えており、そこで働く知識労働者は、自分の仕事に責任を持ち、自らをマネジメントすべき存在であると予言しています。

 では、それをどのように守ればいいのでしょうか?意外と管理職は、現場を知らない気がします。現場をよく見て歩く、現場から話をよく聞いているという管理職がいますが、実は、そこで働く人たちへ耳を傾けていない人をよく見かけます。それは、子どもと同じで、具体的に口に出しては言いませんし、直接的な不満としても現れないことが多いのですが、何となく、その職場に居続けることが不安になったり、突然とやめると言ったりすることが多いような気がします。

 ドラッカーの「プロフェッショナルの条件」という本は、3部作の中の1部で、「個人の生き方と働き方」をテーマとしています。我々一人ひとりがどう成果をあげ、貢献し、自己実現を図っていくかについて述べた部分を抜き出して1冊の本にまとめたものです。ドラッカーの著作というと、マネジメント、社会論に関するものという印象が強いのですが、実は多くの著作の中でドラッカーは、個々の人間がどう働き、どう生きたらいいかについてもくり返し言及しています。