ドイツ報告2014-21

ドイツミュンヘンでの取り組みで有名になったものに「ミニ・ミュンヘン」というものがあります。その取り組みはこのブログでも何回か取り上げましたし、その内容も紹介しましたので改めて説明しませんが、子どもたちの自治で町を運営していくというものです。そして、ドイツ研修でのここ数年訪れる園で、ドイツを代表する取り組みに「森の幼稚園」と呼ばれる屋外での幼児施設です。それは、きちんと認可を受け、幼児教育バイブルである「バイエルン」に沿った保育を森の中で展開する取り組みです。昨年は、ドイツでも初めての取り組みである「森の学童」を見学させてもらいました。

 もう一つ、ドイツの取り組みで特徴があるのが、冒険広場です。ミュンヘンには東西南北に四つの冒険広場があり、その冒険広場は、「モグラの家」と「ABIX(アビックス)」と呼ばれる取り組みを今まで見学させてもらいました。今年は、もう一つのアドベンチャーゲーム「ノイハウゼン」という施設を見学しました。
2014bokenhiroba
 日本では、子どもの「体力」「知力」「気力」が年々衰えています。日本スポーツ振興センターの調査によると、幼稚園、保育園での子どもの負傷で最も多いのが顔と頭で、6割を占めており、これは子どもがすぐつまずいて顔から転ぶためだそうです。その対策として、施設から危険個所を排除し、すべてを平らにし、つまずく段差をなくし、安全対策をより強化していますが、一向に減る様子がありません。また、体にも変化が起きています。身長や体重は確実に増えていても、1日に歩く歩数は20年前より4割減り、背筋力はこの30年で一貫して低下しています。その結果、すぐに「疲れた」と座り込み、遠足も完歩できない。また朝礼中に倒れたり、少しのことで骨折する子どもたちが増えています。

 このような体力の変化は、脳にも異変が生じてきているようです。こんなことも考えられるようです。最近のOECDの国際的学習到達度調査(対象57カ国・地域)いわゆるPISAでも、科学的リテラシー、数学的リテラシー、読解力すべてにわたって、この6年間順位を下げているのは、もしかしたら、歩かなくなって、大脳の健全な発達も進まないのかということも言われています。それは、PISAが重視しているのは基礎的学力よりも、むしろ日常生活に直結する熟考・評価型の「考える力」で、それが年々劣ってきているからです。

このPISA調査を行ったOECDの調査では、学力の低下以上に日本における問題が浮かび上がりました。それは、15歳の子どもを対象にしたOECD加盟25カ国の孤独度調査で、日本がトップで29.8%と、2位のアイスランド10.3%を大きく引き離しており、「30歳になったときに、非熟練労働に従事していると思うか」という調査に対しても、日本がトップで50.3%という高い数字で、日本の子どもが将来に対する不安や孤独感を諸外国以上に持っていることが明らかになったという結果です。

このような結果を生んでいるのは、何が原因なのでしょうか?それに対してどんな対策が必要なのでしょうか。それは、単に体力をつけるとか、運動能力をつけるといった問題ではなく、子どもが人間として本来持っている能力と子どもの権利を明らかにし、それを阻害してきた要因を十分に精査し、新たな社会的システムを構築していく必要があるのです。それが、引き出すという意味のエデュケーションという「教育」なのです。

そして、この社会的システムを考えるのが、ミニ・ミュンヘンであり、ドイツにおける冒険広場運動なのです。