ドイツ報告2014-8

hebinokatudo ドイツの園の子ども向け週案に、ヘビの絵があります。それは、どんな活動か聞いてみると、「野外活動」だそうで、自然探検に行ったり、自然観察をする保育だそうです。それがなんで「ヘビ」の絵かというと、子どもたちの提案だそうです。内容を話して、それを表わす絵として何がいいかを話し合った結果、ヘビの絵になったそうです。どのような活動をしたか、壁に掲示されていました。
2014kodomocooking
 また、水曜日とか木曜日にあるコックさんの絵は、「子どもクッキング」の日です。ドイツには、各保育室に必ずキッチンがあります。このキッチンは、子どもクッキングの場所として使われ、オーブンでクッキーを焼いたり、サラダをつくったりします。その流しの蛇口では、決して手を洗ったり、絵の具を洗ったりには使わずに、クッキングにしか使わないそうです。手を洗ったり絵具を洗ったり、歯を磨いたりするのは、トイレの中の蛇口を使います。
2014heyakittin
 この園は、3~6歳児66名、6~11歳児24名、合計90名の園です。幼稚園と学童が一緒になったハウス・フェア・キンダーという施設です。その中で、幼児だけが集まって活動する日が、週案の絵の中で先生を中心に複数の子どもが描かれた絵の日です。そのほか、歌を歌う活動、科学、本読みなどが週案に示されています。
2014syuanka
 また、この園は、各部屋が課題によって分けられています。その部屋ではどのような活動をするかが部屋の前に額に入れて掲示されています。そこには、絵本の部屋、積み木の部屋、ごっこの部屋、学習の部屋などがあります。2014heya2 (1)2014heya2 (2)その中でHortと書かれてある部屋は「学童の部屋」です。学童は午後から来るのですが、基本的には幼児も使っていいそうです。また、部屋を表わす絵の下にマスがあるパネルが入口にある部屋がありました。それは、その部屋の定員を表わしていて、その部屋を使いたい子が、マスの中に自分の写真を貼り、マスが埋まったら締切りです。しかし、見学した時には、それは使っていませんでした。それは、子どもたちが、そんなものは使う必要がないという意見が上がったからだそうです。面倒くさいし、たとえばその部屋が子どもがいっぱいになったら、定員で決めるのではなく、自分たちで調整するから大丈夫と言うのです。そこで、しばらく様子を見ているということでした。
2014heyateiin
 ヘビの絵を子どもたちからの意見で決めたり、ルールは自分たちで決めるからということを子どもから提案されること、そして、その意見を尊重する先生たち、それが社会の形成者としての資質を備えていくことのような気がします。ですから、週案にしても、統一の一斉保育の案ではなく、その日はこんな保育が用意されていますという提案の保育内容なのです。あくまでも、何をするかは子どもたちが自分で決めていくのです。そして、その中で特に子どもたちが興味を持ちったものをより深めるために、それをプロジェクトとして保育者は、様々な環境を用意していくのです。

 プロジェクト保育という保育は、日本でも様々な形で取りいれられています。年案として、いつどのようなプロジェクトを組んでいくか事前に計画していくというやり方と、子どもの活動を取り立てて、それを膨らませるために数日から数週間、数か月の間、プロジェクトとして取り組ませるやり方があります。以前、オランダに行った時は前者のやり方、ドイツでは後者のやり方が多い気がします。