職場環境

最近、他の職場同様、園でも精神的に病んでしまう職員が多くみられます。離職率の高さを生んでいる原因に、職場における人間関係によるストレスが大きく影響しています。「人が宝」と思うのであれば、職員のメンタルヘルスにもっと関心を払う必要があると尾崎氏は指摘します。その具体的な対策として第4のポイントとして、そのストレス要因をいかに低減するかを職場全体で考える必要があります。最近は、「職場環境改善会議」と称し、職場ストレスを低減する方法論の研究も進められているそうです。それは、「生産性の向上」という観点ではなく、「ストレス低減」という観点から改善活動を行うことが必要であると言います。ですから環境といってもハードである環境や仕事の進め方だけでなく、人間関係や権限委譲、働きやすさなどの目に見えないソフト面にも目を向ける必要があるようです。

第5番目として、メンタルヘルスに問題があるとして休職者に対して、復職を期に改めて本人の「強み、弱み」を振り返る機会をつくることが必要だと言います。ドラッカーは、「強みを生かす」ことを繰り返し述べています。そして、『経営者の条件』という本の中で、「知識労働の時代においては、強みをもとに人事を行うことは、知識労働者本人、人事を行うもの、組織そのもの、社会にとって欠くべからざることである」と述べています。

一見、管理職から見れば、「確かに人を大切にすることが重要であるのは間違いないが、そんなことをしていたら生産性が上がらない」と思いがちですが、実際は違い、かえって、ヒトを大切にすることによって、会社の業績とメンタルヘルスの両方が向上した例があるそうです。例えば、オリンパスソフトウェアテクノロジーでは、社員個々を把握するための「コミュニケーションシート」やスキルアップのための「スキルシート」と「社員教育」を充実させました。そして、管理職と社員の距離を縮める制度改革やイベントを実施し、メンタルヘルスの専門部隊を社内に設置してメンタルヘルス不調を個人ではなく会社の問題として解決する姿勢を積極的に示し続けたそうです。

その結果、メンタルヘルス不調による休職者、退職者が減少しただけではなく、自己都合退職率0%、開発生産性32%向上を達成したといいます。人を中心に据えた経営が、メンタルヘルスにかかわる問題だけでなく、生産性や離職率にも影響したということです。園でいうと、職員はいろいろと困難にぶち当たることがあります。たしかに、そんな時に突き放して、それを乗り越えさせることで立ち直らせることが行われてきました。しかし、それは物がなく、貧しい時代の話で、今の若者たちは共感してあげることが必要です。誰かが自分のことをわかってくれる人がいるという確信ががんばる気持ちにさせます。

やはり、ヒトは社会を構成し、その中で協力をして生き延びてきた生き物なのです。ですから、孤立には非常に弱い生き物です。他人から無視され、相手にされない、切り捨てられると感じることは、仕事へのモチベーションが下がります。それに対して、気に掛ける、理解する、共感する、励ます、共に行動する、こんな関係が職場に必要です。

人手不足は、ただ、給料を含めた処遇の低さや、少子化による人口減に原因を求めるのではなく、職員の気持ちの変化に気づき、「人は使い捨て」と思う気持ちから、心から、「人は宝」であるという思いを強く持つことが必要な気がします。

職場環境” への12件のコメント

  1. 人を大切にすることで、生産性が上がらなくなるのではないかに似たような考え方を持ってしまう人は少なくないいように思います。短時間の昼寝が仕事や勉強のパフォーマンスに影響するという例えが適しているのか分かりませんが、一見、求めていることとは真逆の行為が効果的に機能するということはいろいろな場面で見られることのように思います。大きな視点で、物事を広く見ることができる人はそのような全てのものの繋がりを感じているのかもしれませんね。「今の若者たちは共感してあげることが必要です」とありましたが、本当にそう思います。何を甘えたことを…と言われるかもしれませんが、私自身もこれは感覚として、とてもよく分かります。誰よりも誰かに共感してもらいたいタイプの人間だと思うので、共感がもたらす仕事の取り組み方の違いは分かります。そんなタイプの人間もいるんだということを認めてもらえると若者としてはこんなに嬉しいことはありませんね。

  2. 働くことや仕事に対して、今までと同じ考え方で進めていてはいけないときが来ている気がします。成果や生産性、効率を重視することでうまくいっていたのは昔の話で、今はポイントを変える必要があると思います。そのポイントが5つの提案になるのでしょう。一見遠回りと思えるようなことに力を注いでいくことが大事なんだと思わなければ、変化に対応していくことができないと思います。少し前に強みを知るためのテストを試してみました。なるほどと思える結果が出てきたんですが、個々の強みを把握してそれを生かすことを考えていくことなんかも必要になってきそうです。心から人は宝と思うところから始め、その思いから職場をもう一度見直すことは、まず自園から取り組んでみたいと思います。

  3. 物がなく、貧しい時代における“根性論”などで、人を突き放していていた頃と違って、「気に掛ける、理解する、共感する、励ます、共に行動する」といった、相手に寄り添う形の関わり方をすることが、現代の職場環境に必要であることがうかがえます。また、それらの変化を敏感に読み取ることができなければ、今後の職場環境から「人は宝」であるという意識が生まれにくいことになりそうですね。“人”がどうして“宝”なのか、というところを「ヒトを大切にすることによって、会社の業績とメンタルヘルスの両方が向上した例がある」点などの、事例をもとにした導入の仕方があることによって、変革の際の“強み”にもなっていくと思います。そして、その強みは、周囲の人々に認められたりする経験から見えてくるものであるように感じています。自分の強みを正しく理解することが、メンタルヘルスケアにもつながり、会社をそういった、生産性よりも“人”を優先させる方向に位置づけることができれば、結果的に現代に寄り添った職場環境になっていくのですね。

  4. 最近、私が心がけていることの一つに、短所是正ではなく、長所伸展、ということがあります。家族内においてもしかり、職場においてもしかり、です。たとえば、管理職の立場にある者が、古い価値観である「短所是正」にばかり目を向けると、どういうことになるでしょうか。職員間でも互いの短所ばかりが気になり、職場の雰囲気は冷え冷えとしたものになります。しかも、短所是正はマイナスの改善ですから、改善したとしてもゼロになるだけです。プラスになっていきません。その点、今回のブログで紹介された、ドラッカーの「強みを生かす」を意識し、「気に掛ける、理解する、共感する、励ます、共に行動する」を旨として、それぞれが仕事をするなら「職場環境」は目に見えて良いものになっていくはずです。そして、仕事それ自体が良い方向に向かって進むはずです。ですから、私たちは相手の長所をみることを訓練していかなければなりません。子どもの頃からその訓練が必要だと思っています。「注意」「注意」ばかりされていると子は良い大人になりにくい。大人になってからやり直さなければなりません。

  5. 権限委譲がストレス低減の要素になるとは、とても大胆な発想であると思いました。それと同時に、確かに納得する部分が多くあります。
    社長、副社長など、会社での立場を表す名称として、保育園で言えば、園長先生を始め、副園長先生、主任先生など、名前のつく役職があります。以前勤務していた保育園はとにかく書類が多く、それも先ず、クラスの先輩に見せ、主任先生に見せ、園長先生に見せてようやく1枚の書類になるといった具合でした。僕がいたクラスは2歳児、保育士4名のクラスだったので、3人の先輩方に順番に見てもらい、それから主任先生へ、といった具合で、その3人に見せる中でも内容はどんどん変わっていきますし、主任先生に合格をいただいたとしても園長先生が違うと言えば書きなおし、修正といった感じでなんともまどろっこしく、億劫で、言い方は変ですが、子どもと関わっているどころではありませんでした。行事をするにしても、先ず書類といった具合で、とにかく、書いていました。PCで打って提出したところ、ある先輩保育士から「今までPCで打って提出する人はいなかった。楽なのだろうけど先輩に見せる上でこれはとても失礼なこと」とお叱りを受け、改めてシャーペンで書き直したことを思い出します。今思い返してみると、その園のやり方に沿うこと、先輩の話をよく聞くことなど、学んだことも多かったですが、書類の多さについては、無駄としか言いようがありません。
    それは、要するに新人の職員に任せられない、信用できない、という姿勢の表れだと思います。一見責任を全て園長先生がとると言うような姿勢に見えますが、職員が何を考え、何をしているかを把握していないと気が済まないと言いますか、そこの園は保護者からのクレームで右往左往してしまう園だったので、常に何かに脅えているような、そんな雰囲気がありました。それが園長先生から主任先生へ、現場の保育士へとそのまま降りてきて、子どもへと降りてきてしまうといった具合でした。
    権限委譲するということは、携わる人を信頼するということです。信頼され、認められることで、意欲が生まれます。権限委譲は英語で、エンパワーメント、その対義語はディスエンパワメント、日本語に訳すと、無力化です。権限をトップが独占するということは、職員の無力化を推進するということです。

  6. 「経営」と聞くと金銭面の維持管理が第一に頭に浮かび上がる自分がいましたが、今回のブログの内容から経営をしていく上での資産は金銭ではなく、「人」なのだと強く思うことができました。「人を中心に据えた経営が、メンタルヘルスにかかわる問題だけでなく、生産性や離職率にも影響した」とありました。このような実例は経営の根本的な部分を見直す上でのきっかけとなることでしょう。経営者の方々にはぜひ知っていただきたい実例ですね。
    以前、とある方に「人は経営を毎日のようにしている。」と言っていただけたことを思い出しました。月給から何円生活費に当て、何円貯金に回すかなどの試行錯誤こそ金銭面での経営の触りなのでしょうか。そして日々の職場での人間関係や新しい方との出会いから生じる人間関係など「人」を中心に据えた経営で大切な人間関係も人は毎日学ぶことができると思いました。これを学ぶ上でこの上ない環境に置かせていただけていることにまず感謝し、学びの宝庫である日々を大切に過ごしていきたいと思えました。

  7. 読んでいて少し熱くなるような思いでした。新宿せいが保育園の理念でもあるそれぞれがそれぞれの得意分野を活かすという言葉を思い出します。就職したての真っ白な自分を正面から受け止め、「これからどんな色にも染まれる可能性がある」と言っていただき、これからどんな色に自分が染まっていくのだろうというワクワクした気持ちを思い出しました。確かに孤立には非常に弱い生き物だと思いますし、今の若者(自分も含め)は気にかける、理解する、共感する、励ます、共に行動するという関係が必要なのだと肌で感じています。今その関係性が他の職員の方々がうまく作ってくださっているから今の自分の力を少し発揮できているのではないかと思っています。その関係性の中の1部として、自分も伝承していなくてはならいと強く感じている分、今の自分はまだまだだなと感じます。ヒトを大切にする、このことは決して忘れてはいけないことだと改めて感じさせてもらいました。

  8. 藤森先生の話の中で「人類はお互いに協力し合って生き延びて、逆にお互いに傷つけあってきた人類は滅んでしまった」というホモ・サピエンスの話しを思い出しました。そもそも人類はお互いに助け合って生き延びてきたのだから、社会も必然的にこうした関係が必要で、そして職場にも通じますね。
    また最後の一文を読んで、まさにその通りです。人手不足を処遇や働き手の減少と言った社会のせいにするのでなく、まずは自分の足元をしっかりと見つめ、振り返る事が必要です。

  9. 「メンタルヘルス」の残りの2つポイント。それはまさに働いている職員が皆感じているところではないかと思ってしまいました。
    ストレスの原因を職場全体で考えること。何が問題なのか、全体で共有ができないと、どうしても当人や個人の負担が大きくなってしまう。全体で考えることにより、職場全体の雰囲気もいい方向に変わる気がします。
    そして、休職者に対して、なぜ復帰しなければいけないかということ。多くの求職者は、自らの必要性を感じられなくなることが多いのではないかと思います。それぞれの強みを伝え、必要性を訴えること。それはなによりの薬のような気がします。
    ヒトが「協力」できるか。まさにそれを問われている時代のような気がします。

  10. 「誰かが自分のことをわかってくれる人がいるという確信ががんばる気持ちにさせます。」この気持ちに支えられたことがある人は多いでしょうね。自分自身、働いている上で、こういった実感があると次の行動に移ることに前向きになります。職場環境のなかでも「共感」ということは一つのキーワードになりますね。社会の中で生きていく中でこういった根本的な人の能力はどの場面でも関わってくるということを改めて感じます。実際、職場で働く物としては、こういった「強みをいかす」環境風土や

  11. 「誰かが自分のことをわかってくれる人がいるという確信ががんばる気持ちにさせます。」この気持ちに支えられたことがある人は多いでしょうね。自分自身、働いている上で、こういった実感があると次の行動に移ることに前向きになります。職場環境のなかでも「共感」ということは一つのキーワードになりますね。社会の中で生きていく中でこういった根本的な人の能力はどの場面でも関わってくるということを改めて感じます。実際、職場で働く物としては、こういった「強みをいかす」環境風土や「共感し合う」関係作り、こういった機会を見逃さず、まず、自分の意識を改めつつ、環境を考えていきたいです。

  12. 「人は使い捨て」と思う気持ちから、心から、「人は宝」であるという思いを強く持つことが必要な気がします。という文章を読んだとき、私自身も周りに様々な人がいるから、挑戦できることがあるし、新たな意見を聴ける、そして、私自身もアウトプットすることができる、また、゛共生と貢献゛と藤森先生のブログやお話にもある、この事にもあてはまるものだと考えることができるような気がします。、決して、一人ではできない、人と人とが支え合い認め合える環境、考えていきたいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です