ドイツ報告2014-7

bia3 ドイツのミュンヘンでは、ビール好きにはたまらないほどビールを昼間からよく飲みます。道をある糸いると、いたるところにビアガーデン、ビアホール、オープンカフェでビールを楽しんでいる人たちを見かけます。しかも、昼間からよく飲んでいます。仕事はどうしているのか疑うほどです。しかし、ほとんど、いわゆる「酔っ払い」には出会わしたことはありません。気分を悪くして道の端にしゃがみ込んでいたり、人に絡んだり、フラフラとぶつかりながら歩いている人を見たことがありません。私の園のある高田馬場駅周辺は、学生の街ということもあるかもしれませんが、そんな人を多く見かけます。ドイツのビールは度数が低いのかと思うとそうでもないのです。
2014bia1
 今回、こんなにビールを飲むのに、どうして酔っ払いが少ないのか観察してみると、オープンカフェやビアガーデンで飲んでいる人を見ると、意外とビールではなく、ソフトドリンクを飲んでいる人も多いのです。ジュースやコーラ、ドイツでよく飲まれている飲み物に、自転車ビールといって、ビールを炭酸で薄めた、アルコール度が少なく、これを飲んでも自転車に乗ってもいい飲み物や、オレンジジュースをコーラで割ったものや、ある場所では、ごっつい男性の多くが、こってりとしたパフェを食べているのを見ました。ドイツ人は、ビールも好きですが、炭酸、甘いものを好きなようです。
2014bia2
 ですから、あまりアルコールには強くない人は、きちんと自己管理ができていてビールは控えているようです。無理して、付き合いだからとアルコールに弱かったり、悪酔いをするような人が飲むようなことはしないのです。これは、幼児期から自制心と自律をつけている成果かもしれません。もう一つ、特徴があります。このように人が集まる場所で、スマホとかゲームをしている人を見かけたことがありません。それは、電車の中でもスマホをいじっている人を今まで一人も見たことがありません。一度だけ街中で見かけましたが、アジア系の人でした。以前、韓国に行った時には、日本以上に電車の中でほぼ全員スマホを触っていました。ドイツは、直接話したり、議論をしたり、談笑したりするのは好きな国民なので、ひとりでゲームをやっている姿は見たことがありませんが、子どもたちはどうなのでしょう。
2014hyougen1
 そんな、人との関係を学ぶ保育がドイツでは行われています。月曜日、火曜日の月案を見ると、4種類の顔の表情が書かれてあるカードがあります。これは、「感情教育」と呼ばれる保育です。ます、子どもどうしの関係や、何かに遭遇した時、悩んだ時などを表わす写真が入ったボックスがあります。2014hyogen2そこから1枚を選んで、保育者がその場面についてこの子は、どのような気持ちかを子どもと考えます。2014hyogen32014hyogen4私の園にも、感情パネルというものが3,4,5歳児の部屋にあり、子どもたちが自分の感情が整理できないときに、そこに行って、自分の今の気持ちをあらわしているパネルに自分の名前の書いた洗濯ばさみを取り付けるものです。そのパネルは、「怒っている」とか「眠い」とか「疲れている」という負の状態だけでなく、「楽しい」とか「うれしい」などの正の状態を表わすパネルもあります。

 このようなパネルを他の園で見ましたが、そこは表情が3種類だけでしたが、感情教育では、もっと細かい感情表現を一人一人の子どもに対して考えさせているようです。
2014hyojopaneru