ドイツ報告2014-6

 ドイツに来ると、書類に関係しての違いにびっくりします。日本では、保育者が作成する書類の多さに、どの園でも大変になっていますし、その多さが、保育者へのなり手のなさの原因の一つになっていることがあります。それは、子どもは好きなんだけれども、書類が多いので、契約保育者、派遣保育者を選ぶのをよく聞くからです。それは、文章が苦手な人はもちろん、多くの書類は、時間外や休憩時間に作成しなければならないからです。また、そのように苦労して書いても、その後多くは活用されないどころか、読み返されない書類が多いことに、なんだかむなしさを感じることが多いからです。

 まず、ドイツでは、保護者へのおたより帳はありません。送迎の時に、保護者へその日あったことなどを伝えることもありません。投稿園時に、特に子どものチェックもしません。保護者は、勝手に?つれてきて、勝手に?連れて帰ります。なんとなく、職員と目配せをする程度です。それは、保護者もスタッフであるとか、園の職員の良きパートナーであるという関係である気がします。サービスの提供者と利用者という関係ではないのです。ですから、当園時にゆっくりとコーヒーを飲んでいくこともありますし、子どもたちと遊んでいくこともありますし、私たちのような見学者がいると、一緒に接待をしてくれる保護者もいます。

 それに代わるものとして、一つはポートフォリオと呼ばれる子どもの成長記録です。もう一つが、週案と同時に掲示されているその日の活動報告です。週案の形は園によって違いますが、日本のように、書類として残すような週案はどこにもありません。これは、私の園でも見直しているところですが、3歳以上児の保護者に今週、何曜日にはどのような活動予定であるかを掲示するのです。ドイツでは、それを子ども用と、保護者用と分けて掲示している園がありました。しかも、ドイツでは活動によって、年齢別で行ったり、異年齢で行ったりと内容によって集団を変えるので、どの活動を、どの年齢で行うかを同時に掲載するのです。
2014syuan1
 この園では、下の方に絵で表されているのが子ども向け週案で、右上の方にあるのが保護者用週案です。しかし、週案といっても、みんな一斉にそれをするのではなく、私の園でいうと、その日には、そのゾーンが開いているというような意味なので、同じ日に何種類もの活動があるのです。これらの週案の中で日本にはない活動が、いくつかあります。
2014syuangetu
月曜日の活動の中で、背中に手を当てている絵です。これは、マッサージ活動です。その活動は、電飾があり、ゆったりと落ち着く部屋の中で、寝ころびながらお互いに背中をこすったり、突起があるゴムボールを背中に転がしたりします。2014iyasiこの活動は、日本の学校でも取り上げられている「体ほぐし」と趣旨は同じような気がしますが、一つは、「リラックスする」という効果がありますが、もう一つは、お互いに体を触りあうということがあります。2014karadahogosi最近はあまり言われませんが、子どもどうし体を触れ合うと、脳の前頭葉が活発になると言われています。少子化になると、子どもどうし体を触りあう遊びや、じゃれ合うという機会が少なくなってしまっています。

あと、とんがり帽子のような絵があります。ドイツでは、もうすぐ卒園(7月)です。卒園の時には、このとんがり帽子みたいな入れ物に、たくさんのプレゼントを詰めてもらいます。その入れ物を作る活動です。作りかけのものが、部屋に置いてありました。
2014sotuen