ドイツ報告2014-5

 ドイツと日本を比較してみる時に、当然文化の違いを感じることがあります。しかし、今回は私の園のベテラン男性保育士と一緒だったのですが、彼の感想としては、日本の他の多くの園よりも、ドイツのすべての園の方が私の園と同じであるという印象を受けたという話をしました。しかも、私としては、特にドイツを研究して保育を構築したわけでなく、ドイツを訪れて、ドイツの保育に影響を受けて保育を考えたわけでもないのに、説明を聞いていると、全く同じように保育を説明するのを聞いていると不思議な気がします。

 保育に対する考え方は共通する部分は多いのですが、制度とか、行政のあり方はずいぶんと違います。その時に、今後、日本がドイツのようになっていくのか、ドイツが日本のようになっていくのかを考えることがあります。例えば、保育時間です。私の園は、7時30分から20時30分までの開園ですが、ドイツでは、どんなに遅くても17時から17時15分までの開園です。今後、日本でも職場が考慮して乳幼児を持った保護者は育児時間などが充実され、17時までの開園ですむようになるのか、逆にドイツでも、働いている保護者が多くなり、閉演時間が次第に遅くなっていくのでしょうか?

 また、書類などですが、ドイツではどの園でも様々ではありますが、子どもの成長の記録であるポートフォリオというものが個人別に作られています。2014potoforioずいぶんと丁寧に、個人別にすべての年齢の子どものために作られているので、ドイツでは、保育者は子どもが帰る時に一緒に園を出るということを聞いていたので、この書類はいつ作成しているのかを聞いてみました。すると、保育中に書くということでした。ドイツでは、子どもは自分たちだけで遊び、何か用があるときにだけ保育者のところに来るために、保育中に書類が作れるのでしょう。しかも、ほとんどあとで読むことがない保育日誌のようなものはありませんから、数か月ごとにか、書くだけであれば、ポートフォリオの方がその後も、保護者も読むのでいいような気がします。ただ、これは、保護者がいつでも見るための物であって、保護者には渡さないそうです。もらえるとわかれば、途中で見ない保護者もいるのかもしれません。ドイツでは、基本的に保育者が作る書類は、ほぼそれだけのようですが、今後、日本でもそうなっていくのか、ドイツでも書類が増えてくのでしょうか?

 今日、面白いことを聞きました。昨日のブログで、保育者不足の理由に、激務になっているためということに対して、子どもと一緒に帰れるのに、どこが激務なのかというコメントがありましたという話をベルガーさんにしたところ、こう答えました。保育者の数が少なくなると、どうしてもみんな一斉に、保育者から指示するような保育になってしまい、それが嫌で、そのような保育は激務と感じてしまうということでした。子どもと一緒に、生き生きと、子どもたちが自立し、自律していく姿を見守ることが本来の保育であり、心地いいことなのに、保育者が少ないと、指示したり、怒ったり、注意したりする毎日は、辛いものだということなのでしょう。
2014hoikusitue
 また、ドイツでは園不足で、毎年何園も新設されているそうで、そのために場所の確保が難しい中、どの園でも園庭が広く取られていました。それは、ミュンヘンでは、園庭の広さがすべての子ども一人当たり最低5㎡だそうで、しかも、それは、本当の最低であって、ほとんどそれを上回る広さを持っているということでした。ちなみに、日本では3歳以上児に対して一人当たり3.3㎡です。今後都市化が進むと、ドイツのようになるのか、日本のようになるのか気になるところです。。
2014doituentei