ドイツ報告2014-4

 今日は、ミュンヘン学校局の局長さんであるグレッチェさんに夕食の招待を受けました。その時の話題で、昨日の保育者不足の話で、足りない保育者は1000人にも上っているという話です。そこで、葉書を二枚貰いましたが、1枚は、保育者の資格がありながら、退職した人とか、働いていない人向けに「450ユーロの仕事」という保育の仕事を「月450ユーロ(約6万円)で働きませんか?」という誘いの葉書です。doitusaikoyouしかし、退職後といってもドイツでは67歳定年なので、この写真のようにずいぶんと高齢の職員ですね。日本のように、体力勝負のような保育をしているところで働くのは大変でしょうね。

 もう1枚は、学生向けで、保育者の資格を取ろうとして学んでいる人に向けて、同じように「月450ユーロ(約6万円)で働きませんか?」という誘いの葉書です。doitugakuseikoyouこの葉書への反応は、100件くらいあったそうです。1日にどのくらいの時間働くかわかりませんが、ある効果はあるようです。

 ドイツにおける保育について今回、印象的なのが、「オープン保育」と呼ばれる保育です。25日の午前中に見学した園と、今日の午前中に見学した園では、「オープン保育」を行っていると謳っている園でした。25日に見学した園では、まず、こんなメッセージカードを頂きました。そこには、「人生という名のじゅうたんは、出会いという糸で織られている」と書かれてありました。この言葉を日本語に訳したのは、日本人の保護者だそうです。このメッセージのように、この園の園長先生は、10年前に私の園に来たことがある方でした。それ以後、日本が好きになったという話です。

 「オープン保育」という保育にはっきりした定義はありませんが、私たちが目指している保育にとても近いものを感じました。その名の由来は、「子どもたちの遊び空間を開放するとともに、子どもたちの心を開放していく」ということからつけられています。大まかに言うと、「自主性を育てること」に重点を置いています。子どもたちは自分で選んだことにしっかりと責任を持ち、自立、自律を遊びの中から学んでいくというものです。保育者は、子どもたちが自分で判断し、行動することを促していきます。何かしたいと思った時には、子どもたちが話し合いをして、何がしたいのかを先生にアプローチします。25日の園では、3~6歳児までの異年齢児25人が3グループある75名定員の園です。
jumokukonseputo
 この園のコンセプトは、大きな樹木に表されています。地面の下は、保護者による育児をあらわし、まずここがしっかりすることで、しっかり根を張ることができ、そののちの育ちが太い幹になっていくということを表わしています。そして、その幹を支えるのが保育者なのです。そして、枝葉は、子どもたちが経験するであろう様々な体験、遊び、生活などの広がりを表わします。そして、それは、バイエルン(陶冶プログラム)における領域を表わしています。

一番左端においてあるのが「バイエルン」。どの園にも置いてあります。

一番左端においてあるのが「バイエルン」。どの園にも置いてあります。


 子どもたちは地中から地上に芽を出します。それは、保護者という土の中から、広い世界へ出ていくという意味での保育のスタートです。そして、子ども集団という社会から、まずパートナーを子どもたちが自由に選びます。そして、子ども自ら子ども集団に参画し、保育に参画することで民主主義を学んでいきます。その際、異文化の中で、個々に社会性、個別性を考慮します。(この園では、外国人、移民家庭は90%以上在園しています。)そして、違いを受け入れるために、お互いを観察し、共有し、話し合いをしていきます。

 こうやって、枝を伸ばしていきながら、次第に幹は太く高くなっていくのです。
2014.6.25sosyoku