ドイツ報告2014-3

 ドイツに来て、まずいろいろと気になるところを聞いてみました。幼保一体化については、幼稚園、保育園だけでなく、学童クラブも含めて一体化を進めているようです。キンダークリッペ(0~3歳児)、キンダーガーデン(3~6歳児)、ハウス・フェア・キンダー(0~6歳児)、ハウス・フェア・キンダー(6~11歳児)、ホルト(3~11歳児)というような様々な形態の施設があります。
2014.6.24am-3
 このようにさまざまな施設がある中、バイエルン州では昨年8月に1歳以上児において、もし入園希望があれば、すべての子どもを入園させなければならないという法律が制定されたことについて、その後どうなっているかを聞いてみました。確かに、それに合わせて次々と開園しているそうです。そんな時に、日本では現在場所が何しろ足りません。ビルの一室、狭い敷地の中、ガードの下、開園するために様々な場所を探しています。ドイツでは、どうかと聞いてみると、30年先まで建物の計画が立てられているそうです。建設予定の建物の場合、その1階を保育施設にする計画を合わせてしているそうです。今、なくてどうするという話はなく、きちんと先の見通しを立てて街づくりをしているようです。

 しかし、ここで問題が起きています。それは、日本と同様、「保育者不足」です。毎年お世話になっているベルガーさんの勤務している園の近くに、昨年3園建設されたそうですが、保育者不足のために実際に開園できたのは、1園のみだったそうです。何しろ保育者のなり手がないようです。ミュンヘン市で400人を超える保育者不足だそうです。以前は、どの園にもフリーと呼ばれる人たちがいましたが、今は、そのような立場の人たちはいないそうです。そこまで深刻なため、様々な手を打っています。

保育者不足の理由の一つには、処遇があるのは、どの国でも同じだと思いますが、そのなかで、給料の低さがあると言います。学校の先生のほぼ6割だそうで、それでいて引かれる税金は4割くらいだそうです。それでいて、保育者不足のために、現在の保育者は非常に激務だそうです。激務のためやめてしまい、さらに激務になるといった悪循環だそうです。

その対策として、まず、再雇用です。資格があるのにもかかわらず家庭に入ってしまう人に、再就職しないかという手紙を出しているそうです。次に、「ミニ・ジョブ」といって、67歳で退職した人に450ユーロ払って、短時間来てもらう制度を作ったそうです。もちろん、彼女らの税金は免除だそうです。次の対策として、外国人の保育者を増やす試みです。本国で保育者の資格を持った彼女らは、さらに1年間ドイツ語をみっちり勉強します。その後1年経ったときに、こんどは現場で1年間実習をします。そして、保育者になります。

このあたりは、ずいぶんと日本と事情は同じようですが、離職率に関しては日独では違います。ドイツでは、離職はほとんどないそうです。それは、まず、この道に専門職として就職するために、他には潰しがきかないそうです。あと、ブログでも紹介しましたが、保育者養成校は5年制で、そのうち2年間は実習ですので、そこで、保育者に向いているのか、保育者としてやっていけるのか判断するため、就職してからやめる人はほとんどいないそうです。ただ、在学中の実習で自分はやっていけないと思ってやめてしまう子が6割るくらいはいるそうです。

こんな事情もあって、全入させることができないため、家庭で育児をする場合には月100ユーロ支給するそうです。(今年の8月から150ユーロに値上がりするようです。)ただ、これも、家庭で支給金をどのように使うかは心配だという話が出ているそうです。