ドイツ報告2014-2

 毎年同じドイツを訪れる理由の一つは、変化を見たいからです。数年前に、ドイツの保育関係者に、「お互いに連携を特にとっていないにもかかわらず、なぜか藤森さんの考えていることと同じような課題に対する動きを感じます。」と言われたことがありましたが、今年もまさに私が課題と思っていたことがいくつか説明されました。

 ドイツでは、ブログに書きましたが、2011年10月に学校局と生活局が「陶冶局」に一体化されました。それが、昨年、通訳の方が
「Bildung」という言葉を「陶冶」と訳していたのを「教育」と訳したことについて、それはどのような意図からだと聞いたところ、「日本人に、陶冶といっても、なかなかイメージが難しくて通じないため、教育と訳すようにした」と言ったのです。しかし、「教育」と言った方が認知能力を学ぶとか、学力を高めるようなイメージにならないかというと、もちろん、「Bildung」とは、人格形成のようなもので、子どもたちが自ら見たり、触ったり、体験を通して学ぶことを指していて、それが幼児教育であると言うのです。このように、やはりドイツでも「陶冶」という概念は難しいようですが、かつての教育とは一線を画している言葉のようです。

 また、ドイツでは、大きく分けて、0~3歳までのキンダークリッペ、3~6歳までのキンダーガーデン、それに対して、0~6歳までのコープ(コーポレーション)という施設がありました。それに対して、コープという施設が少し変わりました。まず、名称が「Haus für Kinder(子どものための家)」に変わりました。そして、その施設は、キンダーガーデン(3~6歳児)+キンダークリッペ(0~3歳児)=0~6歳児の施設か、キンダーガーデン(3~6歳児)+学童(6~11歳児)=3~11歳児の施設のことを指すようになりました。

 今日の午前中に訪れた園は、このハウス・フェア・キンダーという施設で、3~6歳児まで66名、6~11歳時まで24名、合計90名の園でした。いわば、幼稚園と学童クラブが一体になった施設です。また、ここには、養護保育対象の子どもが5名在園しています。ということで、インテグレーショングループです。また、ここには外国人・移民家庭が90%以上もいます。
2014.6.24am
 まず、最初の説明を園長先生と養護の先生がしました。その時に、「皆さんの園に養護の先生がいる園はありますか?」と聞かれ、日本では、養護の先生というと保健の先生を指すことを言うと、ドイツでは、障害児担当職員を指すそうです。保育者の資格を持った後、2年間の研修を受け、養護の資格を取るのだそうです。このような配置は、1990年以降、行政指導により各園5名の障害児を入園させるようになったからだそうです。それは、学術的研究により、障害児との統合保育は、すべての子にとって、発達にいい刺激が与えられることが分かったからだと言います。そのために、この養護の先生のほか、言語、運動機能の専門家と連携を取っているということでした。

 もう一つ、この施設で興味深い話を聞きました。この施設は以前「就学前施設」だったそうです。「就学前教育」というと私たちはどのようなイメージを持つでしょうか?10年前に、義務として就学を迎えたこの中で、まだ1年生になるのは無理だと判断した子15名を、午前中の8時から12時まで保育する施設が、シュールキンダーガーデン(こどもの学校)という就学前学校と言っていたそうです。現在は、就学をその年齢になっても見送りたいという家庭では、そのまま園に残るのだそうです。ですから、ここは、ハウス・フェア・キンダーという施設に変わったそうです。

玄関わきにある、保護者が自由にコーヒーが飲めるコーナー

玄関わきにある、保護者が自由にコーヒーが飲めるコーナー