ドイツ報告2014-1

 こちらは朝の8時です。これから今日の見学先に向かいます。その報告は明日からになるので、その前に私が常々思っていることを書きます。

日本では、現在認定こども園についての形が作られてきました。そして、その保育内容として「幼保連携型認定こども園教育・保育要領」が示されました。この言葉は、「幼稚園教育要領」の「教育」と、「保育所保育指針」の「保育」を採って、「教育・保育」と列挙したと思いますが、実は、昭和23年に幼稚園だけでなく、保育所や家庭における保育の手引書を目指した試案として刊行された「保育要領」というものがあります。しかし、それが1956 (昭和31)年には、「幼稚園教育要領」として刊行されます。ここで、「保育」が「教育」という言葉にとって代わるのです。

どうして「保育要領 (試案)」が改訂される必要があったのか、また、「幼稚園教育要領」の作成するにあたって、どのような議論があったのでしょうか?その経緯については、どこかで考察してみたいと思っていますが、それは置いておいて、私は、子ども園が幼保一体化の施設であるのであれば、「保育要領」でいいのではないかと思います。それは、「保育」という概念がドイツにおいての「陶冶」に似ているような気がするからです。ドイツが「教育」から脱し、「陶冶」とう概念に移行したことは、参考になります。

しかし、何回もブログにも取り上げ、その解説を書いてきましたが、やはり「陶冶」という概念は非常に難しく感じます。それは、日本人にとってだけでなく、当のドイツ保育関係者の中でも説明するのが難しいようで、昨年からは、単純に「教育」と訳すようになりました。しかし、もともとは「教育」とは併記されていたもので、OECDで取り組んでいる、ECEC(early childhood care and education)という、「ケアと教育」に、ドイツの規定では、付け足して、教育(Erziehung)と陶冶(Bildung)と保護(Betreuung)としています。

ドイツの保育が大きく変わるきっかけは、東西が統一された時に、それまで異なる保育システムを構築してきた新旧連邦州に統一の保育を行おうと、1990年に児童青少年福祉法22条の規定によって枠組みを作ったことから始まっています。ドイツでは、幼保一体という作業だけでなく、国内統一という作業が課題だったのです。

ドイツのタクシーは、8割がベンツ、1割がBMW、そのほかがアウディーなど

ドイツのタクシーは、8割がベンツ、1割がBMW、そのほかがアウディーなど


この1990年の児童青少年福祉法では、3つの概念は「保護と陶冶と教育」を示しています。その時には、「保護」という言葉が最初に出されていましたが、その後2004年の法律改訂で「保護」と「教育」が入れ替わって、「教育と陶冶と保護」として援助の課題が規定され直されたことを表わしています。(齋藤2011による)それは、これまで「社会教育」の施設として捉えられてきた保育施設を、学校教育システムの基礎段階として位置づけ、それにふさわしい内容を行うようにしたということです。

というのは、もともと「陶冶」というのは、日常用語としての陶冶は、学校教育、知的教育を意味してきたからです。しかし、ここでいう学校教育を表わすBildungという用語には、知識の詰め込みといった、否定的な含意もこめられて使われることもあるのです。当時は、この動きについて、幼児教育の専門家のなかには、保育施設が一般の学校や職業学校、大学などと「同じセグメント(クラブ)」に属したことを意味すると歓迎した人もいたそうです。

ドイツの街並み

ドイツの街並み


このような動きは世界中で起き始め、そのきっかけは、私が少し前に取り上げたアメリカにおける「ヘッド・スタート計画」であり、貧困の悪循環を断ち切る鍵が、教育に、とりわけ就学前教育の充実にあるとしたからです。それが次第に学力の問題ではないとわかってくるのですが。