ドイツの課題

「親元暮らしという戦略――アコーディオン・ファミリーの時代」の作者キャサリン・S。ニューマンは、現在、ジョンズ・ホプキンス大学教授であり、専攻は社会学、社会階層論です。この本の内容は、目次をみるだけでも察しがつきます。「第一章“大人になる”とはどういうこと? 第二章 広がるアコーディオン・ファミリー 第三章“大人”の実家暮らし 第四章 私は大丈夫、問題はあなた―アコーディオン・ファミリーをどうとらえるか 第五章 “巣”が空にならない時――親のジレンマ 第六章 パラダイスにだって悩みはある 第七章 出生率の低下と“移民の脅威” 終章 アコーディオン・ファミリーと政治――泥沼化か、それとも転換か」

保育者の離職率の高さ、保育者の人手不足には様々な問題がありますが、子どもの自立も問題のひとつです。私の本の2冊目が、今月中国で発行されました。タイトルは、「0,1,2歳児の保育」です。一人っ子政策における子どもたちが社会に出るにあたって、いろいろな課題が見えてきました。その一つが、1冊目の「見守る保育」ということで、親子の距離感に対しての施設保育の役割についてです。2冊目が、乳児から子どもの自立、社会の形成者としての資質を備えていくことを課題にしています。これらの問題は、日本、中国にかぎらず少子国家では大きなテーマです。

今日から、ドイツ研修が始まりました。ドイツでも保育者不足です。昨年、ドイツを訪れた時に、保育者が足りないので、保育者数に合わせて入園できる子どもの数を減らしているという話を聞きました。今年は、もう少し突っ込んで聞いてみたいと思っています。また、なり手がないだけでなく、離職率はどうなのでしょうか?

もう一つ、ドイツ訪問の意図として、私はあと、大きくふたつ持っています。ひとつは、2年前にミュンヘンでは0~3歳児を預かるキンダークリッペを管轄する生活局と、3~6歳児を預かるキンダーガーデンを管轄する学校局が一元化され、スポーツビルド局になって、その後どうなっているか。また、ビルドという言葉を、一昨年までは「陶冶」と訳していたのを、昨年から「教育」と訳すようになったことから、エデュケーションとの区別はどのようにしているかです。

もうひとつは、昨年8月に、ミュンヘンは「乳幼児施設への入園希望がある場合は、すべての子どもを入園させなければならない」という法律ができたと聞いたのですが、どうなっているかです。ドイツでも0~3歳児までの待機児は非常に多いと聞きます。その時に、どのような施設整備を進めているのでしょうか?また、入園申し込みが多いことに対して、保育所整備だけでなく、子育て支援センターのような施設を多く作り、在宅育児へ手厚くして、入園希望者を減らしていると聞いたことがあります。それは、入園希望者が、保護者の就労など保育に欠けることが要件にないからです。

日本とドイツは、国民性や気質において日本と近いものを感じます。ですから、少子化の原因の一つに、乳児期は、親の元で育てられるのがいいと思っている年配者が多いことも挙げられています。そのために乳児施設の整備が遅れてきました。また、そのためかわかりませんが、小、中学校ではいまだに半日制です。そこで、放課後児童クラブの整備も課題です。今回の研修では、この放課後児童クラブ施設を二か所見る予定になっています。

これらの課題について報告できるかわかりませんが、明日からの見学先について、考えたことを報告したいと思っています。