セイフティーネット

こんな本が出版され、話題になっています。「親元暮らしという戦略――アコーディオン・ファミリーの時代」(キャサリン・S。ニューマン著)というものです。この本の内容紹介では、このように紹介されています。「いま先進諸国では、成人した若者たちが安定した雇用に就けず、親元で暮らす現象が広がっている。アコーディオンのように、家族はその蛇腹を広げて舞い戻ってきた子どもたちを受け入れ、彼らが家を出ていくと蛇腹は縮む。日本、アメリカ、南欧、北欧で300人ものインタビューを実施し、グローバル化時代の家族の生存戦略を考察した労作。」

また、この内容について、訳者である萩原 久美子と桑島 薫は、あとがきで説明を加えています。「成人した若者が安定した雇用に就くことができず、親元で暮らすことを余儀なくされる。長引く不況の中で、先進諸国で広がっているこの現象を、著者は“アコーディオン・ファミリー”と名付けた。」とあります。そして、このような現象について、「成人期、高齢期のあり方も変容を迫られている…。」としています。さらに、その変容について世界中が共通の問題を抱えながら、日本の若者についての問題をこう語っています。

「20歳、30歳を過ぎても親元で暮らす若者たち。そんな成人した未婚の子どもと親が同居する家族のあり方は、現代日本社会に特有の現象だと一般に思われている。直系家族という日本の伝統的な家族にその要因を見る人もいれば、家事も生活費も親にまかせ、稼いだお金を自分の消費に回す若者の増加を指摘した1990年代末の“パラサイト・シングル”論を思い出す人もいるだろう。現在では子どもの貧困、失業や不完全雇用、社会的排除といった若者をめぐる複合的な問題と、親元で暮らす若者の多様な実態が意識されるようになり、自立できない若者や結婚しない若者に対する単純なバッシングは下火になってはいる。とはいえ、一般論として、親から早くに自立する欧米の若者と、親にいつまでも依存する日本の若者という対比は今なお健在だ。ところが、この成人した子どもと親からなる世帯――キャサリン・S・ニューマンによるところの“アコーディオン・ファミリー”は、日本特有の現象ではない。1990年代以降、グローバル競争の激化と労働コストの削減圧力にさらされた先進諸国に共通に見られるものだという。しかも、若者への住居政策、教育政策、雇用政策が充実したスウェーデン、デンマークなど北欧諸国を除き、親子の同居期間は長期化する傾向にある。」

ニューマンは本の中で、読者に対し、最後に三つの選択肢を示しています。一つ目は、アコーディオン・ファミリー現象が見られない北欧の福祉国家のように、納税者が連帯し、若者のセーフティ・ネットの構築を図ることです。二つ目は、緊縮財政による社会保障費の徹底的な削減とそれによる財政健全化を選ぶかです。そして、三つ目は、移民の積極的受け入れ政策へと舵を切り、労働力人口の減少による生産性の低下を反転させ、社会保障制度の支え手を増やすことで現在の維持困難を克服するのかです。どうも、保育者不足、保育者の離職率の増加は、単純な話ではないようです。もっと広く、考える必要があるようです。それは、少子化の進行による危機感というよりも、納税者減少という、次世代のあり方の見直しが求められてきます。しかし、私は、同時に、保育、教育の見直し、人材育成のあり方の見直しが必要だと思っています。