人間体験

 私が副町会長を務めた町会は、かなり大きな朝会で、総会は小学校の体育館で行います。体育館がいっぱいになるほど町民が集まる総会です。壇上には、国旗が貼ってあり、役員が順に事業報告、事業計画、予算、決算などを報告します。その総会の私は司会をしたのです。私は、いろいろな団体に出ますが、総会というのは、形だけのところが多く、出席者も役員だけのイメージでしたが、こんなに町民が町会運営に関心があるとは思っていませんでした。しかし、出席者の中では、私は一番若かった気がします。

 その後、広報紙を発行するのですが、そのほかにもいろいろと企画をしました。その相手は、高齢者です。今考えると、ずいぶんと高齢者に翻弄されました。町会の旅行も、私が感じで取り仕切るのですが、一人のお年寄りが朝、集合時間が来ても待ち合わせの場所に来ません。当時、携帯電話がありませんから、自宅に迎えに行きました。すると、まだ寝ているではありませんか?そこで、もう出発すると告げると、自分もどうしても参加したいとぐずるので、支度を急がせて、バスに乗り込みホッとしたのもつかの間、あまり私がせかすので、朝顔を洗っていないので、パーキングエリアにバスを止めて顔を洗わせろと要求します。ただでさえ、時間が押しているのにと思っても、譲りません。仕方ないので、運転手さんと相談をして止めることにしました。

 このときの経験で、普段はきっと付き合うことのないようなお年寄りとも、いろいろなことを経験しました。例えば、町内ゲートボール大会に、出場したときのことです。みんなお年寄りですが、ゲートボールの試合となると、リーダーシップを取る人がいつもと違ってきます。いつもは、静かに目立たない人が、突然、あれこれ指示します。それは、他の場面でも、リーダーが変わります。祭りのときはこの人、町内清掃の時はこの人、避難訓練の時はこの人、様々な得意分野を持った町民が集まり、町会が運営しているのだということを知りました。当然その中には、偏屈と呼ばれる人や、クレーマーといわれる人や、常に上から目線で人に指示する人たちもいます。しかし、なぜか、それらの人たちが微妙なバランスを取っているのです。それは、いくら文句ばかり言っても、頑固でも一人では生きてはいくことができないことを知っているからでしょう。

 また、町民はみな村の鎮守様の氏子になるということで、日本の神道に於ける多種多様性を認め合うことに根差しているのかもしれない気がしました。それは、宗教というよりは、拠り所なのです。それは、様々なことで思い知らされました。その前では、理屈が通らないことが多かったのです。どんなことでも「鎮守様は悪いことなどするわけはない。」ということで片付けてしまうのです。

この経験から、長い間人類が生存してきたのは、理屈でも、科学でもなく、お互いの緩やかなつながりであり、その微妙な距離感、多様性であることを知ることができました。それは、決して、学校の授業だけ、書物の中だけ、仲のいい友達の関係からだけでは学べないことなのです。このような経験なしに、今の若い人は突然職場という場で様々な人と出会うことになるのです。しかも、その職場が営利を目的としていたり、明確な、誰もが合意するような目的を持った組織であればいいのですが、非営利組織であったり、人を対象にするような仕事である時には、人間関係に悩むことが多くなるのです。悩むだけであれば、いいのですが、それに打ちのめされたり、傷ついてしまう若者が、最近多いことが気になります。その傾向が、最近保育園において離職率が高いことの原因の一つの気がします。そして、派遣とか契約社員としての働き方を望む人が増えている原因にもなっている気がします。