新しいアイディア

 アメリカでは、いわゆる頭のいい部類の若者たちは、勉強は懸命にしたが、難しい決断をする必要がありません。あるいは、本物の難題に直面する必要がありません。そのような子どもたちが実社会に出たときには、有能ではあっても自信がありません。ポールは、2010年にこの問題について投稿した経済問題を論じるブロガーであり法科の教授でもあるジェームズ・クワックの文章を紹介しています。「ハーバードの学生はなぜウォール街を目指すのか?」ということについて、クワット自身もハーバード大学を卒業した後、多くのクラスメートと同様に経営コンサルタントとして働き始めた経験をもとにこう書いています。

 「その道を誰もが通るのは、収入がいいからではない、もちろんそれも害にはならないが、本当の理由は、選ぶことが容易で抗うことの困難な道を会社側が用意するからだ」それは、「現代の典型的なハーバードの学部生は、とくにこれをうやりたいという確固たる願よりも、成功者になれないことへの恐怖に突き動かされている」と書いています。それは、他のアイビー・リーグの学生に見られることですが、卒業後の選択は、主に二つのルールによって方向付けがされるといいます。そのひとつは、「できるかぎり選択の余地を残すこと」、もうひとつは「先々、標準以上の成果につながる可能性を増やすことだけをする」です。この二つのルールによって就職しようとする学生に対して、投資銀行やコンサルティング会社の採用担当者たちは、この心理を熟知していて、完璧に利用するというのです。仕事は競争が激しく、地位も高いのですが、応募から入社までのプロセスは画一的で予測がつきやすのです。採用担当者は、学部の3年制に対してこう言っているそうです。

 ポールは、「彼らは本当に何かを選んでいることにはならない。ただお金を稼いで数年を過ごし、もしかしたらいくらかは世の中のためにもなった後、将来どこかの時点で何をしたいか、何になりたいかについて本当の決断をすればいい。開かれた市場でどうやって仕事に就いたらいいかわからない人々、人生のある段階からテストを受けることによって次の段階に、可能な限り最高のものを選びながら、進んできた人々にとって、これはすべてごく自然な流れである」と書いています。

 しかし、ハーバード大学の学部生であれば、たとえ、性格の強みの獲得に失敗しても、心躍ることのない投資銀行の仕事にたどりつくだけかもしれませんが、問題は、貧困や逆境の中で育つ子どもたちがよりよく成長するためにどうしたらよいかということです。それは、社会の重要な役目であるというのは簡単で、誰もが賛成することですが、実際は一向に解決していません。長い間、皆が賛成する意見は、「私たちの社会は、すべての人々が成功のための平等な機会を持てるように必要なことをすべきである」ということです。しかし、ここ数十年の間、「貧困と闘う最良の方は何か」という話題がほとんど語られなくなってしまっているとポールは言います。それは、けっして貧困そのものが消えたわけでもなく、むしろ貧困家庭で育つ子どもの割合は現在の方がはるかに高くなっているのです。

 どんな政策もうまくいかず、成果が上がらなず、どれもうまく機能してこなかったなか、今までと全く異なる貧困の見方が現れます。それに多くの人々が興奮し、この変化の力をはらんだアイディアは、教育改革運動の発火点となっていくのです。