しなやかな心

 スタンフォード大学の心理学者であるキャロット・ドゥエックは、人々には二つのタイプがあると考えました。それは、知能やほかの能力は本質的に生まれつき変わらないものであると思っている「凝りかたまった心」の人々と、知能は改善できると信じている「しなやかな心」の人々です。彼によると、生徒の心のありようを見れば、成績の伸びがだいたい予測できると言います。知能は伸ばすことができると信じている生徒は、実際に成績も延びているのです。

 知能そのものが変わろうと変わるまいと、心のありようは確実に変えられるといいます。ドゥエックやほかの研究者たちの示すところによれば、正しい対策によって、生徒の心のありようを凝り固まったものからしなやかなものへ変えることはできるし、結果としてその方が成績があがることになると言います。この正しい対策とはどんな対策なのでしょうか?私の実感では、この心を変えるのは非常にむずかしい気がしています。凝り固まった心を変えることができるのであれば、もう少し改革が進むのにと思うことが多くあるからです。しかし、それは性格的なこともあるでしょうが、年齢的なこともあるようです。

 「ステレオタイプの脅威」という現象を突き止めたスティールとたびたび共同研究をしているジョシュア・アロンソンは、心のありようを変えるための対策の効果を二人の同僚とともに比較研究をしました。研究対象として選んだのは、主として低所得層の7年生です。1年の間、対象の生徒それぞれに大学生の助言者を一人つけます。生徒と助言者は一度につき90分、2回顔を合わせた後、定期的に電子メールで連絡を散りあいます。無作為に選ばれた一部の生徒には、しなやかな心のありようを作るためのメッセージが助言者から与えられます。どのようなメッセージかというと、たとえば、「知能とは限定された資質ではなく、こころの訓練によって拡張できる能力である」というようなものだそうです。もう一つのグループには、「薬物の使用は、成績にも悪影響を及ぼす」などといったありきたりのメッセージが与えられます。

 学年のおわりに、この二つのグループをこの州の標準学力テストのスコアで比較しました。その結果、しなやかな心を作るメッセージを聞いた生徒の方がアンチ・ドラッグのメッセージを聞いた生徒よりもはるかにいい成績を上げていたのです。最も顕著な効果は、女子生徒の数学のスコアに見られたのです。いままで、女性の数学のスコアにはとくにステレオタイプの脅威の影響が失われやすかったのです。女子は数学が苦手であるという典型をなぞる結果になったらどうしようと心配している生徒が大勢いるようでした。この実験では、アンチ・ドラッグのメッセージを受けていた女子生徒の平均点は74点、同じメッセージを受けていた男子生徒の平均よりも8点低かったといいます。しなやかな心を作るメッセージを聞いた女子生徒の平均点は84点、男子生徒との差に完全になくなったというのです。

 この実験は、いろいろな意味で参考になる気がします。子どもたちに注意をしたり、励ましたり、奮起させようとしての言葉がけに、アンチ・ドラッグのメッセージのような内容なものが多いかもしれません。それでいて、相手が少しも変わらないことを歎くことが多いのですが、実は、それはこちらの問題のようです。