反証

ビネの調査を引き継いだアドリアン・デ・グロートの発見によれば、チェスの最強のプレーヤーは初心者よりも多くの可能性を考えることができるのだと思われたきたのに対して、レーディング2500の選手とレーディング2000の選手が考える手の数はほとんど同じだったのです。ランキングのより高い選手が勝っているのは、理由はどうであれ結果的に正しい手を考えだしているからだったのです。経験によって得られた直観でどの手を真剣に考えるべきかわかるのです。見込みのない選択肢は考えもしないのです。

 しかし、特に映像記憶に優れているわけではないとしたら、そして駒の動きの結果を予測するスピードが速いわけでもないとしたら、最高の選手と初心者を隔てるものは何なのでしょうか?その答えは、ある特定の精神作業を行う能力と関係がありそうでした。認知的スキルと同程度の精神面の強さも必要とする、「反証」として知られるタスクであるとしています。「反証」という言葉を使ったのは、20世紀初めオーストリア人哲学者のサー・カール・ポパーです。本来、科学的な理論とは決して実証できるものではありません。ある理論の妥当性を調べる唯一の方法は、それが間違っていると証明することです。このプロセスをポパーは「反証」と呼んだのです。

 この考え方は認知科学な理論に広がっていき、科学的理論だけでなく日常生活において反証の下手な人は非常に多いことがわかったのです。ことの大小を問わず何かの理論を実証しようとするときに、人はその理論に反する証拠を探そうとはせずに、どうしても自分が正しいことを証明するデータを探そうとしてしまいます。それは、「確証バイアス」として知られる傾向だそうです。これを乗り越える能力がチェスの上達においては極めて重要な要素だったのです。

 イギリス人の心理学者のピーター・キャスカート・ウェイソンは、人にはもともと反証よりも確証を好む傾向があることを証明しようとして独創的な実験を思いつきます。被験者は、実験者しか知らない法則でつながった三つの数字を渡されます。被験者の課題はその法則を見破ることであり、自分で考えた三つの数字を実験者に見せて法則をあてはまるかどうか確認することによってこれを行います。

 この実験は、とても面白いと思います。みなさんも一緒に考えてみてください。

実験者は「2-4-6」という三つの数字を示し、その三つの数字のあいだにはどのような法則があるか予測してもらいます。そして、自分の予測が正しいかどうかを確認するために実験者に次に違う三つの数字を渡します。「8-10-12」実験者は、「そう!その数字も法則に当てはまります。」と答えます。被験者はぐっと自信を持ち、自らの頭の冴え具合を確かめようと、適切な注意を払いながらまた別の可能性を試します。「20-22-24」またもや、「あてはまります!」という答えに、被験者は、誇らしげに自分の推測を口にします。「法則は、二つずつ増える数字であること。偶数」であるといいます。しかし、実験者が考えた法則とは、「増える数であること」です。被験者の考えた法則は間違っていることになります。このトリックに気がついたでしょうか?

 ウェイソンの研究では、法則を正確に推測できたのは被験者の5人にひとりだったのです。私たちが皆こうしたゲームが下手なのは確証バイアスのせいだそうです。本当だと思うことを裏付ける証拠を見つける方が、間違っている証拠を見つけるよりもずっと気分がいいのです。なぜわざわざ失望の種を探す必要なないのです。ここに問題があるのです。

反証” への9件のコメント

  1. 反証実験ですが、私もまんまと確証を生もうとしてしまいました。「反証」という視点から、人がいかに自ら狭い視点や狭い答え方で、より狭い範囲の確証を好む生き物であるかということを感じました。確証を求めてしまうのは、どうしてでしょうか。何となく、“幸せをいつ感じるか?”といった質問に対する答えにも、似たものを感じるのは私だけでしょうか。遠くのものを見すぎて、目の前に既にある幸せに気がつかないといったように、大きな範囲の確証が、結果的に反証を生んでいくのでしょうか。まだまだ、理解ができていません…。「本当だと思うことを裏付ける証拠を見つける方が、ずっと気分がいい」のは、いい結果を見つけて嬉しいだけでなく、その結果を見つけるまでの過程もきっと楽しいでしょうね。人が、失望の種を探しやすくなっているという把握とともに、反証の生き方の方がずっと、笑って楽しく過ごしていけることを忘れないようにしたいです。

  2. 私たちは「もしこうでなかったら」など、反対のことを考えるのは、なかなか苦手ですね。藤森先生がよく仰るところの「自問自答」とはこの「反証」することが大きくものを言っているような気がします。「反証」あるいは「反論」については考えることは実は大変です。この「反証」が下手なので論理的な思考もうまくいきません。よって、結果は間違ったものになる可能性が高くなるのです。仮にうまくいったとしても、偶然そうなったに過ぎないケースが多いような気がします。昨今、ロジカルシンキングということが重要視されています。その訓練のための書籍も本屋に平積みにされています。そしてこのロジカルシンキングを成功に導くには上手な反証を数多く経験することが大切になってくるのでしょう。「下手な考え休むに似たり」の「下手な考え」とはおそらく「反証」できない考え、すなわち「確証バイアス」思考のことでしょう。そして、今回紹介されているトリック、これは「だまし絵」的原理が働いているのでしょうか?。果たしてこのトリックとは?・・・明日までのお楽しみ?・・・楽しことが先にあると待てるものですね。もしかすると、こういう法則?・・・明日までおとなしく待ちます!

  3. 「超常現象をなぜ信じるのか」という本の中で確証バイアスの実験が紹介されていたのを思い出しました。その感想を長々と自分でまとめいました。そして、これは気をつけなければいけないな…なんて書いてある自分の言葉を読み返して少しがっかりしました。確証バイアスは自分の持っている仮説や信念に合致する情報を求める傾向ということだとすると、それを気をつけなければと思ったのにもかかわらず、そのような一方的な見方で物事を見ないようにしてきたかと言われると自信がありません。やはり、自分に都合のいいように物事を解釈していることも多かったりします。「本当にこれでいいのだろうか」と何度も、いろいろな方向から物事を見る冷静な目が私の課題でもあります。反証は間違っていることを証明するとあります。間違っていることを証明するのは勇気のいる作業のようにも思えますし、あまりおもしろくない作業でもあるのかもしれません。それでも丁寧にしっかり足下を固めるようなこういった作業は忘れてはいけないのですよね。そろそろ、反省を活かさないといけません。頑張ります!

  4. 例題もそうでしたが、自分の考えを肯定するものばかりを探す傾向があるようです。反証は大事だと思いますが、自分の考えをいきなり否定してかかるのは、そのような思考に慣れていかなければ活用していくのは難しそうです。人によって確証ではなく反証が得意な人もいるんですよね。同じものを見て同じ体験をしたとしても、そこから得るものが全く違っているということもあると考えると、やはりいろんな捉え方ができるようになりたいと思います。例えばAというものを説明するときにうまく説明できるかどうかは、Aが何であるかをどれだけ正確に把握するかにかかってくると思います。特徴を掴むためには確証と反証ではどちらがいいのか、試して学んでいこうと思います。

  5. この実験もまたとても面白いですね。この実験を読む前に反証について触れ、頭に鮮明に残っていたはずなのに無意識の内に自分の考えが正しいという確証を探してしまっていました。この実験により痛感した自分を含め、人は自分の導き出した答えを肯定したがる傾向にあるのは間違いないですね。前回のブログにも自信という観点でコメントさせていただいたのですが今回も自信が関連してくるのではと考えました。自信があるからこそ自分の答えを肯定するための証明をしたがるのかなと最初考えたのですが、本当の意味で自信がある人は反証によって自分の答えの裏付けができる人なのかなと思いました。また、失望や失敗の先にある新たな学びを見通せて、それを自分の新たな見解として取り込むことができると自分を信じることも自信なのかなと思えました。反証には「しなやかな心」「柔軟性」が大切であり、様々な観点から物事を捉えることができるスキルを育めるのかなとも思いました。

  6. なんの違和感もなくこの実験にハマっていったことを恥ずかしく思います。これはこうだと自分が気持ち良く思える考えが生まれるとあたかもそれが全て正しいと思い、確証バイアスに陥ることは気づかずうちにやっているように思います。ただ、この反証を理解できましたか?と問われると自信を持って、はいと答えるのは少し自信がありません。またしてもぼんやりといった感じです。藤森先生が言っている今0歳児の無菌が徹底されています。その反論として、密室で菌がある人は保育室に入ってはいけないということに対してその中に少しでも菌がありそうな子どもがいたら同じことです。そうしたら少しでも菌がありそうな子を連れてこないでくださいと言っているのか。中に菌があれば逆に密室であることですぐに広がってしまうのでは?というお話はもしかして反証なのではないかと予測します。この意見に私も同感です。まだまだぼんやりですがこういった考えは非常に頭が柔軟でなければ生まれない発想のような気がします。常にそういった考えは持っていきたいと思います。

  7. 保育園で行事の準備をする際に、最初に行うのはアイディアを出すことだと思います。そしてお互いに意見を言い、自分と意見が違う人がいると、まず思うのは自分のアイディアの方がいいと思う。と考えると思います。少なくとも自分は「確証バイアス」の傾向があるからかもしれません。ただ藤森先生が「自問自答」をよくするという話しを聞いてから、私も真似て、自問自答していますが、なかなか難しいですね。それにしても「反証」の考え方はどの場面においても重要かもしれません。初めて知った内容や考え方が当たり前と思っていることでも、実はそこだけの当たり前だったり、外から見ると逆に変だったりする時があると思います。何かを新しく始めるときは、色々な壁があると思います。お互いに意見が割れて、議論になるときは、やたら自分の正当性を主張するのでなく、相手の理論が間違っていると証明できる理論を見つけること。今の自分にはとても必要な考え方です。

  8. 間違っている手を見つけ、正しい手を考え出す「反証」。
    将棋の羽生さんは何手も先を読み、その中で勝ちにつながる手を見つけた時に、手の震えが止まらなくなるそうです。逆に羽生さんと対戦した相手は、羽生さんの手の震えを見た時に自分の負けを確信するそうです。

    保育の世界においても、何が最善の方法化はやってみないと分からないことばかりだと思います。しかし、明らかに間違っているもの、たとえば子どもの主体性を欠いている、また子ども同士の関わりを大切にしていないなど、間違っていることを「反証」していくことで、子どもの最善の利益を守っていきたいと思います。

  9. 「反証」と「確証」といったキーワードを見ていると、「物事をシンプルに考えること」や「その根本を考えること」に作業が似ているように感じました。「確証」を得るためにいろんな可能性を考え、その考えを正確なものにしようとするあまり、その本質を見落としてしまうことは多くあります。特に、なにかを成し遂げようと必死に答えを模索しているときに限って、こういったことがあります。
    「反証」と「確証」、どちらも大切だと思いますし、これらのことについてもそのバランスは極めて大切なように思います。よくいう「大胆な手」は実は「奇をてらって」行われたことではなく、「反証」した結果なのかもしれませんね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です