しなやかな心

 スタンフォード大学の心理学者であるキャロット・ドゥエックは、人々には二つのタイプがあると考えました。それは、知能やほかの能力は本質的に生まれつき変わらないものであると思っている「凝りかたまった心」の人々と、知能は改善できると信じている「しなやかな心」の人々です。彼によると、生徒の心のありようを見れば、成績の伸びがだいたい予測できると言います。知能は伸ばすことができると信じている生徒は、実際に成績も延びているのです。

 知能そのものが変わろうと変わるまいと、心のありようは確実に変えられるといいます。ドゥエックやほかの研究者たちの示すところによれば、正しい対策によって、生徒の心のありようを凝り固まったものからしなやかなものへ変えることはできるし、結果としてその方が成績があがることになると言います。この正しい対策とはどんな対策なのでしょうか?私の実感では、この心を変えるのは非常にむずかしい気がしています。凝り固まった心を変えることができるのであれば、もう少し改革が進むのにと思うことが多くあるからです。しかし、それは性格的なこともあるでしょうが、年齢的なこともあるようです。

 「ステレオタイプの脅威」という現象を突き止めたスティールとたびたび共同研究をしているジョシュア・アロンソンは、心のありようを変えるための対策の効果を二人の同僚とともに比較研究をしました。研究対象として選んだのは、主として低所得層の7年生です。1年の間、対象の生徒それぞれに大学生の助言者を一人つけます。生徒と助言者は一度につき90分、2回顔を合わせた後、定期的に電子メールで連絡を散りあいます。無作為に選ばれた一部の生徒には、しなやかな心のありようを作るためのメッセージが助言者から与えられます。どのようなメッセージかというと、たとえば、「知能とは限定された資質ではなく、こころの訓練によって拡張できる能力である」というようなものだそうです。もう一つのグループには、「薬物の使用は、成績にも悪影響を及ぼす」などといったありきたりのメッセージが与えられます。

 学年のおわりに、この二つのグループをこの州の標準学力テストのスコアで比較しました。その結果、しなやかな心を作るメッセージを聞いた生徒の方がアンチ・ドラッグのメッセージを聞いた生徒よりもはるかにいい成績を上げていたのです。最も顕著な効果は、女子生徒の数学のスコアに見られたのです。いままで、女性の数学のスコアにはとくにステレオタイプの脅威の影響が失われやすかったのです。女子は数学が苦手であるという典型をなぞる結果になったらどうしようと心配している生徒が大勢いるようでした。この実験では、アンチ・ドラッグのメッセージを受けていた女子生徒の平均点は74点、同じメッセージを受けていた男子生徒の平均よりも8点低かったといいます。しなやかな心を作るメッセージを聞いた女子生徒の平均点は84点、男子生徒との差に完全になくなったというのです。

 この実験は、いろいろな意味で参考になる気がします。子どもたちに注意をしたり、励ましたり、奮起させようとしての言葉がけに、アンチ・ドラッグのメッセージのような内容なものが多いかもしれません。それでいて、相手が少しも変わらないことを歎くことが多いのですが、実は、それはこちらの問題のようです。

しなやかな心” への9件のコメント

  1. ステレオタイプの脅威が、女性の数学苦手意識を作り上げてきた原因であるとなってしまうのは、なんとも悔やまれることだと思います。実際には、女性生徒の平均点が84点と、男性生徒との差がなくなったとありました。もともと持っている力を、何気ない一言がその力を失わせてしまうことがあるのは、深く把握していかなければいけませんね。最後にもあるように、子どもたちに投げ掛ける言葉が「アンチ・ドラッグのメッセージのような内容」であってはいけませんね。「○○したら○○できなくなります」、「お話が聞けない子は何もできません」などといった言葉が、大人から発する背景には、まさにステレオタイプの脅威に蝕まれている実態があるのかもしれません。そして、これまで子どもの問題であると考えてきたことが、実は大人に原因があるのではといった思考を持っていきたいと思います。

  2. 今回のブログで紹介された「しなやかな心」、これは如何なる場合もプラスに作用するような気がします。「知能とは限定された資質ではなく、こころの訓練によって拡張できる能力だよ」と言われた生徒がやがて良い成績をあげたこと、何となくわかるような気がします。私はかつて学習塾をやっていましたが、成績が伸びる子は、まず親がでしゃばりません。そして、私たちがやってみたら、と示唆したことに素直に取り組みます。そして、これが一番学習成果を上げた要因かなと思われるのは、いつもニコニコしていることです。ですから、その子たちと会話していても「しなやかさ」を感じるのですね。その子たちの親御さんも子どもに絶対の信を置いていました。「うちの子は出来が悪いので、先生、よろしくお願いします」などということは決して口にしません。その親御さん、口を開くと、「自分の子なのですが、本当に頑張っていて、親の私もすごいなと思ってしまいます。」と仰っていました。その子が「しなやかな心」を持つには、私たちこそがしなやかな生き方をしていなければならないのだと思うのです。

  3. 昨日の「しなやかな心」とはこういうことだったんですね。知能は改善できると信じている「しなやかな心」が与える影響が今回も見事に示されています。メッセージの与え方で結果が違ってくることを知り、書かれているように子どもたちへの言葉がけについて考えてみました。アンチ・ドラッグのような言葉がけが多いかもしれませんね。例えば変わることができる、そんな力を持った存在だという意味のことを子どもたちに伝えるとしたら、それは子どもたちの持っている力を信じるところからしか始まりません。保育について学ばせてもらってきたことと共通することが、ここでも登場してきました。

  4. 「しなやかな心の人々」という表現が、いいですね。私がこんなに人になりたいなと尊敬する人は目の前のことに素直に感動したり、いいものはいい、すごいことはすごいと思える人です。自分にないものを素直にいいねと思える人には憧れます。そんな人はいつまでも考え方がスマートで、ワクワクすることにチャレンジしていて、周りの人もそんな人の影響を受けて一緒にワクワクしているような気がします。自分もそんな人間になりたいなと思います。年齢的なもので考え方が凝り固まるというのは分かるような気がします。そんな人はやはり、自分の中にないものに対して否定的であったり、未知のことに対するワクワクした気持ちもあまりないように思います。年を重ねてもそんな気持ちを持ち続けている人ももちろんおられるので、そちらの方の方を向くようにしていきたいですね。子どもに対する言葉がけは本当に気をつけなければいけませんね。よくないことになる行動の指摘ばかりは、どこか脅しのように感じてしまいます。「そうなったら嫌だな」が動機での行動はストレスがたまってしまいそうです。子どもの姿を嘆くよりも、自分たちの環境の設定は間違っていたのかも、自分たちの関わり方に問題があったのかもしれないといつも思う意識を持っていたいなと思います。

  5. 前回のブログでは集団の一員であるいう認識は、良くも悪くも大きな影響を与えるとありました。今回は言葉掛けによって、良くも悪くも大きな影響を与えるように感じました。前回と今回に共通しているのは気持ちの持ち様でしょうか。極論ですが、希望や夢を抱いて臨む者とその場しのぎで臨む者とでは雲泥の差があるように思えます。何事にも挑戦するのに、ポジティブな気持ちを持って挑むこと、また子どもたちにポジティブな気持ちで様々な事柄と向き合えるよう、内発的動機付けを引き出すような言葉掛け等により促し、手助けしてあげることが大切ですね。それにより「しなやかな心」が育まれていくように思えました。
    確かに凝り固まった心を変えることは難しく、それは年齢的なこともあるように思えますね。人は歳を取るごとに意固地になるイメージは誰もが持っていると思います。人生の様々な壁を乗り越えてきたからこそ自分に絶対の自信を持ってしまい、知らないことに対して耳を塞ぎがちなのかなと考えました。こういう方々には「人生たった一回では知らないことがあっても当たり前」だったり、言葉掛けではなく別の選択肢があったりするのかななんてことも考えたりもしました。
    子どもに言葉掛けをする立場にある者として、どういった言葉掛けが良いのか追求していきたいと同時に子どもたちの見本となれるよう示していきたいと思えました。

  6. まずは、知能を伸ばすことができると信じる力を養わなければいけないことがわかります。そこに「しなやかな心」が必要なのですね。藤森先生がその「凝り固まった心」を変えるのは容易ではないとおっしゃるということは簡単に考えてはいけませんね。考えてみるとステレオタイプの脅威で凝り固まった心になってしまう人は多そうですね。女性脳は地図を読めないという考えはステレオタイプの脅威と関わってくるのでしょうか。その考えと「しなやかな心」をうまく組み合わせて考えていく必要があるように感じます。なんだか話が散らかってしまいました。最後にあるように子どもたちに声をかけるとき、アンチド•ラッグのメッセージのような声かけは避けけていきたいですね。いかにそういった大人の声かけが子どもに対してステレオタイプの脅威ような影響を与えてしまうかがわかります。日々保育をする中でしなやかな心になれるような声かけというのを心掛けていきたいと思います。

  7. 「凝りかたまった心」と「しなやかな心」。知能は改善できると信じている「しなやかな心」の人を増やしていきたいと思う反面、一度「凝りかたまった心」になってしまった人を戻していくには、ブログにもあるように難しさを感じてしまいます。

    まずは、アンチ・ドラッグな言葉掛けをして、ステレオタイプの脅威さらされないこと。そこから意識して、「しなやかな心」を少しでも増やしていきたいと思います。

  8. 保育者の言葉がけは大切なであり、難しいものです。大人の一言と言うのは自分が思っている以上に子どもに大きな影響を与えているというのを忘れてはいけませんね。今回のブログでは、それが顕著に表れている内容です。また大人になって、仕事で注意を受けたり、アドバイスをされる事があると思いますが、その言葉もありきたりな言葉を言われるよりも、しなやかな心を育てる、想定外の一言を言われると確かにその後の仕事に良い影響が出る気がします。すぐに実績しようと思いますが、おそらく、ふとしたらアンチドラッグのメッセージを子どもたちにしている気がしますが…それでも日々、忘れずに心がけていこうと思います。

  9. 一つのメッセージでもこれほどの影響が見られるんですね。確かに考えてみるとありきたりなメッセージよりも、普通とは違う目線で発せられるメッセージは心に響くモノがあります。ある意味、「しなやかな心」というものは「一つの観念に囚われた心」ではなく、「多角的にいろんな視野をもった心」であるのかもしれません。そのいろんな視野が自分を冷静にさせ、結果、余裕がうまれ、しなやかな心に繋がっていくのかもしれません。気づけば自分自身、ステレオタイプの人間のように感じます。すぐに変わることは難しいのでしょうが、少しずつ意識していきたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です