性格の強み

KIPPの卒業生に中で、大学で粘れたのは、必ずしもトップの成績を取っていた生徒ではなく、楽観的だったり、柔軟であったり、人付き合いにおいて敏感だったりといった、何か他の才能や技術を持った生徒たちだったのです。悪い成績を取ってもすぐに立ち直り、次回はもっと頑張ろうと決意できる生徒たちでした。親とのけんかや不幸な別れから立ち直ることのできる生徒、講義の後に特別に手を貸してくれるように教授を説得できる生徒、映画でも見に出かけたい衝動を抑えて家で勉強のできる生徒でした。

もちろん、こうした性質そのものは、それだけで学位を取るのに十分な条件にはなりません。しかし、家族からの援助をあてにできない若者のように、裕福な学友たちが享受しているセーフティネットを一切持たない若者にとっては、こうした気質は大学を卒業するために欠くことのできない要素だったのです。

このような気質をヘックマンは「非認知能力」と名付けましたが、レヴィンは「性格の強み」と名付けます。レヴィンがKIPPを共同創立者と始めたとき、学力と同時によい気質を育てる授業をしようと目池苦に意識してきてはいました。壁に貼ったスローガンには、「コツコツ勉強」「人にやさしく」「近道はない」と書かれ、分数や代数だけでなくチームワークや共感や粘り強さを教えられるような褒賞と罰点のシステムを作り出しました。彼らが来ていたTシャツには「ひとつの学校、ひとつの使命、ふたつのスキル 学業と気質」というロゴが入っていました。

ところが、レヴァンと共同創始者は大学を出たばかりで、まだ何も知らない教師でした。そこで、モデルとしたのは、それまで会ったことのある革新的な教育者たちでした。それは、それまで確立されたシステムがなく、それどころか議論もほとんどされていなかったので、KIPPでの話し合いは一から始めるしかなかったのです。どういう価値観や行動を、なぜ、どうやって育てるのか、教員と理事で毎年改めて出し合いました。

KIPPの最初の卒業生が高校生活を送っていたころ、レヴィンは投資管理の仕事をしていた兄から、ペンシルベニア大学の心理学者マーティン・セリグマン著の「オプティミストはなぜ成功するか」という本をもらいます。この著書はマーティンの研究分野であるポジティブ心理学の基礎をなすテキストとして出版されたものです。そこには、楽観主義とは生得的な気質ではなく、習得できる技術であると説いています。悲観的な成人でも、子どもでも訓練しだいでもっと希望を持てるようになり、そうなればより幸福に、健康になって、物事がうまく運ぶことも増えるというのです。そして、多くの人々にとって鬱は病気ではなく、心理学者たちが信じるように「失敗の原因についての悲観的な思い込みを心に抱いているとき」に起きる単なる「ひどい落ち込み」であると述べています。鬱状態を避け、生活を改善したいなら、「説明スタイル」を変え、よいこと、もしくは悪いことが自分の身に起こった理由について自分自身のためにより良いストーリーを作り出す必要があるというのが彼の助言です。

セリグマンは、「三つのP」と呼ばれる傾向がひどい落ち込みを招くと言っています。「不快な出来事を永続的(パーマネント)なもの」と解釈すること、「個人的(パーソナル)なもの」と解釈する、「全面的(パーベイシブ)なもの」と解釈する傾向があると言います。そうでなく、よくない出来事については「特定なもの」であり、「限られたもの」であり、「短期間のもの」であると解釈することにより、失敗のただなかにあっても気を取り直してもう一度やろうと思える可能性が強いというのです。

レヴィンは、この本から何を気づいたのでしょうか。

性格の強み” への9件のコメント

  1. 『「失敗の原因についての悲観的な思い込みを心に抱いているとき」に起きる単なる「ひどい落ち込み」であると述べています』このようなことは身近なことでもありますね。考えたところでどうにもならないことを悩むで、いいことがないことは分かっていても、それでも悩んでしまうということはありますね。思い込み、落ち込むのではなく、どうせ思い込むならいい方に思い込んでいきたいものです。イヤな記憶を思い出し、不安になったり、悩んだりするのは失敗を回避しようとする気持ちから生まれるというようなことを苫米地さんという方が本に書かれておられました。そう解釈するだけでもなんだか気持ちが楽になりますが、具体的な解決策もいろいろ書いてありましたが、やはり見方を変えて過すことの大切さを感じました。でも、それがうまくできる人や最初から意識しなくてもできている人、苦手な人がいるように思います。いい方向にものごとを思い込むことがなかなかできない人はどうしていけばいいのかということもまた気になります。

  2. 私自身「中途退学」「中途退職」を考えた時期がありました。しかし、そうせずに結局学位を取得して修了でき、また仕事を続けられたのは詰まる所は「まぁ、なんとなるさ。」という思いでした。今回のブログにあるように「楽観、柔軟、敏感、立ち直りの速さ、次回はもっと頑張ろう精神」、これらは世の中を生きていく上で重要であるだけでなく、こうした気質がなければ、世の中に貢献できるようにはならないと思います。ペンシルベニア大学の心理学者マーティン・セリグマン氏の、ひどい落ち込みをもたらす「3つのP」、すなわち、permanent,personal,pervasive傾向になり、ネガティブスパイラルに入った時、どうしよもなくなりますね。この傾向から離れ、負のスパイラルからなるだけ早めに脱出しないと、確かに大変なことになります。このことは永久に続く、あぁ私がいけないんだ、あぁあの人がいけないんだ、あぁ全員が私のことをそう思っている、全てが私にとって不幸だ、と思ってしまうと危険信号です。「いい加減」「適当」でことを進めて行ったほうがいいですね。「急がば回れ」ですね。

  3. 大学で粘れる人の特徴として「楽観的だったり、柔軟であったり、人付き合いにおいて敏感」という項目がありましたが、その特徴はいつどのタイミングで身に付いていくものなのでしょうか。おそらく、幼い頃から知らず知らずに影響を受けてきた、身近な人たちの影響が大きいと想像します。身近な人が楽観的であるにも関わらず、反対の悲観的になることは難しいと感じます。レヴァンと共同創始者たちが、モデルにしてきた革新的な教育者も、もしかしたら同じ問題が立ちはだかっていたのかもしれませんが、その視点を追求したのがレヴァンたちであったと解釈しました。レヴァンたちは、自分たちが行ってきた授業に「三つのP」が存在していたことに、気づいたということでしょうか。初めに抱いていた「学業と気質」をもう一度見直し、学力だけではない「性格の強み」を育もうという志を持ったと予想します。

  4. 大学での粘りに必要なのは、楽観的だったり、柔軟だったり、人付き合いにおいて敏感だったりといった才能や技術の持ち主なのですね。 多少の悪い出来事をプラス思考で捉えることができるか、または最初はマイナス思考で捉えてしまっても、その後それを経験として活かし、プラスにもっていけるかが重要だと察しました。そして、セリグマンは楽観主義は生得的な気質ではなく、獲得できる技術と説いたですね。何事も適度が1番ですが、「なんとかなる!」といった言葉のように良い意味でのいい加減さが大切ですね。楽観主義の獲得には何より「自信」が大切なように思えます。自分が何か1つでもまわりより秀でていたりと自分に自信を持つことで世界観や価値観が大きく変化すると思っています。「短所を改善するより長所を伸ばせ」ですかね。セリグマンの3つのPに対しての解釈も自信こそがポジティブな解釈を導き出す鍵ではないかと考えました。

  5. ここに書かれている「楽観的、柔軟、人付き合いにおいて敏感、何か他の才能や技術」ということを自分は持っているだろうかと考えてみたんですが、どれもたいして持っていないことに気づきました。何か大きな出来事に出くわした場合に立ち直りにくいタイプなのかもしれません。今からでもその力をつけていくことができると信じて、そのためにできることを始める必要があるなあと考えています。年齢を重ねるにつれて多少は楽観的というか、必要以上に細かなことにとらわれすぎないようにはなってきているのを実感しているので、そこに意識して何かをプラスしていけば変化していくことができるのかもしれません。

  6. 大事なのは楽観的であったり柔軟に対応できる人、まさに以前に出た「非認知能力」なのですね。それと同じ考えである「性格の強み」というのに気づいたというのは教育者として大きな変化があったのでしょうね。「楽観主義とは生得的な気質ではなく習得できる技術とあると説います」とあります。私自身ちょっとしたことで落ち込み立ち直るのに少し時間がかかる部分があるのでこういった技術を習得できることを知ると少し気持ちが楽になります。ただ今のような考え方ができるのが楽観的?なのでしょうか。まだまだ自分自身を理解していない気もしますが…。三つのPからやはり、ポジティブ思考というのは非常に大事ですね。自分なりの解釈の仕方で人はずいぶんと変わることがわかります。鬱が移るようにポジティブも移るので人との関係性も非常に重要に感じます。

  7. 大学での粘りは、決して成績が良いということが影響しているのではなく、楽観的な考え方が大きく影響しているのですね。確かに、ポジティブに物事を考えることは大学はもちろん、社会に出ても重要かもしれません。ただ個人的に思った事は失敗に対しての切り換え方によっては、大きく左右すると思います。簡単に言えば反省するか、しないかです。素直に反省し、次に活かせる為に、それこそ良いストーリーを作り出すならばいいですが、変に開き直って、何も考えずにいる姿を見ると、私はその人に対して不信感を抱き、あまり仕事など任せられないです…。

  8. 「楽観的だったり、柔軟であったり、人付き合いにおいて敏感だったりといった、何か他の才能や技術を持った生徒たち」とありました。藤森先生からいろいろなエピソード聞いたことがありまとめるのが難しいのですが、一つは藤森先生の奥様の例で、洗い物している際にコップを割ってしまった時の「自分のでよかった」という一言。そして「良いお局さんはいじられるお局さん。それは自分に自信があるから後輩にいじられようが笑って終わる」というような楽観的で柔軟な考え方の必要性を読み取ったのではないでしょうか。

  9. 私自身はどちらかというとブログに出てきたように「楽観的なところ」はあると思っているのですが、どちらかというと「楽観的」というより「短絡的」といったほうがぴったりで平たく言うと「雑」なところがあり、読み進みながら一人で恥ずかしくなっていました。はじめの「楽観的、柔軟、人付き合いにおいて敏感」というところは確かに大切な物だと思います。優れたリーダーにおいてもこういった資質を持ち合わせている人は多いように思います。数年前に、「鈍感力」という本がベストセラーになりましたが、そこでも同じようなことが書かれていたようにおもいます。私自身は「ガラスのハート」と言われるくらいよくウジウジと悩む方なので、最後の「三つのP」の文章にはとても納得させられ、悩んだときに実践していこうと思いました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です