人手不足

 ユニクロの柳井社長は、「サラリーマン時代は終わった」として、若い従業員に一定の権限と責任を与え、それを基礎とした組織運営を行ってきました。それは、非正規社員を多く使うことで人件費を抑えることにも大きく貢献し、新しいタイプの衣料小売りの分野を切り開いたのです。しかし、2014年8月期の連結純利益が増益から一転、減益になる見通しだと発表しました。その中で、今月11日、株式市場ではユニクロのファーストリテイリングの売りが膨らみ、終値は約8%下落しました。こうしたなかで柳井正会長兼社長は、パート・アルバイト16000人を正社員に登用する方針について記者会見しました。その会見では、人材の枯渇に危機感を募らせていることを強調し、これまでの経営路線の誤りを口にしたのです。

 大きく伸びてきた企業だけに、自らの過ちをきちんと見つめ、その改革は素早いですね。過ちをなかなか認めず、しかも、その改革が遅いことが多い世界ではその会見は参考になります。もちろん、過去においても改革はしてきました。特に、「チェンジ・オア・ダイ(変われなければ、死だ)」というほど、常に新しいものに向かってひじょうに貪欲でした。その改革の中で。柳井氏はグローバル経営に力を注ぎ、幾度となく厳しい言葉を口にしてきました。その度に、「ユニクロは(労働環境が劣悪な)ブラック企業」とネットなどで批判を浴びた時も、急速なグローバル化に対応できない人が増えている結果、と受け流していました。

 グローバル化の中では、離職率が高いのはしかないと思っていたようです。その考え方のせいか、ファストリの新卒社員の3年以内の離職率は約30%にも達しています。ピーク時には、50%程度にも達していた水準と比べると低下しているのですが、業界水準と比べるとなお高い離職率です。ところが、11日の会見での物言いは一変しました。「グローバル化だけではない。日常生活で成長する人生を認める」「成熟社会になると、精神的な安定を求める人が出てくる」などと話し、国内志向を積極的に評価する姿勢に変わったのです。そして、「国内事業のすべてを180度変える」。これまでの経営の考え方を修正するということで、この会見は、今までの方針や考え方の反省会となったと記事に掲載されていました。

 このように、方向転換せざるを得なくなったのは、圧倒的な人手不足です。それは、少子高齢化によるものが大きく作用していますが、一方では、引きこもりやニート、現代うつ病などから、働こうとしない若者が増えたこともあるでしょう。また、単に組織の歯車の一つのように使い捨ててきた時代ではなくなり始めてきて、「少子高齢化により人材が枯渇する。時給千円で人が集まる時代は終わりを告げた」と大量で安価な労働力を前提としたチェーン経営の限界がきはじめているのです。

 離職率が高いユニクロでは、とりわけこの問題が響きます。成長至上主義だった同社が「国内店舗総数は増やさない」とまで言い切ったのです。そして、ただ数を増やすことから、1店舗ずつを大切にし、1店舗当たりの売り上げを増やす方針にカジを切ったのです。そして、上司が一方的に部下に仕事を強要する「ダメな体育会的体質」を改善すると言っています。

 また、成長鈍化を覚悟してパート・アルバイトではなく、忠誠心の高い社員による自発的な「個店経営」に変えました。「部下は部品ではない」「部下の人生を預かる」という発言からは、これまでの失敗を自分に言い聞かせているかのように感じました。

人手不足” への11件のコメント

  1. 自分の仕事に誇りを持ち、高いプライドを持っているにも関わらず、自分の失敗を、失敗と認められる人に魅力を感じます。180度もの方向転換は、私が想像するよりも勇気のいることであり、大きな賭けであり、不安が付きまとうであろうと感じますが、柳井氏は、悩む時間があったら、すぐ間違いを認めて違うスタンスで勝負しようと、素早く思い立ったということでしょうか。大学1年生の頃、ユニクロでアルバイトをしていました。その店舗は、約8割がアルバイトでした。他のアルバイトに比べると、規律が厳しく、マニュアルも数多くありました。そこでは、店長から言われた事を素早く・正確にこなす事が求められていたと思います。方針を180度変え始めた今の現場は、一体どのような雰囲気なのでしょう。そして、方針を変えた事で、ユニクロはいったいどんな企業になっていくのでしょう。これからのユニクロに注目ですね。

  2. なるほど、ユニクロの柳井社長が今回のブログで紹介されたような方向転換会見を行ったのですね。「部下は部品ではない」「部下の人生を預かる」との発言を聞くと、おぉ、ユニクロは変わるぞ、と改革の行われる同社に何か期待を寄せたなりますね。どんな風に変わっていくのでしょうか。私の住まいの近くにあるユニクロはどういう変化を遂げるのでしょうか。楽しみですね。「ただ数を増やすことから、1店舗ずつを大切にし」、このことはわが保育界でもユニクロさんと同様のことが求められているのではないか、と思います。経営する園の数を増やしていく社会福祉法人さんや株式会社さんのことをよく耳にします。一園ずつが「大切」にされていることを願って止みません。職員さんの出入りが激しかったり、機械的に子どもを扱ったり、・・・そうしたことにならないように、と思います。やはり、時代がどんな時代で、どんなことが社会から求められているのか、・・・こうしたことに敏感にならなければ、時代錯誤の末、経営が立ち行かなくなることもあるのでしょう。そういった意味では、時代の要請に応えられるよう貢献していくことが必要なのでしょう。

  3. 日本一社員が幸せな会社で有名なのが、電気設備資材などを製造する未来工業(岐阜県輪之内町)である。社員は全員が正社員。定年は70歳。65歳の平社員の平均年収が約700万円で、年間の休日数が140日で、年末年始は20連休。残業も原則禁止で従業員は8時30分に出社し、16時45分には退社していく。
    以下―。未来工業創業者、山田昭男氏語録である。

    ≪顧客より社員。社員の満足を考えるのが社長の仕事だ!社員の不満を解消するのが経営の仕事、社員のやる気をいかに起こさせるかが全て。アメとムチでなく、アメだけでいい。≫

    ≪社長の仕事というのはね、社員を幸せにして、「この会社のためにがんばろう」と思ってもらえるような『餅(インセンティブ)』を与えること。社員がヤル気を出して会社が儲(もう)かれば、分け前をまた『餅』にする。それだけだよ。バブル崩壊後、多くの会社が、正社員を派遣社員やアルバイトに切り替えてコストを下げようとしたでしょ。だけど、それで会社が儲かるようになったのか、って聞きたいですよ。人間(社員)を「コスト扱い」するな、ってね。社員が幸せを感じるには、やはりそれなりの待遇が必要。派遣社員のままでは技術や営業のやり方を必死で覚えようという気にはならんしね。≫

    ≪日本経済の衰退の元凶は「いいモノを安く売ろう」という発想だね。その先にあるのは過当競争。これでどうやって儲(もう)かるんですか? アメリカの製造業の経常利益率は平均で35%なのに、日本の製造業は3.5%しかない。日本の方が技術は断然、優秀なのにおかしいでしょ。≫

    ≪ウチは定年を70歳にし、60歳を過ぎても給料が下がらないようにした。ヨソからは「60歳、70歳で生産性が向上するんですか?」って、よく聞かれるけど、それは重要じゃない。一番、働き盛りの30代、40代の社員が、その制度に感動して、がむしゃらに働く気になるわけですよ。「オレはこの会社に骨を埋める」ってね。≫

    社員を幸福にさせられない会社が社会の発展に貢献できるわけがない。少子化で構造的な人手不足の時代だからこそ、ニートも羨む未来工業のような会社が成長できるのだ。グローバル化の威勢のいい掛け声よりも社員を幸福にする経営者の逆転の発想が日本経済再生のかぎである。

  4. ユニクロにこのような方向転換が訪れようとしているのですね!ユニクロ、柳井社長といえばブラックの代表のようなイメージがありますので、このような記者会見での発言には驚きました。と、同時に多くのニュース、ネットでの噂に翻弄されるばかりではなく、慎重にニュースや情報を読むことも大切だなと感じています。このような大方向転換が現場に浸透していくのにはどのくらいの時間がかかるものなのでしょうか。それでも、やはりトップである柳井さん自身がこのような考え方であるということは改革も速く行なわれるかもしれませんね。リーダーの考え方、姿勢は組織、チームにかなり影響するというのを社会で出て、実感として感じます。私の着る服のほとんどはユニクロのお世話になっています。今後、ユニクロがどのように変化していくのかとても楽しみです。

  5. グローバル化という言葉がすっかり市民権を得たように感じていますが、この言葉はどうも好きになれません。というのも、日本にある企業であるはずなのに、目線が日本には向いていない感じしかしないからです。株主の多くは外国人で、その株主の意向は無視することができず、しかも成長しかあり得ないという株式会社の特性もあってコストを下げるためにあらゆるモノを外部化していくしか道はないという考えがいつも表面にでてきます。今回の柳井さんの反省ともとれる言葉ですが、このような方向で進んでいき国内の労働環境が変わっていくのであれば、大きな企業であるだけに他への影響も大きいはずなのでやはり期待をしてしまいますね。

  6. 最近のブログでUNIQLOのお話が進む中、現在火曜22時にフジテレビ系列で放送されている「ブラックプレジデント」というテレビドラマを思い浮かべました。主人公が大手アパレル会社のワンマン社長で、ドラマのキャッチコピーが「人もペンも使いやすいに限る」です。題名の通りブラック企業に触れた話が多くでてきます。このドラマの主人公の思考が方向転換する前の柳井さんの悪い意味での使い捨て思考に似ている気がしました。まだ、4話までしか放送されていないので意図すら掴みきれてはいませんが、今後このドラマでも柳井さんのように方針や考え方を180度変えたり、もしかしたら今日のブログのタイトルでもある「人手不足」にも触れてくるかもしれませんね。もしかしたらモデルが柳井さんだったり…
    人手不足はアパレル業界に限らず、様々な業種が抱えている問題ですね。少子高齢化が進む現代はベビーブームの頃と比べて若者の人手不足減少はどうしようもないことですが、逆にこの人手不足によって社員への思いやる心、大切さを改めて感じることができた社長さんは多いのではないかと思いました。「部下は部品ではない」「部下の人生を預かる」といった言葉にしっかり責任を持ち、これからもっと会社内部が一体となり、事業繁栄していってくれたらと思いました。

  7. 読み進めていくうちに柳井社長という方がいかに立て直さなければいけないという少し焦りのようなものを感じます。その記者会見が気になります。時代に合った会社に変化せざるおえない状況はわかります。そこまで大企業の方が自らの過ちに気付き、改革をしていくことは想像がつかないほどの不安と恐怖があるのではないかと予想します。ただ、最後の自分に言い聞かせるような発言ではあるかもしれませんが、下にいる社員の方々の考え方は変わってくるのではないと感じます。「部下は部品ではない」「部下の人生を預かる」という発言には少なくとも信頼し働けるのではないでしょうか。更に自発的な個人経営に目を向けると今までとは違ったユニクロが次々と出てきそうですね。自発的変えられていくユニクロ。なんだか保育園と重なるのでは?とふと思います…。これからのユニクロの動きには注目していこうと思います。

  8. 日本が高度成長期の時にこのままずっと続くと過信したとたんに、バブルが崩壊し一気に不景気になったように、企業も急成長すると、そのやり方を信じ、さらなる高みを目指すために、仕事量も内容も厳しくなると思います。しかし時代が変わると、人材も変わってきます。実際に今の時代は少子高齢化となっていて、人材が不足しています。それは保育士も同様です。保育士のなり手がいなくて、新しく保育園を開園しようとしても、職員が集まらないと聞きます。そんな状態を危惧した柳井さんは「ダメな体育会的体質」を改善すると言っているように、実際に変えないと、人材も集まりませんし、企業は成長しないと思います。「部下の人生を預かる」管理職というのは、ただ会社の成長だけを考えるのでなく、社員一人ひとりの事を考えることが重要です。企業で安心して働けることは、自然と会社の成長にもつながると思います。

  9. 「グローバル化の中では、離職率が高いのはしかない」一瞬わかる気もしましたが、「成熟社会になると、精神的な安定を求める人が出てくる」とあるように、どのような形態でもそうですが、逆にグローバルな大きな展開をするからこそより「使い捨て」ではない「人生を預かる」といった長く付き合っていく職員が必要なのだと思います。

    上司が一方的に部下に仕事を強要する「ダメな体育会的体質」、ユニクロだけではなく、様々なところで改善していってもらいたいと思います。

  10. 大きく業績を伸ばしていた企業にも関わらず、大きな方向転換や企業における方針の過ちを正すあたり、やはり大きくなる企業は変化を恐れないなと強く感じました。しかし、それは時代の流れをしっかりと察知していないとそれはできません。また、実際の現場もともに見ていないとできないように思います。いろいろな企業の番組を見ていても、最近の企業の方針はただモノを売るというところから、同社会に貢献する企業になるかというところに目線を持っている企業が増えていると聞きます。それが結果として利益に繋がる。ひとつの目線に執着するのではなく、広く視野を広げ、今の現状と比較する。こういった目線をできるだけ持てるように努力したいです。

  11. 今まで、作り上げてきたものを変える、勇気がいることではありますが、時代に合わせた方針作り、必要なことですね。時代に合わせたという意味では、藤森先生の広められている見守る保育、まさに、現代社会で育つ子どもたちに合わせたものだと思いました。
    一斉保育の保育内容のなかではないとは言えませんが、比べるてみる機会が少ない異年齢での保育など、社会として様々な年齢に関われる機会が乳幼児期から必要な時代だということをより、深く、重要に考えなければならないと思います。軽視せず、時代の進化とともに保育も進化、共通に進化するものだと思います。
    ユニクロの゛上司が一方的に部下に仕事を強要する「ダメな体育会的体質」゛から、゛成長鈍化を覚悟してパート・アルバイトではなく、忠誠心の高い社員による自発的な「個店経営」゛と方向性を変えること、これからの変わりように興味がわきました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です