スポーク2

 私たちは、なぜか便利なはずの「先割れスプーン」にあまりいい印象を持ちません。なぜか、便利な食事道具というよりも、食事を軽くあしらわれた気がするのは、私だけではないかもしれません。先割れスプーンのことを指すスポークは、マッカーサーが発明したという都市伝説は、本当ではありませんが、実は、同性であるオーストラリアのマッカーサーという人が、オーストラリアのバーベキューにうってつけの道具として、ナイフ、フォーク、スプーンの三役をこなす「スプレイド」というステンレス製の道具の発明し、1940年代に商標登録をしたからのようです。

 それに引き続いて、1970年代になると、「スポーク」が商標登録されます。このスポークは、プラスティック製で、ファーストフード店で流通します。それは、価格競争の中で、非常に優秀な商品でした。プラスティック製食器2本が1本の値段で買えるからです。このスポークは、ファーストフード以外にも、大口需要となります。その大口な利用者のことを、「キッチンの歴史」の中で、ビーさんはこう表現しています。それは、「学校、刑務所など、食事を食物摂取の日課として済ませる施設である。アメリカの刑務所で使われるスポークは、一般にオレンジ色のプラスティック製で、武器として使えないことが前提のため、柔にできている。」

 どうも、スポークを使うところは学校と刑務所というところが何とも言えません。というのは、学校と刑務所の建物は兄弟関係にあるからです。日本における学校建築は、とうじの兵隊の宿舎をモデルとしており、兵隊の宿舎は牢屋をモデルにしたと言われているからです。建物も、そこで使う道具も学校と刑務所が同じというのは、面白いですね。また、その二つの施設の特徴として、食事を「文化」として捉えるのではなく、「食物摂取」の日課としているところです。改訂前の保育所保育指針では、「一人一人の子どもの状態に応じて摂取法や摂取量などが考慮される必要がある。」と書かれてあるように、保育園では、食事を文化としてはとらえられていなかったのです。

 また、このスポークは、便利なものとして捉えられたわけではなく、アウトドア用品会社で働くノードウォールさんは、「私には妥協の産物のように思える」と記していますが、たしかに、フォークのように先が使えないし、スプーンのようにすくえません。スープを飲もうとしても隙間から汁がしたたり落ちてしまいます。そこで、ノードウォールさんは、両端にスプーンとフォークをそれぞれつけました。その後、様々なスポークが登場します。ライトマイファイヤーというキャンプ用スポーク、サラリーマン用スポーク、左利きスポーク、幼児用小型スポークなどです。その傾向について、ビーさんは、こう指摘します。

 「これまでの食事用具は、食事を前にしていかに振る舞うべきかといった文化の期待を背負っていたが、スポークは文化というものを持っていない。他の者がどう使おうは、本人が好きなように使えばいい。決まった慣習もなければ作法も求められない。スポークで食べることは、行儀よくも行儀悪くもない。

そして、スポークを使うときのテーブルマナーを皮肉ってこんな紹介をしています。「スポークを使って、発泡スチロール容器からマッシュポテトを食べる時、最後のポテトの欠片を取り出そうとスポークで発泡スチロールを引掻くのではなく、容器の底にある“スポークで取り切れなかったもの”はそのまま残すのが行儀いい。最後のひと欠片までポテトを食べたいのなら、指を使うことだ」