機能ではなく文化

 私は、以前のブログでも書いたように、猫舌ですので、あまりに熱いものはすぐには食べたり飲んだりできません。少し冷ましてから食べます。ですから、少し冷めたものでも大丈夫です。しかし、人の中には頑固というか、こだわりが強い人もいるようです。私の猫舌は隔世遺伝で、私の祖父も猫舌だったそうです。その祖父はうどんが好きだったようで、こだわりが二つあったそうです。ひとつは、かならず家で、手打ちで作らなければだめだということ、もう一つは、アツアツのうどんを出してもらって、一緒に団扇を置いておき、熱いうどんをあおいで冷ましてから食べたそうです。最初から少しでもぬるいと、御膳をひっくり返したと母から聞きました。

 社交界の女主人エルジー・デ・ウルフが、1934年に「正餐を成功させる」秘訣として、「お料理は温かいでしょうか、熱々でしょうか」と訊ねているそうです。手で食べるなら熱くない方がいいのです。その時には、室温か室温よりやや温かい料理が理想的なのです。手で食事する国では、料理はこの作法にふさわしい形に発達し、手はフォークやスプーンやナイフが阻害してしまう能力を発展させたとビーさんは言います。例えば、インドのナンについて言えば、ナンを一切れ片手で持ち、もう片方の手でダール(レンズ豆のカレー)のボウルを持ち、浸してすくうと、フォークの必要を感じないと言います。

 指は、他の食事道具の代わりを果たすだけでなく、多くの点で勝っていると言います。作家のマーガレット・ヴィッサーは、「手で食べる人にとって、手は他の食事道具よりも清潔で、温かく、しなやかに動く道具らしい。手は音を立てず、温度や質感に敏感で、優雅である ― ただし、作法を習熟した手つきに限ってのことはいうまでもない。」と言っています。確かに、アラブ諸国では今でも手で食べることが標準だそうですが、食物を手から口へ運ぶ動きが実に起用で、敏捷です。食事中行われる多くの所作は、フォークでは真似できません。ご飯を丸めてすくい上げ、ご飯にラム肉やナスを一切れ詰め込んだかと思うと、ポンと行儀よく口の中に納めます。こんな申し分ない無駄のない動きを他の食事道具でこなすことはできないのです。

 「キッチンの歴史」の本の中で、食事道具のテクノロジーは、機能の面だけから理解することはできないと言います。実用性だけを考えると、ナイフ、フォーク、スプーンの3点セットあるいは箸を使えばできるのに、指とボウルを使ってできないことは(ある種の切る道具も使っていると考えると)ほとんどありません。食事道具は、あくまで文化的な存在であり、どんな食物をどのように料理し、その料理を前にしてどのようにふるまうかという価値観が伴うものであるというのです。そこで、誕生したのが、「スポーク」という食事道具です。「スポーク」というのは、なんと、先割れスプーンのことです。

 スポークとは、ナイフ、フォーク、スプーンの機能を備えたもので、この言葉が最初に辞書に載ったのは1909年で、商標登録がされたのは1970年になってからのようです。商標も現物も「スプーン」と「フォーク」が合体したもので、スポークという言葉もそれが合体した言葉です。いわゆる、消しゴム付きの鉛筆のように、技術分野では「組合せ型」製品と呼ばれるものであり、二つの発明を結びつけている道具なのです。