箸3

日本は箸文化で、それは、調理方法、食材が影響します。しかし、最近の食のグローバル化が、食道具に変化をもたらしていると言われています。たとえば、今や日本食といわれるほど日本人が好きなカレーは、スプーンを使って食べますし、これも日本文化になりつつある食パンに挟むサンドイッチは手で持って頬張ります。

そうは言っても、やはり日本における箸文化は、その発祥の地である中国の箸文化と違った文化を築いてきています。それは、より繊細に、精神性を持ったものになっています。ということで、この「キッチンの歴史」の本の中にも、日本の箸文化について特別に取り上げています。

まず、形状ですが、中国の箸はその長さはほぼ26cmであるのに対して、日本の箸の長さはほぼ22cmと短くなっています。また、箸の先端が中国では平たくなっているのに対いて、日本の箸は、尖っていて、より細かいもの、より小さなものまでつまみ上げることができると、著者のビーさんは指摘しています。ですから、箸を使って食べることも、椀から飲むこともできない食物は、日本料理ではないと言われたほどだったのです。

 今でも、日本食の料理や食べ方を決めるのは、おおむね箸であるとビーさんは言います。ですから、日本では箸を持つときやってはいけないことが作法となっていると言います。たとえば、相手の顔に向かって箸の先を向けることは禁物であるとか、料理に箸を突き立てるのは、霊前に供えるご飯を連想させるためにやってはいけないなどの決まりがあります。そのほかにも、ビーさんは、細かい作法を挙げています。多分、これらの作法の中に、日本人の精神性を感じるのでしょう。私は、彼女が挙げた項目から、次のようなことを感じました。

 箸の先から料理の汁などを涙のようにぽたぽた落とすことである「涙箸」は、その行為が、箸が涙を流しているようだという言い方をしています。どの料理を食べようかいろいろな料理の上で箸をさまよわせることを指す「迷い箸」は、さまようという言い方で、料理に対する失礼な行為のような言い方をしています。箸をそろえて持ち、スプーンのように料理をすくい上げることをさす「横箸」、スプーンと違うのだというプライドを感じます。同様にフォークに対しても箸としてのプライドを持ちます。フォークのように料理を突き刺して食べる「刺し箸」は嫌います。最後に挙げた箸についたものを口で舐めとる行為である「ねぶり箸」は、日本人は、特に嫌うようです。

 それは、箸を共用することを嫌う日本人の特性に通じ、神道の「けがれ」を忌み嫌うことからきているとビーさんは推測しています。「けがれ」という不潔なものを、洗ったら落とすことができる細菌がついているということではない、洗っても落とすことのできない不潔さであるとしています。

 こんな調査があるそうです。「誰かがあなたが使っている持ち物を貸したとします。その人は、それを使った後、徹底的に洗って返してくれますが、それでももう使いたくないと思う持ち物はなんですか?」という質問を、石毛直道教授がゼミの日本人学生を対象にしたところ、1番多かったひとつは、「下半身に身に着けた下着」だったそうですが、もう一つは「箸」だったそうです。日本人にとっては、知らない人の箸を使うことは、心理的に気持ちが悪いと思うようです。

 それが、日本の「割りばし」文化を作ってきたと言います。