見た目

日本の平均寿命は、2012年の調査で男性79.94歳、女性86.41歳です。1960年の調査では男性65.32歳、女性70.19歳でした。50年ほどで男女とも約15年寿命が延びたことになります。しかし、これだけでは決して誇れる話ではありません。実は、この平均寿命より、介護など必要とせず元気に過ごせる寿命が大切で、それを健康寿命と言い、平均寿命よりも、男性で7年、女性で9年短いと言われています。それでいうと、男性で73歳、女性で77歳となります。この健康寿命をどう伸ばしていくかが、今後の課題になります。それを久保先生は、アンチエイジング医学の目的ということで研究しているのです。

しかし、この「アンチエイジング医学」というのは、まだまだ解明されていないことが多く、「誰でもこれをすれば寿命が延びる、老化が防げる」とはっきり言い切ることができないと久保先生は言います。しかし、この課題は誰にでも興味のある話ですから、これをすると老化防止や寿命に対して効果が見られたと報告している研究はたくさんあるのですが、一方で効果がなかったという報告もあり、学問的にはまだ確立していないのが現状であると久保先生は断っておきながら、この点を考慮したうえで、可能な限りわかりやすい形で情報を発信しているのです。

まず、「同い年でも若く見える人と老けている人は何が違う?」という疑問を投げかけています。老化を医学的に定義すると、身体の臓器や組織の機能と構造が低下し、恒常性が失われるプロセスということになります。それを具体的に言えば、心臓は加齢とともに大きくなる一方、心筋の能力は低下します。腎臓は30歳くらいを頂点に重量が軽くなり、水分の代謝量は減ります。このほか、年齢とともに、肌、内臓、骨、筋肉などの機能は衰えていきます。こんな話題は、若い人にはわからないかもしれませんが、私は日々そんなことを実感しています。ですから、今からでも、また、若い人には若いころから気を付けてもらいたいことがあるのです。

 久保先生は、「老化のペースは人により、また臓器によっても異なります。同じ45歳でも30代にしか見えない人もいれば、50代と間違われる人もいます。大方の人は30代に見られた方がいいですよね。」と言っています。私は、若いころと違って、この頃は若くみられたいとはあまり思いません。何となく、「若いねえ」といわれると、「まだ、未熟なところがあるねえ」と言われている気がしてしまうからです。しかし、どうも違うようです。

デンマークの研究では、「見かけの若さは寿命との関係」について、「若く見える人のほうが、老けて見える人より長生き」という結果が出ているのです。それは、「人間は年を重ねれば肌のハリを失い、シワが増え、その年齢相応の顔立ちになっていくもの。しかし、中にはいつまでも実年齢よりも若く見える人々もいる。そうした見た目の違いが、実は寿命にも関わっているかもしれない」ということで、デンマークの研究グループが発表したものです。

英紙ガーディアンによると、この研究は南デンマーク大学で老化を専門にしているコーア・クリステンセン教授らのグループが行い、英専門誌「British Medical Journal」で発表したものだそうです。クリステンセン教授らは、2001年1月時点で生存していた1,826人の双子(70歳以上)をサンプルに選び、その写真を20人の看護師、10人の若い男性、11人の中年の女性に見せた。そして、写真の人物がいくつに見えるか、年齢を推測するよう依頼。この質問結果と、2008年の生存状況の関連性を調べたものです。

調査の結果、2008年の生存状況では、全体の37%に当たる675人が亡くなっていたことが判明。その多くは2001年の年齢推測の際に、実年齢より老けて見られた人だったことから、「見た目の年齢は、生存状況とかなり関係している」と結論付けています。

この研究ではサンプル者らの染色体調査からも実証しています。クリステンセン教授は「成人の人が『年齢より老けて見える』と言われれば、健康状態が良くない証だ」(ガーディアン紙より)と忠告しています。