箸4

 「キッチンの歴史」という本の中で、「割りばし」こそが、「食のテクノロジーで何を好んで受け入れるかは、機能よりも文化の力が大きく物をいう」ということの好例といえると書かれてあります。その本の割りばしの説明は、「使い捨てで、縦半分に割って使えるよう途中まで切り込みが入っている木製の安価な箸」であると書かれてあります。そして、発泡スチロールのカップと同じ性格を持ち、現代の西洋で考えられたと思われがちですが、実は、日本で18世紀に外食産業が誕生してからずっと使われてきたものであるとしています。料理店が、一人一人の客に新しい箸を出すことは、口に入れるものが不潔ではないことを客に保障する最良の方法だったと書かれてあります。

 しかし、この割り箸に関してエコの面から問題が起きています。もともと、割りばしは、江戸時代に「引裂箸」と呼ばれ、杉から作られ、吉原の有名な茶屋や高級料理屋で使われていたそうです。そして、現在、普及している木製の割り箸は、明治時代に、奈良県の吉野で樽材として使っていた杉の端材を有効に活用することから生まれたものです。端材とは、樽の製造過程で必要な部分を切り取ったときにできる余った木片などのことです。今でも、日本製の割りばしは、丸太から建築用材を切り取った時に出来る端材や残材、間伐材と使って作られており、決して割り箸を作るために伐採された木は使ってはいません。むしろ日本の割り箸の生産は、山村経済の活性化につながり、間伐等の森林の手入れを促進します。そして、荒廃が目立つ今の日本の森林を、CO2をたっぷり吸収する健全な森林につくりかえます。
 しかし、現状は国産の割りばしは、衰退傾向にあります。主な理由は、安い外国産材の割り箸が輸入されるようになったからです。現在、日本で使われている割り箸の約97%は外国産で、そのうち中国産の割り箸は98%を占めています。平成5年には、300軒以上あった国内の割り箸工場も現在は100軒程度になってしまっているそうです。

日本の割り箸使用量は、年間227億膳にもなり、それが使い捨てにされているのです。しかし、その使い捨ての割りばしを好む傾向は、中国にも広まり、今や中国では年間630億膳が生産されているそうです。日本の割り箸は「資源を大切にする心」から生まれた日本独自のアイディア商品ですが、状況はどんどん変わってきているようです。

 このあたりの事情を、「キッチンの歴史」の中で書かれてあります。今や中国では年間630億膳が生産されているそうですが、2011年に人口13億人の割りばし需要に供給が追い付かず、アメリカジョージア州の製造工場が助っ人を始めたようです。ジョージア州は、ポプラやモミジバフウの森林資源が豊富で、こうした木材は軽くてしなやかなため、漂泊処理しなくても箸を作ることができます。数十億もの割りばしが今やジョージアから中国、日本、韓国のスーパーへ輸出されており、すべてに“メイドインUSA”のラベルが貼られているそうです。
 どうも、日本で使われている箸は、中国産というのは少し前までで、今や、中国の大きな消費国になってしまっているのですね。割りばしは、国産の間伐材などを使っているから、環境についての問題はあまりないという認識は甘いようです。

最近のレストランでは、割りばしではなく、使いまわしの箸のところが増えてきましたが、やはり、もっと意識した方がいいかもしれません。

箸4” への9件のコメント

  1. 割りばしは18世紀から使われてきたのですね。私が20代の頃、エコを意識して割りばしを使わず、MY箸を携帯して外で食事することが私の周りで流行りました。今はどうなのでしょうか。それにしても、割り箸がかつては中国からの輸入で今は米国から輸入とは。「端材や残材、間伐材」を用いた日本製の割り箸の復活を願いたいものです。それにしても中国の割り箸消費量が「年間630億膳」でも追いつかず、ついに米国からの輸入に頼る事態になっていることにも驚かされます。箸文化の中心の中国韓国日本の割り箸需要が米国というフォークとナイフの食事の国から満たされていることに今日的現象を観る思いがします。「資源を大切にする心から生まれた日本独自のアイディア商品」の割り箸、普段意識することなく使ってしまいますが、その使用については、今回のブログで紹介された生産の現状と共に、しっかりと考える必要を感じました。確かにレストランや蕎麦屋においてある「使い回し箸」は、まぁしっかりと洗浄しているのでしょうが、少し抵抗があります。やはりMY箸携帯かな。

  2. 日本製の割り箸は間伐材を使っているので、どんどん使った方がいいが、国内の割り箸のほとんどは外国産になっているということを知ってから、毎回ではありませんが、割り箸を使用している際に、これは日本製なんだろうか、それとも外国産なのだろうかと思うようになりました。思っても実際にどこを見れば見分けることができるのかということを知らないので、いつも「どっちだろう」と思うだけでした。ですが、きっと私たちが手にしているほとんどの割り箸は外国産なのでしょうね。他人が使った箸を使いたくないという気持ちは分かりますが、一度使っただけで捨てられてしまうのはもったいないなと思います。そのために木がどんどん切られてしまうのもなんだかなという思いです。家族や知っている人どうしなら洗っていれば箸でもそんなに気になりませんよね。ですが、そこに割り箸があればやはり使ってしまうんでしょうね。

  3. 現代のような割り箸文化が発展しているなか、もう一度使い回しの箸が注目されることはないのでしょうか。国民の使用頻度が多いだけに、数や安さを求めてしまうのは致し方ないことなのでしょうか。レジ袋削減のためのエコバックのような、何か、使い回しの箸を利用することによって得られたり、国産割り箸の使用にも付加価値をつけられないかなぁと感じます。エコキャップでワクチンを届けよう運動などのように、国産割り箸を使用することで地球に貢献しているという循環をうまく伝えればいいという単純な問題でもないと思いますが、国産なのか・外国産なのかといった表記はあってもいいですね。少なくとも、日本で使われている割り箸の97%が外国産である事実を、もっと多くの人が把握する必要があると感じました。

  4. 割り箸の大生産地中国では、毎年、大量の天然林が 割り箸のために伐採されています。木材は皆伐方式で伐採されています。作業は単純で効率的に行うことができます。 しかし、大規模な皆伐は表土を流出させ、荒廃させてしまうという問題があります。ここではコスト面から皆伐方式がとられているのです。しかも問題なのは、伐採後、植林が実際ほとんど行われていないということです。

    木材は本来、再生可能資源です。林業の仕方次第で永続的に供給できる資源です。 地球規模で森林破壊の状況がある今、再生される必要があり、そのサイクルを成立させなければなりません。割り箸問題から考えるべきは、 割り箸を単純に「使う・使わない」という発想から、割り箸を通して消費者が持続可能な森林経営を支援することだと思います。欧米では環境に配慮した森林で生産された木材・木材製品にラベルを貼付して認証する運動が広がっています。

    いつものコンビニで買った弁当に当たり前のようについてくる割り箸。たまにはこの割り箸を眺めながら人間社会と森林との共生を考えてみてはいかがでしょうか。

  5. 国産の割り箸と外国産の割り箸では自然環境に対する配慮が全く違うのですね。この現状から見るとやはり割り箸はECOではないという結論に至ってしまいますね。日本人の何割がこの割り箸の現状を知っているのでしょうか。地球温暖化が進む現代だからこそもっと環境に配慮していくよう大々的に呼び掛けていく必要があるように感じます。
    確かに最近のレストランではほとんどのところが箸の使い回しをしていますね。それでももっと意識していくにはスーパーの袋同様に割り箸も有料にするなどですかね。個人的にはMy箸が良いのではと思います。ただMy箸について調べてみると国産材の箸や竹箸でないとECOではないそうです。正しい認識を持ち、自然環境と向き合っていく大切さをひしひしと感じました。

  6. 割り箸のルーツは端材や残材、間伐材を使った物だったんですね。現状は違っているのかもしれませんが、この最初の考え方は見直してみる必要がありそうです。森がどんどん荒れてきているという話を少し前に専門の方から聞いたことがあります。手つかずであることは豊かな森を作ると思っていたのが間違いだと気づかされました。森を守るためにも木を上手に活用していく。そのための取り組みが割り箸という流れが復活すれば(そう簡単にはいかないでしょうが)、それは面白い取り組みになっていくんでしょうね。市内にも箸作りをしているところがあるようなので、のぞきに行ってみようかという気になってきました。

  7. 割り箸の文化というのも、始めて詳しく知りました。料理店からするとお客さんに対して気持ちよく食事をしてもらうための方法だった割り箸も今はエコの問題で、難しくなってきているのですね。確かに牛丼チェーン店、ファミレスでも割り箸からプラスチックの使い回しの箸にどんどんシフトしていっています。江戸時代から今も割り箸は端材で作っていたため、「もったいない」文化を受け継いでいるようですが、現在は97%が外国産というのは驚きました。更には年間に割り箸を使用する量では日本の人口の約200倍です。中国に関しては更に多く・・・。今レジ袋が有料になっているスーパーが多いですが、割り箸も有料にし、それはコンビニにも同じようなシステムを導入し、少しでも環境問題を意識するべきのような気がします。

  8. 最近はエコを意識したイベントが多く開催されています。その中の一つのイベントに行ってみるとほとんどの人がマイ箸マイ食器を持って参加してしました。単純にそういった一手間を加えるだけで変わってくるのだろうなというのは思いますね。ただその少しの手間が大きな壁だとは思いますが…。確かに最近は飲食店ではプラスチック製の箸の方が普及しているように思います。それを思い返すと複雑な気持ちにもなりますね。ただブログに書いてあるように今やほとんどの割り箸が日本製ではなく外国から輸入されていることはあまり知られていないような気がします。そんな現状をもっと知るところから入らないと意識に繋がらないように思います。現状を知った上で少し意識して考えていきたと思います。

  9. 「割り箸を使わない=エコ」という考えは特によく言われていますね。しかし、割り箸を使うことが逆に日本の自然環境を守ることになるという考え方には至りませんでした。もともとは端材からきているんですね。そう考えるとやはり昔から日本という国の文化は自然との共存というところに根底があったということを感じます。今では中国産のものがあふれています。それにはどこか大量生産・大量消費とビジネスの部分でしか見えません。確かにその方が値段も安価で、使い勝手もいいので消費者としては得が多いように思いますが、その反面、自然環境などなど、先々のことを考えると考えていかなければいけない問題だと感じます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です