手づかみ

 食べ物を食べる時の道具としては、スプーンやフォークと比べて箸は万能に近い気がします。それは、箸の動きが手の指の動きに似ているからかもしれません。ということは、どんな食事道具よりも万能なのは、手かもしれません。以前、インドに行った時に、手で食べる文化を紹介しました。それは、ある保育園で、乳児が手づかみで食事をしようと動かした手をはたいて叱るということを聞いたからです。手で食事するのは、野蛮で良くないと思っているからでしょう。「キッチンの歴史」の中の6章食事の中でも手で食べることについて取り上げています。

 「歴史とは、理に適っていないことと定義できる。だから、素手で食べることに対する偏見は、実のところあまり根拠がないとわかっても驚くことはない。食物に手で触れるのは不潔なしるし、手で食べるのは不作法な証拠。この二つの偏見をよくよく検討してみると、根拠のないことがわかります。」と言っています。

 事実、ナイフやフォークやスプーンがないからといってマナーがないわけではないと言います。一貫して手で食べようとする人々の間では、入念な手洗いが食事のしきたりになっているからです。それを、こんな例を挙げています。「ヘンリー8世が手づかみで食べたのは下品なテーブルマナーだと笑い種になっているが、それでもサンドイッチを食べる多くの現代人に比べれば、国王は衛生とエチケットにはるかに心を砕いていた。国王の肉を切り分ける侍従は専用のナイフで食卓からパンくずを払っていた。介添えの侍従がナプキンを用意し、王の衣服から食物のくずを払い取った。食事の最後には、貴族が跪いて水盤を差し延べ、手についた食物の汚れを洗い落とした。ヘンリー王の手づかみの食べ方を笑う私たちのうち、食事中に王の半分ほども清潔を保つものがどれだけいるだろうか。」

 原始の時代は別として、食道具が発明されてなお手で食事をするのは野蛮だということではなく、手が食道具であるとしているのは、それなりにルールなり、作法があるからでしょう。その一つが、手で食べる食文化では、人々は清潔に対してきわめて敏感な傾向があるようです。古代ローマ人は、頭のてっぺんから足のつま先まで洗ってからディナーの望んだのです。砂漠地方のアラブ人は砂で両手をこするそうです。今日多くのアラブ人はフォークとスプーンを使いますが、伝統的な中東の食事の前には、招待客はソファーでもてなしを受け、そこで手を洗うようです。

 手で食事をする人は、どの指を使うかにも気を遣います。左手は、トイレで使用する「不浄の」手なので、食事の際使わないということをインド報告の時に書きましたが、右手のどの指を使うかにも制限があります。食物を手でつかむほとんどの食文化では、親指、人差し指、中指だけを使うのが礼儀正しいとされています。みんなで取り分ける料理の皿からあわてて自分の分を取るのは良くないとされています。食物を咀嚼し終わらないうちに、次の食物を噛み始めるのも行儀が悪いのですが、このルールは、ナイフとフォークのマナーにはないそうです。

 しかし、手で食べることのできないものがあります。それは、熱い食物です。たしかに、手で食べる文化では、ホットプレートやジュージュー熱い食物に対して、あまり愛着がないそうです。

手づかみ” への9件のコメント

  1. 手で食べる文化には、手で食べられるだけの作法が存在していたのですね。確かに、日本ではよく手を使った料理があります。代表的なのが、お寿司や刺身でしょうか。そんな文化があるからなのかは分かりませんが、日本では小さな頃から「手洗い」という言葉や文字が、多く目や耳に入ってくる印象があります。また、手で食べる人たちは、どの指を食事に使用するかということも決まっていたのですね。そんな作法を知らずに、ただ手で食べることに偏見を持たれてしまうのは悲しいですね。そして、インドでは熱々のカレーは食べていないということにも驚きです。日本では、よく「温かいうちにお食べ」といった感じにすすめられることがありますが、それにも何らかの作法や文化が関連しているのかもしれないと感じました。乳児の手づかみ食べのよさを、再確認したいです。

  2. 私が子ども、それも普通にご飯が食べられるようになった時分、おそらく手づかみで食べていたことでしょう。もの心ついて箸やスプーンで食べるようになっても、それらの道具でつかみにくいものは手で食べていました。大人になった今日、たとえば、海苔は可能限りで指で掴みご飯の上にのっけます。たとば、切ってだされたたくあんも指でつまんで食べたりします。抵抗がありません。ところが、ご飯などを手に取って食べることにはやはり抵抗があります。私が初めて手でご飯を掬い取り食べるという経験をしたのがお隣のフィリピンの農村地でした。ごはん釜からスプーンの大きいやつで平皿に盛られたインディカ米ご飯をお魚と一緒に親指と人差し指中指を使って食べました。慣れない私の手つきを心配して下さって現地の方は私にスプーンを差出これで食べるようにと促してくれました。その後、タイ、スリランカ、ネパールに行き、そのたびに、手で器用に食事する人々を傍目にして私はスプーンとフォークで食事を頂きました。もっとも、日本では、おにぎりは指でつまんで食べますし、サンドイッチも確かに手で食べますね。そしておそらく世界人口の大多数が実は手で食事をしているのかもしれません。熱いものはさましてから頂くのでしょうね。

  3. 手で食事をするのは野蛮で良くないと思っている人は多いかもしれませんね。主にレストラン等でですがブログに書いてあるシーンを何度か見たことがあります。お寿司は手で食べるのが主流だとずっと思っていて今もお寿司は手で食べますが最近はお寿司を箸で食べる人が増えてきたように思えます。手で食べた方がシャリも崩れず食べやすいのにと思ってしまいます。手で食べることに対する偏見を持っている人もいれば単に手を汚すことを嫌っている人もいるように思えます。
    手で食事をする人にも様々なマナーが存在するのですね。手で食事をする際は今回のブログで学んだマナーを意識していきたいと思います。以前のブログでスプーンのすくうや箸の挟むことなどの元となっているとあった手こそが1番万能なのかもしれませんね。

  4. 手で食事をする際に、様々な作法があるのは知りませんでした。手洗いはなんとなく想像できそうですが、使う指まで決まっているというのは知りませんでした。そう言われますと、手のひらでぎゅっと握るより、親指、中指、人差し指で掴む方が丁寧な印象を受けます。食事というのは神聖な行為のようにも思えてきました。食べる物が今のようにない時代、食事はとてもありがたい、貴重なことだったのかもしれません。もちろん食事を共にする相手に対しての礼儀もあるとは思いますが、食べることそのものに対する思いも様々なマナーから伝わってくるようです。熱い物は多くの場合が出来立ての料理であるのかもしれません。食べる直前まで火にかかっていたということになると…いや、ちょっと考えがまとまりませんでした。

  5. 手づかみで食べる文化では清潔についての考えが深いというのは、よく考えれば当然なのですが気づきませんでした。手で食べるからには当然清潔の問題には心を砕きますね。見た目で簡単に判断せずに、自分たちの文化をそのまま当てはめて見るのではなく、もっと慎重に見ていくことを教わりました。まあ手で食べる文化について、個人的にはいい印象を抱いているので野蛮だとは思っていません。清潔とかではなく、単純に手で食べたときの面白さであったり、触感が刺激されてより美味しく感じた経験があるので、その作法に則っての手づかみの食事は、むしろ機会があれば積極的に体験すべきだとも思っています。

  6. 手づかみといえば、やはり赤ちゃんが最初に自分で食事をする方法です。なかかな自宅では床やテーブルが汚れてしまい、赤ちゃんに手づかみ食べを、好んでさせないと聞きます。しかし手づかみ食べは食事の発達を考える上で、大切な行為です。それは新宿区の保健課と新宿せいがと共同して作製した映像にも書かれていました。確かに日本は箸を使って食事をする文化ですので、急に手づかみで食べると野蛮に見えますが、ブログに箸で食事ができる料理が和食と書かれていたと思います。おそらく逆の考えで、手で食べるように料理をしたのがインド料理だとすると決して野蛮には感じません。おそらく無理だと思いますが、思い切って手で食べる食事を給食で出してみても、面白いですし、子ども達にとっても貴重な体験になるかもしれません。

  7. 手で食べることの作法もあるのですね。確かにそれは日本やヨーロッパの人たちが箸やフォークやスプーンで食べると同じように手で食べることの文化や作法も多くあるのでしょうね。以前も書きましたがカレーなどを単純に手で食べてみたいです。実際にやってみないとわからないことも多いと思うのでまずは実践を…と考えてしまいます。Sasukeさんと同じ考えにはなりますが赤ちゃんの頃に当たり前のようにしていた手づかみ食べを少し大きくなってから食文化の体験としてカレーを手で食べてみるというのは面白いような気もしますね。はやり手で食べると聞くと汚いと感じますがそれが普通に食べている人(インド人など)を目の前にした子ども達はどう思うのでしょうか。やってみたいのですが一人でやる勇気はまだありません。

  8. 手で食べる文化の国において、なんとなく、右手と左手を使い分けているというのは聞いたことがありましたが手洗いなどの衛生面がどうなっているかなど考えたことがありませんでした。
    「ヘンリー8世」の例を挙げられているように、手を使って食べるなど、スプーンや箸を使わない食事方法には、それに合った衛生管理や、エチケットがあるというのは、当然でなぜそこに気付かなかったのだろうと思いました。保育の中で、「手づかみ食べ」はとても大切なことで、手を使っている文化の衛生管理方法や、エチケットを知ることでそれを生かしていければと思いました。

  9. 「手づかみ」というと赤ちゃんをまず目に浮かべますが、インドの食事でも手づかみで食べてますね。今の社会だとサンドイッチなどは別として、手づかみで手を汚しながら普段の料理を食べるという行為そのものを目にすることは少なくなっていますし、いざ手で食べるといった時に、ヘンリー8世や古代ローマの人々のように清潔にそれほど気をつかっているとは言いがたいです。手づかみは手づかみの作法があるというのは当然なことなのだとおもいます。それぞれの文化にはそれぞれの作法があり、それだけの利点もありますね。「歴史とは、理に適っていないことと定義できる。だから、素手で食べることに対する偏見は、実のところあまり根拠がないとわかっても驚くことはない。」まさに、文化と歴史によって、その国のモラルや考えのなかに生きているというのを、感じます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です