トング

トングは食品をピンセットのようにはさみ込むことによって、箸よりも簡単に、また、軽い力ではさみあげられる道具です。それは、末端が支点となった構造で、ばねの力で緩く開く状態になるように作られており、先端部は物品をはさんで落とさないようにするために広く、へら状になっているものがあったり、凹凸がついていてはさむ対象に食い込むようになっているものもあります。私の園では、トングは箸のようにものを挟むことでつまむために、箸の練習の初めとして、箸を使い始める2歳児から3歳児にかけて、トングを遊びに使うようにしています。

トングは、昔からつかむものによって、異なった形状のものがあり、使い分けることができるようになっています。熱い石炭をつかむためにはファイヤートング、鍋の肉を裏返すのにはミートトング、傷みやすい緑の穂を扱うにはアスパラガストング、ガーリックバターで滑りやすいカタツムリの殻をつかむにはスプリングの付いたエスカルゴトングなどです。その後の変化について、「キッチンの歴史」の中でこう書かれてあります。「1990年代以降、人々は何にでも使える万能機具のキッチントングを好むようになった。持ち上げる、突く、取り分ける、何でもできる。ここで話題にしているのは単純な作りの安価なトングのことである。ステンレス製で、従来のハサミのようなシザートングでなく、エッジがホタテガイのようになっているものだ。シザートングだと、うっかり食物を切って崩してしまう。」

トングの機能を使うと、コンロ台での調理が敏捷になると言います。それは、あたかも手の先が耐熱のカニのハサミになったようなものであると言っています。それは、表面が焦げた熱いローストチキンのもも肉を持ち上げたり、ピラフからカルダモンポットを一粒一粒取り出したり出来るからです。ピンセットのように正確につかめるし、へらのように音がしません。とくに、トングは短いものが最適だと言います。

本格フランス料理の修業を積んだシェフは、これまで、柄の長い骨でできた先が二股の長いフォークをトングのように使っていたそうです。しかし、フォークだと機能が限られてしまっていました。ゆであがった瞬間に熱湯からリングイネを取り出せないので、ささっと巧みにハム、エンドウ豆、クリームであえることができませんでした。ところが、自在に操れるトングがあれば、コランダーがなくても、パスタサーバーがなくても困りません。手に取って扱う料理道具の中で、トングはナイフ、木製のスプーンに次いでもっとも役に立つ道具であると「キッチンの歴史」の中でビーさんは書いています。

「キッチンの歴史」の本の中で、最初に第6章「食べる」という章を読み進めながら、食事道具を見てきました。それがどうのような意味を持つか、訳者である真田由美子さん(彼女は、特に食に関する専門家ではありませんが)のあとがきに書かれてあります。「キッチンのない住宅など考えられない。キッチンにある包丁、鍋釜類、コンロも普段何気なく使っている。冷蔵庫や電子レンジもあって当然だと私たちは思っている。食卓で使う箸、スプーン、フォーク、ナイフ、皿にしても。ところが、こうした料理道具は先人たちの叡智の結晶だったのだ。そして、人知れず数奇な来歴を宿していたりする。」

この本の著者であるビー・ウィルソンさんは、2009年に「食品偽装の歴史」でアンドレ・シモン賞の最終候補に選ばれています。昨年、日本で大騒ぎになった食品偽装、それに対して警鐘を鳴らしていたのです。

トング” への8件のコメント

  1. トングといってもいろいろな種類があるのですね。エスカルゴトング、アスパラガストングはかなりピンポイントな対象のために作られていますね。それだけトングの必要性が高いということでもあるのでしょうか。料理経験は豊富ではありませんが、トングは様々な場面で手助けをしてくれるものですね。パスタを湯がく時や、細かい食材を焼いたり、裏返したりするのにもトングを使えば難なくすることができそうです。サラダや、箸ではある程度の量を取り分けるのが難しい物でも、トングがあればスムーズに行えます。なんだか、料理や食事をそんなに主張せずに、そっとサポートしている存在にも見えてきました。
    「こうした調理器具は先人たちの叡智の結晶だったのだ」とありました。本当にそうですね。キッチンをちょっと見ただけでも、計量カップに、フライ返し、レンジに、冷蔵庫、しゃもじに、フライパン、おたまに、炊飯器などなどと様々な道具がありました。そんな道具で囲まれていることに今更ながら気がつきました!

  2. 食事道具の中で最後に出会ったのが、今回のブログで紹介されている「トング」です。我が家はかつて薪ストーブによって暖をとっていました。今から40年ほど前のことですが、その時、ストーブの中に薪を入れたり、木炭を取り出したりする時「ファイヤートング」を用いていました。もっともその当時そのトングをそういう呼び方では読んでおらず、「デレッキ」と呼んでいました。今でのも私の田舎ではこのデレッキが大活躍しているようです。バーベキューの際にトングとして使われているのですね。「デレッキ」は「火ばさみ」のことで、どうやらオランダ語源のようです。ランドセルと一緒ですね。その次に私がトングに出会ったのは、キャンプの時でした。ところがその時「トング」という単語を耳にすることがなかったので私の了解としては「はさむもの」といった程度でした。そして、この「トング」という単語が「トング」として私自身に意味をなすようになったのが焼肉屋さんに行ってからでした。生肉を掴んで網の上に置き、焼きあがったら挟んでお皿に乗せるもの、トングが私の語彙の中に加わったのです。しかし、私にとっての「トング」は焼き肉屋さんで生肉を掴むものくらいで食事用具の頻度順位は箸、スプーン、フォーク、ナイフより下位ですね。トングにもいろいろな種類があるということを今回のブログで知ることができました。

  3. トングは箸同様、手先で物を掴み取るような感覚を与えてくれます。コンロ台での調理にスピード感を与えたことは、料理の幅が広がっていった要素のひとつでもあると想像します。トングが、掴むものによって形状が変化していった背景には、多くの需要があったのでしょうね。そんな多くの需要が、万能な調理道具を生み出すのであれば、消費者の声というには非常に重要であることが把握できます。スプーン・フォーク・ナイフ・皿等も、どいう経緯で人が発明して現在に至っているのかを、なかなか調べようとは思いませんでしたが、このブログのおかげて様々な食事道具に興味関心が湧くようになりました。これはなぜこのような角度なのだろうか…これは何の素材を使っているのだろうか…など自分で考えたりしていますが、目の前の食道具すべて、先人たちの叡智のおかげであることを忘れてはいけないのですね。

  4. ファイヤートング、ミートトング、アスパラガストング、エスカルゴトング、シザートング、シザートングといろんなトングがあることに驚きましたが、調べるとスパゲッティトング、サラダトング、アイスクリームトングなどまだまだ種類があることが分かり、さらに驚かされました。ここまで様々な種類のものが作られるということは、道具として使いやすい物と認識されていることがわかります。保育園ではそこまでの種類は活用していませんが、箸の前の段階としてトングを遊び等で使用することを教わって以来、しっかりと活用させてもらっています。この道具はこの食事で使うといった限定的な捉え方をせず機能に注目することで子どもの発達を促すことにも使えるという発想は、大事にしていきたいと思います。

  5. トングにも様々な種類があり、用途に合わせた使い方があるのですね。確かに料理をする上でトングがあると、とても便利な場面が多くあります。茹でたパスタを取り上げるとき、BBQで数が多い素材を裏返すとき、細かい作業など、そして配膳の時にも役に立つように、万能調理道具ですね。今、当たり前のように私たちが調理をし、食事をしていますが、それは先人たちが長い年月をかけて、試行錯誤しながらも便利な調理道具を考え、発明してきたお陰だということを忘れてはいけません。昨日の昼食にはパスタを作って食べましたが、トングを使って調理をし、フォークで食べました。そんな普通の事が、歴史を見るととても奥が深く、感慨深いです。

  6. 当たり前のように使っていたトングでも様々な用途によって使い分けられていたことに驚きます。確かに形が違っていたのを思い出します。そのトングは今大人だけでなく子どもたちまでもが上手に扱うことができますね。給食の配膳の時に子どもたちにおかずの配膳をしてもらっていますが長時間をトングを扱っている姿はとてもたくましいです。幼い頃そんな機会はなかったのでそれを経験している子たちは器用な気がしますね。それからお箸のに繋がっていくことでお箸も上手になるということからトングには便利であり多様な機能性を感じます。話はそれましたがキッチンの道具は何気無く揃えましたがまだまだ種類がありあったら便利な物がたくさんあるのでしょうね。これだけの歴史が様々な物にあるとやはり何気無く使っている物も興味が湧いてきます。

  7. 個人的なイメージなのですが、トングというとどうしても焼肉が出てきてしまいます。子どものころ、家族で焼き肉をする時に、大きな箸はうまく使えないが、トングならうまく使えるということでそれを使って、せっせと焼く。子どもながらにその役割がうれしかった記憶があります。
    そんなトングにもいろいろな種類があると知り驚きとともに、自分が子どものころ使っていたのはミートトングと呼ばれるものだったと知りました。
    「子供でも、簡単に使うことができる。」それは新たな経験の場を得ることにもつながるということですね。

  8. 一言にトングといってもいろんな種類があるんですね。その種類の多さにびっくりしました。トングはとても便利な食事器具です。とくにパスタを作るときにはパスタごとつかめる利点は菜箸よりも重宝します。一つ一つの調理器具にそれぞれ歴史があり、利点や工夫があるのはまさに先人の叡智の結晶であると思います。今のキッチンを見ていても、数々の調理器具や食器、カトラリーがあります。それらすべてに歴史があるというのはとてもおもしろいことであり、実に興味深いものです。身の回りにある数々の見落としがちなものの由来は知るとおもしろいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です