スポーク

 日本における給食の一つの特徴は、先割れスプーンを使うことにあると言っても過言ではないほど、だれでも給食の思い出と重なっているほどポピュラーなものです。これは、先の割れたスプーンのことで、スプーンとフォークが合体したもので、「スポーク」と言います。これにナイフの機能を持たせたものが、「スプレイド」と言い、先割れスプーンのふちの切れ味がよくなっているものです。そして、ナイフの機能を持ったフォークのことは、「ノーク」と言います。また、縁がギザギザのナイフになっているスプーンは、「スパイフ」と言います。そして、スプーン、フォーク、ナイフとすべてが合体した多機能食事道具は、「スポーフ」と言います。
 この中のスポークと呼ばれる先割れスプーンは、もともとファストフード店でもらえる使い捨てのお粗末なプラスティック製で、すくう部分とフォークの先を組み合わせたものでした。そのスポークは、イギリスでは、近年いくぶん皮肉交じりの愛好家が増えているそうです。そして、スポークのためのウェブサイトがいくつかあって、使い方に関する情報「割れた先を内側と外側に曲げ、スポークを立たせる。これこそ、『スポークの斜塔』とか、賞賛の俳句(『スポークや

 先割れスプーン、完成美』)、雑感を発信しています。こんなコメントもあったそうです。「スポークは人間存在の完全なメタファーになっている、スプーンとフォークの両方の機能を結び付けているが、この『二重性ゆえに共倒れになっている。浅すぎるので、スポークでスープを飲むことはできないし、先が小さすぎてスポークで肉を食べることはできない。』

 先割れスプーンは、何とも中途半端な道具です。便利とは、どっちつかずに通じますえ。「キッチンの歴史」のなかで、それを示す面白い逸話が書かれてあります。「ウォーリーというアニメ映画に登場するロボットは、荒廃した未来の地球で、人類が残した瓦礫の片づけをしている。健気にもプラスティックの食事道具を分別していると、やがてスポークに遭遇する。ロボットの小さな頭ではこの新型物質を処理できない。スプーンなのかそれともフォークなのか、スポークは分類不可能な物質だ。」

 また、アメリカ大統領だったビル・クリントンは、大統領時代、ホワイトハウスの特派員協会主催の夕食会で、こんなスピーチを行ったそうです。「スポークは、わが政権のシンボルです。(中略)折衷をいくものに、もはや右なのか左七日の二分法は無用なのです。」このスピーチに、かいじょうは拍手と笑いで沸き立ったそうです。さらに、「これは大いなる新発想です。さすがスポーク!」と冗談を連発していたそうです。

 このスポークの発明に、日本に絡んだ都市伝説があります。1940年代、アメリカが日本を占領していた時代、箸は野蛮な道具であるとマッカーサーは宣言したものの、フォークは、被占領民の日本人が武器として決起する恐れがあるとして危険すぎたので、西洋の食事道具で、なおかつ完全に形を変えたスポークを日本人に強要したというのです。しかし、この話は眉唾で、スポークという名称は、1909年以前が起源と言われているだけでなく、その形はもっと古くからあるのです。19世紀のアメリカの銀食器のうちにも、同じようなものがあったようです。

 それほど、先割れスプーンは、話題の中心になったのです。

スポーク” への8件のコメント

  1. 先割れスプーンのことをスポークと呼ぶのですね。知りませんでした。その他にも様々な多機能食事道具があるのにも驚きました。聞いたことがないので、検索してみたのですが、なかなかの見た目ですね。スパイフはいい画像がなかったのですが、他のものは見ることができました。スポーフはもうなんだかあそこまでいくとああいうものなのかなと思ってしまいました。ノークの方が不自然さは際立つような印象です。人間存在のメタファーというものおもしろいですね。確かに、私はスポークのような人間であるような気もします。一体、どのような経緯から生まれた発明品なのでしょうか。勝手な印象ではありますが、アメリカ的であるような気もします。スポークにはそれまでの文化は関係ないという印象を受けるようでもあります。それが、アメリカ的なものと思わせるのでしょうか。発想はとてもおもしろいですが、日本人にはあまり合いそうにありませんね。

  2. 先割れスプーンの「スポーク」でブログが成り立つほど、スポークは話題豊富な食事道具なのですね。マックだったかピザーラだったか忘れましたが、プラスチックのスポークがついてきましたね。そこで、我が家の食器棚のスプーンフォークナイフお箸を入れる引き出しを開けて探しみたら、ありました、ありました、プラスチックのスポークが。今、そのスポークを目の前にしてブログ「スポーク」のコメントをしたためています。「スポーク」どころか、「スプレイド」、「ノーク」、「スパイフ」、そしてついに「スポーフ」ですか。何だか、カタカナの語彙が一挙に増えた感じを否めません。そして、米英のそれぞれで「スポークの斜塔」や「二重性ゆえに共倒れ」と評されたり、米大統領の演説にとりあげられたり、・・・改めて「スポーク」の時代性というものも感じます。アメリカの日本占領計画の中で「箸」をフォークのおかげで禁じえなかったのは私たち日本人にとっては不幸中の幸いでした。箸が生き残ったおかげで、私たちの「道」が保障されることになるのです。占領軍は「道」こそが日本をして戦争に駆り立て元凶と考えていましたから。ただ、私たちが日常的にフォークやナイフを使えるようになってしまったのは占領政策がうまくいった証拠か、と思いました。

  3. 「スプーンとフォークの両方の機能を結び付けているが、この二重性ゆえに共倒れになっている」という指摘が、新たな思考を生みました。私はよく、何事もそつなくこなすことが良いことであると思っていましたが、それでは、すべてにおいてアベレージ上になってしまい、特技や長所が見えにくくなるという要素を最近感じています。以前、「何が得意なの?」と先輩保育士に聞かれても「なんでしょうね…」で終わってしまいました。まさに、それが「スポーク」と似たような状況であると思いました。「無理はしなくていい、それぞれの得意分野を活かす」という言葉のように、スプーンはスプーンの得意分野を活かし、フォークはフォークの得意分野を活かし、それらを状況に応じて、使用する側が選択し、それぞれの得意分野を活かして認める方法から、保育方法である「見守る保育」的要素を感じました。

  4. 先割れスプーンは学校で使ってました。もちろんスポークという名前は知りませんでしたし、あまり使い勝手のいいものとは思っていなかったので、その後はコンビニでたまに出会うくらいで特別な思いはありませんでした。今回ここで取り上げられたので改めて考えてみたんですが、やはり中途半端だったイメージしか浮かんできません。フォークほどうまく刺せないですし、スプーンほどうまくすくえないスポークは、ソフト麺のときは特に苦労しました。その時代の流行というか、そのときに教わった食べ方の注意点などは、スポークを余り使わない今では通用しないものになってしまっているんだろうなあと、昔のことを思い出しながら考えてみました。

  5. 学校給食の歴史を概観してみます。日本で初めて学校給食が出されたのは、明治22年、山形県鶴岡町(現鶴岡市)の私立忠愛小学校だそうです。この学校を建てたお坊さんが、欠食児童のために、おにぎり・焼き魚・漬け物を出しました。シンプルですが、心がこもっています。

    昭和22年、全国の児童300万人に対し学校給食が始まりました。アメリカから無償提供された脱脂粉乳が使われました。これ、私も鼻をつまんで飲んだ経験があります。昭和25年、アメリカからの小麦粉を使って、8大都市の小学生に完全給食開始。当時のメニューは、コッペパン、マーガリン、脱脂粉乳、ポタージュスープ、鯨肉の竜田揚げ(懐かしい!)、せんキャベツ。先割れスプーンがついています。米国本土で余った小麦粉を売るために、パン食を日本に強制しようとしたGHQの占領政策によるものです。おかげで世界で唯一米を箸で食べるという日本の誇り高い食文化が台無しになってしまった。先割れスプーンはその象徴です。

    昭和51年にようやく米飯給食が開始。カレー、瓶入り牛乳、チーズ、サラダ、果物。かなりメニューも豊富になってきましたが、まだ先割れスプーンの時代はしばらく続きます。『保育としての「食育」』に、藤森先生が教員時代、先割れスプーンの代わりに箸を持参させたとあります。生活の文化を継承させる狙いがあったんですね。昭和60年頃のメニューから本格的に箸が使われ始めます。

  6. あまり食卓に並ぶことが少ないスポークには、こんなにも逸話があるとは思ってもいませんでした。またスポークのほかにも似たような名前の道具があるとは面白いですね。おそらく今までに出会った道具があるかもしれませんが、あまり気にも留めずいたので、今後は外食をした際は少し意識してみようと思います。それにしても日本を占領した時に箸を野蛮な道具として捉え、フォークをすすめようとしたが、その方が危険と判断したお陰というか、その時に箸を禁止していたら、日本の箸の文化はここまで進んでいなかったのかもしれません。そして和食という存在も薄れていた可能性もあります。箸を使う国は世界で見ると少ないと思います。その中で和食が世界遺産に登録され、ますます箸の印象が強くなった今の日本があるのは、当時、箸の使用を禁止にしなかったからでしょうか・・・。

  7. スポークの他にも様々な物があるのですね。これは驚きました。スパイフというのはキュウイを買った際に付属で付いてくるとありました。ナイフの部分で切ってスプーンの部分で食べるとそれだけでキュウイが食べられるそうです。キュウイに関しては最高の道具ですね。またスポークに関しては3つの機能があるため、キャンプ用品の所に売っていることが多いようですね。やはり多機能となると荷物が少なくなるためキャンプなどで活用されるのは納得がいきます。多機能ではありますがブログにあるように中途半端な道具の逸話を見ると少し笑みが浮かびます。その他にもスポークが注目されていることを知ると一世を風靡したような印象を受けますね。ただ日常生活の活用が続かなかったというのはやはり二重性ゆえに共倒れになっているところに繋がるのですね。最近奥さんの誕生日プレゼントでスプーンとフォークをいただきました。そこでスポークが届いていたら嬉しかったのか予想がつきません。それぞれの使い道があるフォーク、スプーン。やはり嬉しいですね。

  8. 先割れスプーンはあまり使った覚えがありませんが、アイスクリームを喫茶店で食べるときになぜかスポークが食べるためについてきた覚えがあります。そのほかのものは全く名前を聞いたことがなかったのですが、唯一「スパイフ」は私の実家では実にポピュラーなスプーンでした。使っていたときは「スパイフ」という名前があるなんて知りもしませんでしたが、実家ではスイカを食べるときにそのギザギザの部分が非常に果肉を切りやすく重宝していました。いろんなスプーンやフォークの形にいろんな機能をもたせることで便利になることもあれば、どっちつかずになることもありますね。しかしそれにしても、スポークがこれだけ「どっちつかず」と言われながらも消えないところが不思議だと素直に思いました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です